読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gock221B

映画その他の感想用ブログ(2015年開設) http://gock.flavors.me/

「破獄(2017)」看守と囚人どちらが本当に囚われているのか。中こそ外、外こそ中

監督:深川栄洋 放映日 2017/04/12 放映時間:138分 録画してたこれを観たら思いのほか面白かった。原作小説とか昔作られたドラマは全然観てない。一言でいうとアメリカとの大戦中、歴史のうねりの中の日本。各地の刑務所で、看守部長・浦田進(ビートたけし)…

「DENKI GROOVE THE MOVIE ? -石野卓球とピエール瀧- (2015)」 大人の男だけ‥

監督:大根仁 製作国:日本 上映時間:115分 先月出た新作「TROPICAL LOVE」で17年ぶりに熱心に聴くようになったので本作も観た劇中の細かいトピックは一個一個拾うとキリないし、そもそも電気自体に関しては前回に散々書いたし。あとドキュメンタリーなので…

「帝都物語(1988)」前半の陰陽道バトルはカッコいいが、主人公や加藤がやたらと女に固執してる様がキモかった

監督:実相寺昭雄 原作:荒俣宏 製作国:日本 上映時間:136分 これもGYAO!で無料配信してたのでついでに観た。 Story荒俣宏の伝奇SFを映像化。平将門の怨霊を呼び起こして帝都壊滅を企む魔人・加藤保憲と霊能力者や科学者たちの闘いを描く。実在した人物…

「ドレミファ娘の血は騒ぐ(1985)」黒沢清/洞口依子の可愛らしさと大学のフワフワした感じ

監督:黒沢清 製作国:日本 上映時間:80分 GYAO!でドレミファ娘を配信してたので観た。 gyao.yahoo.co.jp 4月4日まで これはちゃんと観てなかった。黒沢監督は好きなので長編、短編、可能なものは出来る限り観てるが、正直言って本当の本当に心の底から好き…

「生きる(1952)」黒澤明/初めて観たが、泣けるとか感動というよりも面白くて活気のある映画って感じだった

監督:黒澤明 上映時間:143分 記事とかで「黒澤明の最高傑作は?」みたいなところでは大抵「七人の侍」か本作が載ってるが、まだ「生きる」観た事なかったので観る事にした。そこまで称賛されてるからには面白い事は間違いないのはわかってたが、如何にもア…

「カツシン さみしがりやの天才 (2014-2015)」全2巻/読者自身がおてんとさまになれて最高だったが最終回で一気にテンション下がった

著者:吉本浩二 ↑1巻表紙を見て「何でせっかくの勝新の顔をフィルムで隠してるんだろ?」と思ったら2巻の表紙で「フィルムと仕込み二つの武器を対比させてたんだ」と気付く粋な表紙 手塚の漫画描いてブレイクした漫画家さんが勝新を描いてたの知ってさっそく…

「山田孝之のカンヌ映画祭(2017)」#04『山田孝之 金を集める』1億円おねだりする芦田愛菜/+最終回の追記

監督:山下敦弘、松江哲明 放映時間:31分 前回までのあらすじ#01:山田孝之はカンヌでパルムドールを獲れる映画を作るため山下監督と芦田愛菜と映画作りを始める#02:日本映画大学へ勉強しに行った三人。芦田愛菜ちゃんは鰻が好きじゃない#03:出資を募るた…

「山田孝之のカンヌ映画祭(2017)」#03『山田孝之 パイロットフィルムを作る』不安な山田Pと首くくり職人

監督:山下敦弘、松江哲明 放映時間:31分 前回までのあらすじ#01:山田孝之はカンヌでパルムドールを獲りたいので、カンヌに行ける映画を作るため横浜に「合同会社カンヌ」を設立して山下監督を引き入れた。主演俳優は芦田愛菜ちゃん#02:パルムドールを二…

「山田孝之の東京都北区赤羽(2015)」全12話/ヤコペッティ+ツイン・ピークス+西部劇‥の縮小版

監督: 山下敦弘、松江哲明 原案:清野とおる 放映時間:31分 最近始まった「山田孝之のカンヌ映画祭(2017)」が面白かったので、同じラインの前作にあたる 山下敦弘+松江哲明+山田孝之トリオによるこいつも2夜かけて一気観した。「~カンヌ映画祭」は、カンヌ…

「山田孝之のカンヌ映画祭(2017)」#02『山田孝之 カンヌを学ぶ』映画大学の講義がガチで面白かった。芦田愛菜だよ!

監督:山下敦弘、松江哲明 放映時間:31分 前回までのあらすじ#01:カンヌでパルムドールを獲る映画を作るために「合同会社カンヌ」を作り山下監督を引き入れた山田孝之。そして殺人鬼役の主演俳優は何と芦田愛菜ちゃんだった。 #02「山田孝之 カンヌを学ぶ…

「山田孝之のカンヌ映画祭(2017)」#01『山田孝之 カンヌを目指す』山田の慇懃無礼さと翻弄されまくる山下監督

監督:山下敦弘、松江哲明 放映時間:31分 「山田孝之の東京都北区赤羽(2015)」に続くモキュメンタリーっぽいドラマの第二弾。山田孝之が山下監督と共にカンヌ映画祭でパルムドールを獲れる映画製作を行う話。山下監督は本作の監督で劇中劇を撮る監督であっ…

「貞子vs伽椰子(2016)」怖くなさすぎるが楽しかった。貞子が好き過ぎる教授をもっと活躍させて欲しかった

監督:白石晃士 制作国:日本 上映時間:99分 ほぼネタバレあり なので観てない人はページを閉じて映画を借りて観よう 本作はやっぱ面白かった。Jホラーじゃなくてアメリカンホラーっぽいノリ。 「リング」と「呪怨」観る前はずっと「貞子と伽椰子が別々の場…

「シン・ゴジラ(2016)」石原さとみの珍妙なキャラ好き。庵野のサービス精神と牧教授と蒲田氏も好きでした

監督:庵野秀明、樋口真嗣 制作国:日本 上映時間:120分 「この世界の片隅で」を観に行ったはずが気づいたらこっち観てた。一応ネタバレあり庵野の実写映画や「エヴァQ」や「進撃の巨人」を鑑みて、更に進撃でクソ寒いキャラを演じてた長谷川博己氏と石原…

「アイアムアヒーロー(2016)」前半は良いとして後半は良いとこと悪いとこが同居して人の心もてあそぶやん

監督:佐藤信介 制作国:日本 上映時間:127分 公開時に評判がよかったのを思い出して借りて観た。原作は読んでないが人ん家にあったりしたらたまに読んだりして、どういう話かとかメインキャラとかの事は多少知ってる感じです。妄想癖のある冴えない中年の…

「クリーピー 偽りの隣人(2016)」黒沢清/大変な怪作だが毒気にあてられすぎて好きになれなかった

監督:黒沢清 制作国:日本 上映時間:130分 これ、大変な怪作なんだけど中盤くらいから観終わってから数日くらいイライラが止まらなかったんですよね。だから観に行って帰っても感想書かなかった。というか正直よくわからなかったんですよね。それで普通だ…

「ちはやふる -上の句- (2016)」「ちはやふる -下の句- (2016)」かるたガンマンの友情映画

監督: 小泉徳宏 制作国:日本 上映時間:111分、102分 これは漫画読んでた、途中まで‥。アニメも最初の数話だけ見た。と言っても別につまらなかったわけではなく面白かったのだが加齢のせいか、よっぽど興味ないと続きものをずっと追うのはしんどい。毎回欠…

「卑弥呼 (1974)」 パッとしない理由は映画開始5分くらいで岩下志麻が只の色ボケになるせいじゃないだろうか

監督:篠田正浩 上映時間:100分 何年か前、友達に「若い時の岩下志麻って美人だね」と話していたらくれたもの。確かに美人な‥気がする‥気がするというのはどういうことかというと全編白塗りで殆どの出番で様子がおかしいのでマリリン・マンソンみたいに見え…

「野火 (2015)」塚本晋也/悲惨な状況も行き過ぎると可笑しくなってくる。生者と死者の中間の存在になりたくね~

監督:塚本晋也 上映時間:87分 これは年に何本かある、観たいか観たくないかに関わらず観ねーといけない映画だが、何だか気が滅入りそうだなと思って観るのが遅れた。だが実際のところ、確かに悲惨な状況だが悲惨過ぎてアッパーな領域に入っており、また塚…

「893(ヤクザ)タクシー (1994)」 黒沢清/やとわれ仕事ゆえのエンタメ性全開さと縛られた中での製作の姿勢がセクシーに思えた

詐欺に引っ掛かり1億円の手形を握られた田中タクシー。猪鹿組の親分は、幼馴染みが経営していたが今は娘の加奈子(森崎めぐみ)とタクシー運転手一人しかいない田中タクシーを救うために組員たち(主人公・豊原功補とか寺島進)を社員として送り込む。ヤクザ…

「復讐 運命の訪問者 (1997)」黒沢清/監督の作品の中でもトップクラスにエンターテイメント性の高い映画だった

この映画(いやVシネだっけ?)を観た。これは未見だった。「蛇の道」と「蜘蛛の瞳」は観てるが、この辺りのものは陰惨だから観るのを先延ばしにしていた。しかしめっちゃ面白かった。 主人公(哀川翔)の幼少期、多額の借金を返せなかった両親が姉もろとも…

「残穢【ざんえ】住んではいけない部屋(2015)」面白かったのに自ら台無しに‥。竹内結子可愛い / 霊感人妻美人不動産レディの思い出

監督:中村義洋 読者から募集した怪談を短編小説にしている作家が主人公(竹内結子)。昨年末、ネット配信してた「鬼談百景」は、竹内結子が発表していた短編小説という劇中劇だった模様。 gock221b.hatenablog.com まあ直接は関係なく、残穢を軸にメディア…

「ガールズ&パンツァー 劇場版 (2015)」 戦車とキャラクターに全く興味ないが楽しめた男の感想

監督:水島努TVシリーズ全話とアンツィオ戦は一応観てる。SNS等でやたらと評判良かったのでTV版の最終回間際だったか終わった直後だったか忘れたが、その頃に一気観した。完全にスポコン部活もので面白かったし戦車戦がカッコよかった。前置きが長くなったの…

「古畑任三郎(1994-2008)」全43話/全話一気観して、この粘着クソ野郎の活躍を楽しんだ。お察しします

放送当時、シーズン1までは観てたが、その時は20歳くらいの時で、その歳の時は何かと忙しい時なのでシーズン2以降は観てない。そして三谷幸喜の映画やドラマの殆どが好きじゃないので改めて観る気になれず時が経った「そういえば古畑を通してちゃんと観たこ…

「岸辺の旅 (2015)」黒沢清/幽霊が黄泉平坂で宇宙の終りと始まりを語る場面に感動

監督:黒沢清 製作国:日本/フランス 公開から半年くらい経ってやっと観た。黒沢監督は物凄く好きな監督だが本作は去年の秋の公開時に見逃して年末のアップリンクでの上映も逃した。正直、これ観たら何か自分の中の様々な諸問題と直面しなきゃいけなくなる…

「映画 みんな!エスパーだよ!(2015)」 クソつまらなかったが池田エライザが可愛かった事だけは確かだに

監督:園子温 これはドラマ版を観ていて凄く好きだった(前半まで)。iTunesで観賞ある特別な夜にオナニーしてた童貞と処女がエスパーになり、悪のエスパーと闘う話。しかし実際のところストーリーはどうでもよく、しょうもねえ下ネタを見せるのが目的のもの…

「怪談新耳袋 百物語(2010)」 なかなか面白かったが一話五分が枷になっていた

観てない新耳があったので観た。新作かと思ったが6年も前にTVで放送したものだった。全長50分第101話「スリッパ」監督:大九明子 ★★ 女子校生が友達の家に泊まりに来た。友達はスリッパを履かないのが疑問だったが自分はスリッパを履く。しかし、トイレや部…

「ゴメンナサイ(2011)」 映画はおもんなかったが、原作や映画観た中高生の感想を読んだ方が面白かった

監督:安里麻里 何か観てない面白い日本のホラーはないかなと思ってて、本作は知ってたが観てなかった。ハロプロ主演ホラーはいくつかあるがどれもつまらないのでこれもつまらないだろう。。とか思ってたのだが監督が安里麻里だったので観たネットに投稿され…

「心霊写真部 壱限目&弐限目(2010)」「々劇場版(2015)」面白い要素は第一話で全部出てるので第一話だけ観ればそれで済む

「心霊写真部 壱限目/弐限目(2010)」 監督:永江二朗よく名前を聞くし主演の中村静香も好きなので観てみた。観た後に検索したら、DVDスルーで二巻まで出て本当は四、五巻くらいまで出す予定だったがイマイチ売れなかったので打ち切りになったらしい。しか…

「鬼談百景(2015-2016)」 全10話/『赤い女』が一番よかった

上映中の「残穢-住んではいけない部屋-」と繋がるオムニバスらしい、年末から一話づつWEB配信してたので観てた。一話が五分くらいの新耳みたいなやつ。 「追い越し」監督:中村義洋 ★「残穢-住んではいけない部屋-」本編の監督作。男女四人がドライブし…

「百日紅 ~Miss HOKUSAI~(2015)」 杉浦日向子の原作を口触りよくアニメ化した感じ

監督:原恵一 原作:杉浦日向子 この監督の映画は、クレヨンしんちゃん映画で一番絶賛されてる「オトナ帝国」しか観てないが、原作は好きだったので期待して観た。 とにかく画や動きが綺麗。杉浦日向子の独特の絵柄をマッシュアップしてるなと思った原作読ん…

「HOUSE ハウス(1977)」 手を握ったら湿っていて口の端に泡ふきながらお喋りしそうなガーリー感

監督:大林宣彦 1977年のホラーって何があるかと検索したら、好きなホラーで言うと「八つ墓村」「エクソシスト2」「悪魔の沼」「サスペリア」とかの年か。スプラッターの波が来る前のホラー映画=オカルト映画の時代かな本作のノリは、調子に乗った70年代って…

「リアル鬼ごっこ(2015)」デスゲーム、夢オチ、仮想現実、セカイ系‥と話がつまらなくなる要素を大量に入れて、その通りクソつまらなくなったクソの寄せ鍋みたいな映画

園子温の映画はどれも個人的に、冒頭から中盤くらいまで面白いが終盤急につまらなくなって終わるものが多いイメージ(世間では人気なので個人的に、と付け加えたい)どれも、そこら辺の邦画よりずっと面白いにも関わらず好きな映画が一本もない。 ━ ━ ━女性…

「ウィークエンド・シャッフル(1982)」 筒井康隆原作のSEX&バイオレンスホームドラマ。大量殺人者は首だけ異界に飛ばされるのが宿命か

完全ネタバレ映画館行ったり映画借りたりすると自分が観たいものしか観れなくて驚きがないなと思って先週GYAO!で映画観た。 rdsig.yahoo.co.jp GYAO!と言えば、昔はクソ画質でしょっちゅう広告が入るクソサイトで行ったら見た事も聞いた事もない駄作ばかり並…

「龍三と七人の子分たち (2014)」監督:北野武/これが北野映画で一番好きかもしれん

最もたけし本人に夢中だったのは小、中学生~20代前半の頃だったかもしれない。物心ついたら、ひょうきん族とか元気が出るTVとかオールナイトとか戦メリとか歌手活動とかフライデー襲撃とかで完全に毎日がたけしフィーバーだった(たけしの挑戦状も発売日に…

「ある優しき殺人者の記録(2015)」次元を超えても平気な強いビデオカメラ。暴力人間

監督:白石晃士子供の頃、事故で死んだ幼馴染の少女を蘇らせるために、神のお告げによるミッションをこなすために人を殺しまくってきた主人公の韓国人青年サンジュンを、韓国人女性レポーター(「息もできない」に出てたMARVELコミックに出てくるウォッチャ…

「戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ!/FILE-02 暗黒奇譚!蛇女の怪(2015)」監督:白石晃士/まさかの純愛もの。 +「生でコワすぎ!(2015)」

監督:白石晃士童貞中年ニート無職男が、当てもなく撮影しながら山を散歩してたら若い女と出会う。病弱で引きこもっているという彼女と話しているうちに男の中に彼女への恋愛感情が芽生えるしかし近所でも評判のキチガイ母が会わせてくれない上に、母親は娘…

「戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ!/FILE-01 恐怖降臨!コックリさん(2015)」妙に明るく始まった新シリーズ

監督:白石晃士コックリさん観た。面白かった最終章を経て新たに再生されたこの世界では、コワすぎ三人組には前回までのコワすぎシリーズ世界の記憶は勿論持っていない。この世界のコワすぎシリーズは、超常現象が起きていないよくある駄心霊DVD作品群に書き…

「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!最終章(2015)」江野くんの聖人みたいな雰囲気は何なんだろう

監督:白石晃士 鬼神兵に飲まれて消えた工藤と市川を探しつつ、一人取材を続けている田代カメラマンの前に、「オカルト」で地獄で落ちた江野くんらしき人物が現われる。 田代は江野くんの手助けにより、工藤と市川を現世に呼び戻すための四つのクエストに挑…

「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」シリーズ FILE-01~史上最恐の劇場版(2012~2014)

監督:白石晃士 まとめて観て面白かった。というか邦画は黒沢清と白石晃士、後は面白そうなホラーと古い日本映画とジブリくらいしか観てない。。白石監督作映画は観て絶対につまらないという事はなく面白いので好きで、シロメ以降、カルトや超悪人や超暴力人…