読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gock221B

映画その他の感想用ブログ(2015年開設) http://gock.flavors.me/

「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー (2014)」キャップがよくやるスーンとした態度の魅力

f:id:gock221B:20161104122701p:plain
原題:Captain America: The Winter Soldier 監督:ルッソ兄弟
製作国:アメリカ 上映時間:136分

もうすぐウルトロン公開だからウィンソルを観直した。やはり面白かったがもう何度か観てるし本編そのものの感想ではなく新たに気付いた事を書こう。


一作目の時から思っていたが、キャップはこれで三本目で未だに童貞のままで、あまりにも女に興味なさすぎるのは一体何故なんだろう。と最初は思った。
本作でも、まずスカヨハにそっけない。
「尾行されてもキスしたら大丈夫」とか無茶苦茶な事を言いながらキャップの唇を強引に奪うスカヨハと「キスならしたことあるし」と動揺を隠すキャップが面白かった。
スカヨハは置いといて、彼女がキャップに勧めるエージェント13‥シャロン・カーターはどうだ?
原作では正式な恋人ポジションにも関わらず興味なし。。
ペギーでもシャロンとか誰でもいいので数秒間だけデートしてるカットを入れてくれれば「あ、童貞じゃなくなった」と思えるのだが、それをしないって事は故意に童貞キャラにしてるわけだ。
別に童貞キャラだから魅力が損なわれるわけではないが、映画を観てる気になる。
しかし本作を観てて、老婆になったペギーのお見舞いしてる場面で彼女に「一緒に踊る約束をしてただろう?」とか優しく言うので「ああ、ペギーが好き」という気持ちが氷漬けになったままなんだなと思った。

キャップのスーンとした表情
ペギーはエモい感じだが、キャップは常にスーンとした表情でリラックスした態度だ。
何度か観てると「キャップっていつもこのスーンとした顔してるな」と思った。
そしてこのスーンとした顔を見ると妙に感動する。
ロバート・レッドフォードに「戦時中は君も敵に酷い事をしただろう?」と煽られる場面があるが、キャップは「ええ、しましたよ(スーン)」と堂々と言い放つ場面、ここがめちゃくちゃカッコいい。
キャップは、この様々な葛藤を胸に秘めて堂々とスーンとした顔で他人と対峙する態度がカッコいいなと改めて思った。
このキャップの「スーンとした態度」の出どころを考えた。彼のスーンとした態度は
「キャップには様々な苦悩や葛藤がある。しかしそれは全てスクリーンに映っていないコマとコマの間‥ジョギング中やサンドバックの前で自力で消化した。だから劇中の他人と対峙している時には何を言われても迷いなくスーンとできるのだ」
という事なんだろうと思った。
つまりキャップの精神性の高さが、このスーンとした表情に現れている。
それによって感動させられるのだ。
それを台詞で言うのではなく、表情と態度一発で表現してるというのがカッコいい。
また今後の作品での、彼のスーンとした表情が楽しみだ。

そんな感じでした
gock221b.hatenablog.comgock221b.hatenablog.com
gock221b.hatenablog.com

gock221b.hatenablog.com

gock221b.hatenablog.com

gock221b.hatenablog.com

gock221b.hatenablog.com

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ 
www.youtube.com

www.imdb.com

キャプテン・アメリカ:ウィンターソルジャー (ShoPro Books)

キャプテン・アメリカ:ウィンターソルジャー (ShoPro Books)

 

f:id:gock221B:20160514163009g:plain

広告を非表示にする