gock221B

映画その他の感想用ブログ(2015年開設) http://gock.flavors.me/

「戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ!/FILE-01 恐怖降臨!コックリさん(2015)」妙に明るく始まった新シリーズ

f:id:gock221B:20150726003918j:plain
監督:白石晃士
コックリさん観た。面白かった

最終章を経て新たに再生されたこの世界では、コワすぎ三人組には前回までのコワすぎシリーズ世界の記憶は勿論持っていない。
この世界のコワすぎシリーズは、超常現象が起きていないよくある駄心霊DVD作品群に書き換わっているようだ(最終章は存在しない)。
売り上げが悪いので、タイトルに超を付けて仕切り直したのが本作だという設定。

投稿者である女子高生達が行ったコックリさんで超常現象が起きて、いつものコワすぎクルーが女子高生三人と共に取材に行く。
幼い頃に天狗にさらわれたという市川の兄の話や、三人の女子高生のうちのリーダー格ニーナの背景が妙に丹念に語られていて、そういうネタフリが先でどうまとまるのか楽しみが出来た。

f:id:gock221B:20150726091344j:plain
この新キャラのニーナは、工藤に対しても精神的にも霊的にも圧倒しており可愛いし、今までにない強キャラだった。
工藤の事を「工藤はさ‥」と呼び捨てにする感じもよかった。
そして前シリーズにおける口裂け女の髪の呪具のような新アイテムをくれる。
しかしコックリは妙に可愛くて、髪の呪具ほど強くない感じがする。
また残りの女子高生達はコワすぎのファンで、コワすぎに出る事や工藤との触れ合いを喜んでいたのも新しい。
これはニコ生等で10代の子にウケてる現実が、フィクション内にフィードバックしたんだろう。
話の内容的にも今までと違い丸く収まっていたのが意外だった。

また、本作からの工藤Dは両親や各怪異との絡みがなく育ったせいか使命感も正義感もないただのチンピラになっているらしい(暴力人間とかバチアタリ暴力人間のDQNがそのままオッサンになった感じか)。まあ色々あるんでしょう

そんな感じでした

gock221b.hatenablog.com

gock221b.hatenablog.com

gock221b.hatenablog.com

gock221b.hatenablog.com

gock221b.hatenablog.com

gock221b.hatenablog.com

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ 

www.youtube.com

 

 

広告を非表示にする