gock221B

映画その他の感想用ブログ

「戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ!/FILE-02 暗黒奇譚!蛇女の怪 (2015)」ニートと蛇女の純愛

f:id:gock221B:20170922085340j:plain
監督:白石晃士 製作国:日本 上映時間:92分 シリーズ:「コワすぎ!」シリーズ


童貞中年ニートの男が、当てもなく撮影しながら山を散歩してたら若い女と出会う。
病弱で引きこもっている彼女と話すうちに男の中には彼女への恋愛感情が芽生える。
f:id:gock221B:20150726214824j:plain
しかし近所でも評判のキチガイ母が会わせてくれなくなった上に、母親は娘を虐待しているような感じ。
男はストーカーとなって母娘の家に家宅侵入して撮影したりするうちに「この母娘の正体は蛇女ではないか?」と思いたち、自分の手では事態の収拾が困難になった事を悟った男は撮影した映像をコワすぎに送って来る。ここまでの時点で何と40分。
工藤は、超常現象を撮るのが目的だが、無職男の恋愛も何とかしてやろうという恋愛指南でも盛り上がり始める。
一体どうなってしまうのか

前作同様、ただのイキったオッサンって感じのこの超こわすぎ!世界での工藤とは正反対に、市川が強い。
そして第1シーズンと違って、工藤達は今までの様に活躍はするものの、事件の解決には直接結びつくことなく、解決は投稿者自らが行うパターンになっている。
今まで、工藤>>>市川>田代>>>投稿者っていう工藤中心の世界だったが、超こわすぎ!シリーズはキャラの重要度にあまり差がない。
こわすぎ!シリーズの工藤は鬼神兵と縁があったせいで因果が工藤に集まっていたが、この世界の工藤はあくまでも只のオッサンなのかもしれない。
代わりに、天狗に攫われて霊感を持ったという兄を持つ市川の方が、霊的には強力にコミットしているようだ。
その代わりこの世界での映像作品「コワすぎ!」シリーズはそこそこヒットしてファンも多いらしい。
そして今のところ投稿者は皆、コワすぎファンという共通点もある。
あと本作での蛇娘は「花子さん」の回で苛めっ子だった方の子を演じてた女優さんが演じている。
コワすぎ的にはあの女子高生が、この平行世界では蛇娘になってる感じか?
「同じ女優だけど関係ないキャラですよ」と無関係ではないと思うから、きっとなんかあるんだろう。
今んところ超シリーズの印象はそんな感じ。


本作は、照れて逃げたりせずにストレートに男と蛇娘との純愛が進む。
明らかにストーカー行為を行っている中年無職ニート童貞男‥という蔑まされるべき男を気づいたら終盤ではめっちゃ応援している‥というのは白石映画でよくある展開。
最終的には彼の行動や言動が眩しく羨ましくすらなってくる。
そもそも好きな女子のためにあの無職と同じ事できるか?と訊かれても俺は絶対やりたくないので、その分野だけの狭い範囲で見たら彼は殆どの男より上という事になり、そこから聖なるオーラを発してるのかもしれない。
クライマックスの蛇女ライドめいたワンカット風映像も熟練の域だった。
また、完全なるキチガイだと思われていた蛇娘の母が、いざ話してみたらめっちゃ論理的に話すキチガイだったのも意外で笑ってしまった。
白石作品によく出てくる「誰も知らない真実を知ってるがゆえにキチガイにしか見えない人物」の系譜か。

今のところ全体的にハッピーな感じで話が終わっているのが逆に不気味で、最後に酷い事になって終わりそうな不安感がある。
シーズン1の時は関係者が次々と死んだり不幸になるのが楽しかったが、超の投稿者は行動力も伴った好感持てるキャラばかりなので前作のニーナや今回のカップルなどが不幸になって終わったら嫌だな~。
監督によると、あと数本でコワすぎそのものが終わるらしい。
前シリーズで喩えると、次くらいで世界そのものが動き出す感じか?
だが監督は忙しいので次作は一年以上後になるそうだ。

そんな感じでした

gock221b.hatenablog.com

gock221b.hatenablog.com

「ある優しき殺人者の記録(2015)」次元を超えても何ともない頑丈なビデオカメラ - gock221B

「鬼談百景 (2015-2016)」全10話/『赤い女』が一番よかった - gock221B

「貞子vs伽椰子(2016)」楽しいが両者の良いところは表面的になぞっただけだったのが不満 - gock221B

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

albatros-film.com

www.youtube.com

広告を非表示にする
#sidebar { font-size: 14px; }