gock221B

映画その他の感想用ブログ

「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2015)」わざわざトラックでビジョンを運搬するウルトロンの愛らしさ

f:id:gock221B:20161104122035p:plain
原作:Avengers: Age of Ultron 監督:ジョス・ウィードン

ソフトが発売されたので改めて観た。劇場で観た時は

 「アベンジャーズ / エイジ・オブ・ウルトロン(2015)」監督:ジョス・ウィードン/ MCU全体とキャラと世界観を大事に育てた結果、凄いシリーズになった - gock221B

★ ソーよ、君は何故、洞窟の泉に入って全裸で悶絶していたんだい? - gock221B

さすがに二回目観るとソーが全裸で暴れた理由もわかった。
しかし、字幕がカタコトすぎて(この映画の字幕は文字数が少な過ぎると思う)映像もカタコト(ビジョンやジェムなどを一瞬だけ細切れで見せても初見では伝わらないだろう)すぎて、これはシリーズのファンじゃないとピンと来ないだろうと思った。
しかし字幕で全部説明できるはずなので、字幕が悪いと思う(次から本作は吹き替えで観ようと思った)
だが、MCU好きアメコミ好きとしては楽しいが、ただの映画好きとして観たら割と面白くない凡作という感じはする。
それにしても、この映画は詰め込む要素があまりにも多すぎる。
その辺のジョス・ウィードン擁護は正直なトレイラーでうまくまとめられとった

それを念頭に置いたら、破綻せず何とか楽しい映画にできて立派というところだ。
疲れ果てたジョス・ウィードンはMCUから去った。後はルッソ兄弟に任せよう



●シヴィルウォーの前フリとしてのエイジ・オブ・ウルトロン
シヴィルウォーの予告を観る事によって、AoU全体の面白さが上がった。

www.youtube.com
どうやら、ウルトロンとのソコヴィアでの闘いが原因となり、ソコヴィア協定なるものが作られるようだ。
どういったものかはわからんが、まあスーパーヒューマン登録法みたいなもんだろう。
社長もそれを飲まなきゃアカン感じになったんだろう。ウルトロンを産んでしまったし
その協定が元となって「ウィンターソルジャーを渡せ」「渡さない」となっていく感じが第一弾予告編から伺える。原作より面白そう
そういえばハルクバスターのシーンも、AoUのウリだったのだが

f:id:gock221B:20151129184306g:plain

「ウルトロンに操られてるワンダに操られたハルクが暴れたのでフルアーマー社長が止めた」という流れは、本編と少し外れてるように思えてイマイチ盛り上がれなかったが、このソコヴィアの街中でアベンジャーズ同士が喧嘩(一般市民からはそういう風にしか見えないはず)したのは、ソコヴィア協定とやらを作られてしまう大きな原因になったに違いない。そう踏まえて観ると面白さが増した。
というかAoUは、キャップ1後半やアイアンマン2みたいに作品と作品のつなぎ感が強い。


●エイジ・オブ・ウルトロンの映画的魅力
というか強く書きたいとこはここだけなんですが、、
そんな感じで色んなものを消化しなければいけなかったAoU
そんな中、2回目に観て純粋に楽しいシーンはここだった。
ウルトロンがチョ博士にビジョンを作らせ、大型トラックで運搬、キャップとブラックウィドウホークアイによって強襲される、という場面。
f:id:gock221B:20151129170947j:plainあれか‥
劇場では普通に観てたが、いやよく考えて観ると無限の財力と凄い科学力を持ったウルトロンが何故、大型トラックで移動しているのか?高速入る時とかに誰がオッサンに金払ってるのか?

その後、キャップやスカヨハとじゃれている姿を見ると
f:id:gock221B:20151129171519j:plain
f:id:gock221B:20151129172008j:plain
「なるほどそれで、わざわざヤマトや佐川めいたトラックで運搬していたんだな」と思った
そもそも、この後、キャップ達にしばかれすぎて雑魚ウルトロン2体だけでトラック持って飛んでいきますからね。
やっぱりボスキャラと大型トラックはよく似合う。アニメ版ストIIの映画でもベガが大型トラック運転してましたからね。出来る事ならウルトロンにも運転して欲しかった。
ウルトロンは、何百体もいるウルトロン全員が彼自身とも言えるし、ラスト「何回トドメ刺されるの?」ってくらい色んな奴に何回もぶっ殺されてたのも愛らしかった。
何百体にも分裂して何度もヒーローに殺されるって究極マゾヒストっぽいな。
更に、ワンダが幻覚を見せる時、わざわざ凄く近くで手をヒラヒラさせるのが好き。
f:id:gock221B:20151129170808g:plain
f:id:gock221B:20151129210303g:plain
普通だったら、少し遠くにいるワンダの目が光ってカットが変わるとやられた方も目が少し赤くなって‥という表現を選ぶと思うが、わざわざ凄い近くでやってるのがいいです。
本当に間近にいるのかイメージ映像的なものか微妙なとこですが、こういう絵面を選んだところが好きなのでそれはどっちでもいいわけです

そんなワンダがホークアイに電撃ぴったりアローをおでこに付けられアワアワしている
f:id:gock221B:20151129205650g:plain
シーンも良かった。刺したら死んじゃうのでぴったりアローを選んだんだなと思ったり、一時停止したら凄くCG臭くて不自然なアローだったせいか撮影現場でアワアワなってる演技してるエリザベス・オルセンが頭に浮かんで「カワイイな」とほっこりしました
大体、映画のこういうシーンが好きで、映画からこういうハッタリ間抜けシーン等が消えたら、魅力ないからもう映画観なくなる気がする。


ブラックウィドウ
あとブラックウィドウが、ワンダの幻覚にかかってロシアの秘密組織で暗殺者として育成されていた少女時代の回想を見せられるのだが
f:id:gock221B:20151129175147j:plain
劇場では「少女メイクして撮ったのかな」と思ってたけど身体つきが子供すぎるので、痩せキャップみたいなCGじゃないかなと思った。
同時に「昔のスカヨハだ‥」と思った。
スカヨハは今でこそ強くてセクシー美人女優というイメージで僕も好きだが、20代の頃はむしろパッとしない不満げな顔つきのサブカル系ブスという印象だった。
オッサンの僕にとってそれはほんの少し前ってだけの感覚なので、その若いスカヨハをわざわざCGで再現というのは凄く不思議な気持ちになった(アントマンのCGで若くしたマイケル・ダグラスも)

f:id:gock221B:20151129174824j:plain
更に暗殺機関の教官がジュリー・デルピーだったので驚きました。
こんな、ただオバサンが数秒立ってるだけで成立するキャラにわざわざジュリーデルピーを当てるって事は「ブラックウィドウ」が
ピンで映画化された時のため用の配役?と思いました(ちなみに、このマダムBなるキャラは特に原作にはいない模様)

それとラストで、めっちゃ遠くにいるシルエット一目でウィドウだとわかるという
f:id:gock221B:20151129204827j:plain
キャラクター性の高さに驚いた(ストリートファイター的には100点)
今までウィドウはウィンターソルジャーでのロングヘアーがイカすと思ってたが、シルエット的にはやっぱりアベ二作でのウェーブの方が優れてるのかもしれない

f:id:gock221B:20151129205216g:plain
f:id:gock221B:20151129205236g:plain

f:id:gock221B:20151129205309g:plain
f:id:gock221B:20151129205251g:plain
f:id:gock221B:20151129205340g:plain

一方、ワンダは小さい頭部に対して目と口がデカすぎるところが優れています。
特に普段は口小さいのに泣き叫ぶと、でっかいクチに白い歯が目立つ巨乳という、ワンピースの女性キャラ実写版みたいなキャッチーさがある
f:id:gock221B:20151129205948g:plain

 

●チョ博士を優遇しすぎ
f:id:gock221B:20151129175922j:plain
あと韓国資本で作られたのか、韓国での死闘や、韓国人女優によるチョ博士の優遇ぶりが激しかった。そういう事情にはあまり興味ないのでよく知らないんですが
チョ博士はマリア・ヒルやピエトロと同じくらい出番あるんじゃないかってくらい多かった。
パーティで雑魚トロンにヒロインっぽく襲われたり、ビジョン作ったりビジョンの電源抜いてウルトロンにカモーン殺しされたり(人質に反抗されてOh..カモーンと言いながら片手間に撃たれる殺され方の事)、キャップに看取られたり、実は生きてたりと優遇されっぷりが凄かった。彼女はアマデウス・チョの親族って設定らしいが、それとは関係ない大人の何かを感じた(アウトレイジビヨンドの本物の韓国人ヤクザの人から感じるような何か)。
まあ、彼女は美人だし特に嫌いなわけじゃなかったんだが、楽しい作戦成功パーティに彼女もいて(ソーが好きらしい)、
宴もたけなわでアベンジャーズ中心人物(BIG3、ハルク、ウィドウ、ホークアイ、マリア・ヒル、ウォーマシーン)以外は帰った、何か知らんがファルコンも帰ってるというのに彼女がまだ二次会に居るのを見て若干イラッ!とした。
f:id:gock221B:20151129181121j:plain
「お前は二次会に残れるほどのポジションじゃないだろ!」という不思議な気持ち。
そんな自分にも、一体どういう感情なんだ?と不思議になりました。
嫌いではないとさっき言ったが「キャラが多すぎて出番が足りないサブキャラ(マリア・ヒル、ファルコン、ウォーマシーン、ピエトロ、ソーの全裸博士など)のカットが、特に重要じゃない君のせいで更に減ったぞ」という感情かもしれない。

何故かこの映画だけ感想三回も書いてるんだが。。そこまで死ぬほど面白かったわけじゃないけどウルトロンの事を書いたら凄い楽しいな。
逆に、あからさまに超傑作のマッドマックスは完璧すぎて何も書くことがない。
ウルトロンは、楽しいところとスキがいい塩梅だったのかもしれない。
MCU全体にも言えるが、詰め込み過ぎてわけのわからん塊になってる感じがいい
次は
キャプテンアメリカ
シヴィルウォー
  f:id:gock221B:20151129184623j:plain

そんな感じでした。

gock221b.hatenablog.com

gock221b.hatenablog.com

gock221b.hatenablog.com

「アントマン(2015)」MCU第12話『第二部完。誕生!アントマン』 ピム粒子の恐ろしさ - gock221B

gock221b.hatenablog.com

gock221b.hatenablog.com

gock221b.hatenablog.com

「ドクター・ストレンジ(2016)」西洋医学に見捨てられ東洋魔術でヒーローになっても医療を捨てないドクター - gock221B

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017)」平均以上の楽しさは保証されてるものの正直あんまり好きじゃないMCUシリーズ - gock221B

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

www.youtube.com

www.imdb.com 

f:id:gock221B:20151129210354g:plain

広告を非表示にする
#sidebar { font-size: 14px; }