読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gock221B

映画その他の感想用ブログ(2015年開設) http://gock.flavors.me/

「インサイド・ヘッド(2015)吹き替え版」 自分にしては数少ない泣いた映画。これはアカン!

f:id:gock221B:20161130034001j:plain
原題:Inside Out 監督:ピーター・ドクター 製作国:アメリカ 上映時間:94分

PIXERの映画はトイストーリー3辺りからあまり観てない。別に嫌いになったわけではないが続編ばかりになったから(PIXERの続編にはあまり魅力を感じない)あと昔ほどパッとしないものが続いたせいかもしれない。
本作も「子供の心の中の感情が主人公?興味ないなぁ」と、あまり期待してなかったが、これは意外にも凄く感動して泣いた。。PIXERで一番よかった。


しかもかなり早い段階、、女の赤ん坊の心にヨロコビが生まれ、次にカナシミが生まれ、いつもポジティブなヨロコビがカナシミを若干、邪険に扱ってるのを見て「ああ!この必要とされてないカナシミがキーパーソンになる終盤が見えた!」と思い、そう予想しただけでウルッと来てしまった。というかハッキリ言って全編ウルウル来ていた。
似たストーリーのトイストーリーシリーズ観ても何とも思わないのに何故、本作はマインドの芯に響いたのか。
俺は心の奥を大事にしていて(というか誰でも大事にしてると思うけど)、大事な物が消えたり、極端に言えば囚人になって拷問されていたとしても心の奥は精神力さえ保てば侵される事はない、だから心の奥というものを大事にしている。その代わり物欲はゼロで、こんなに映画観てるのにすぐ売っちゃうので家にDVDが無い。大事なのはディスクの中の情報を観て心に残る何かなので物質はどうでもいい。色んな経験を経てそういう人格になった。
だから、心の奥が主な舞台、という本作が心にヒットしたのかなと思った。
自分の心の中にも彼女らが居て、自分が悲しんでる時は彼女らもオロオロしてるのを想像しただけで泣けてくる。
自分の中で他に泣ける映画はジェームズ・ガン「スーパー!」とか「スパイダーマン2」。泣ける漫画は高野文子「黄色い本」。
全体的に夢や、やりたい事や童心を自ら捨てる決断をしたり、チャンスが手の中にあったのに知らないうちに永遠に逃してしまうようなストーリーに弱い。


ヨロコビ
f:id:gock221B:20160623044736g:plain
自分は吹き替えで観たが、ヨロコビの声を竹内結子があててて、最初は「声優じゃない生の人間っぽい声すぎて合ってないのでは」と思ったが物語が進むにつれ、このキャラはポジティブの塊みたいなキャラではなく、カナシミを少し疎ましがっていたりしてパーフェクトな喜びではない事がわかる。
クラスの空気を悪くしないよう、ぼっちの奴を庇ったりもするが、それは優しさからというより調和のためにやってるだけの明るい学級委員長みたいな感じ。
別に彼女を貶そうとしてるわけではない、ポジティブな人はそういうものだし彼女はよくやっている。
だから、人間っぽい竹内結子の声で凄く合っていた。
彼女の声でのポジティブ標準語は、アミューズメントパークのガイドのお姉さん的な良さがあって凄く聴き心地がいい。もしかして竹内結子は世界一、ポジティブな標準語が上手いのでは‥?
というかこのキャラは何か自分のツボにはまるものがあり、このキャラがはしゃいだり歌ったり踊ったりしてる様子を見るだけで異常にジーンと来てしまう(理由はわからない)
自分のインサイドヘッドにも彼女が居るのかもしれない、と思うと「もっと楽しい人生を送ろう」と単純に思わされるものがあった

 

カナシミ
f:id:gock221B:20160623045719g:plain
カナシミは普通だったら貞子みたいなキャラデザにしそうなもんだが、もっさりと太った眼鏡かけた女子ってデザインというのは上手いなと思った。
「悲しいという感情」を擬人化したら「太った女」になると思っていた。
吹き替えしてる大竹しのぶの演技があまりにも上手すぎて、大竹しのぶと全く別人みたいな演技(ムーミンの声あててる時の岸田今日子に似てる)で最後まで行ってしまうので凄いなと思った。
大竹しのぶと最初に知ってなかったら誰だかわからなかっただろう。

 

ビビリ、イカリ、ムカムカ
f:id:gock221B:20160623045432g:plain
正直なところ、ヨロコビとカナシミとビンボンだけでストーリーは完成してるので、この三人の出番は少なかった。
ムカムカが一人だけわかりにくい。「嫌悪」の感情か?
イカリの声はパトレイバーの太田の人がしたらハマりそう。顔も似てるし
f:id:gock221B:20151130233642p:plain
一見役に立たなそうなビビリは、少女が大人になった時に真価を発揮しそうだな。
臆病こそが人を生きながらえさせる。

 

ビンボン
f:id:gock221B:20160623050240g:plain
主人公少女のイマジナリーフレンドのビンボンの声優は佐藤二朗だが、ピエール瀧のオラフと全く同じ演技だった。調べるまでまた瀧かと思ってた
彼は「ドラえもん のび太の海底鬼岩城」のバギーちゃんや「ミクロキッズ」のアリくん的な‥いやそれ以上の活躍を見せてくれた(このページ最下段のGIF)。
これはアカン!これはアカンやつ!!
今、思いだしただけでも泣ける。やばい。。
なんちゅうものを見せてくれたんや‥なんちゅうもんを‥
「スーパー!」のラスト並にいつでもシーンだ。
それにしてもここまで重要なキャラならポスターに載せてやれよと思った。

とにかくめちゃくちゃ良かった。ディズニーやピクサーの中で一番好きかもしれん。

そんな感じでした

 

gock221b.hatenablog.com

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ 

www.imdb.com

www.youtube.com

f:id:gock221B:20160623045906g:plain

広告を非表示にする