gock221B

映画その他の感想用ブログ

「HOUSE ハウス(1977)」ストーリーや特撮よりも異常なまでの昭和の女子校ガーリー感が最高

f:id:gock221B:20170121002955j:plain
監督:大林宣彦 製作国:日本 上映時間:88分

1977年のホラーって何があるかと検索したら、好きなホラーで言うと「八つ墓村」「エクソシスト2」「悪魔の沼」「サスペリア」とかの年か。スプラッターの波が来る前のホラー映画=オカルト映画の時代かな
本作のノリは、調子に乗った70年代って感じだが、80年代っぽいふざけたノリも混ざっててかなり新しかったんだろうか
大ファンの人が編集したっぽくてwikipediaの項目が異常に詳しくて、状況やトリビア的はここ読めば大体分かった

 ハウス (映画) - Wikipedia
初めて尽くしで古参の映画人にからなり嫌がられていた様だが、ネットが発達して公開30年経ってアメリカで公開されたりBlu-rayが出たりして、ハウスの勝ちといったところか。
どうでもいいが邦画Blu-ray買おうとしたら大抵出てなくて、海外版買った方が早いっていう現象が終わってるな。黒沢清Blu-rayとかも。


女子高生のお嬢様オシャレ池上季実子)は夏休みに、父と別荘に行くはずだったが父の再婚相手に反発して、演劇部の仲間達、ファンタ、ガリ、クンフー、マック、スウィート、メロディーを誘い親戚のおばちゃま(南田洋子)のお屋敷に遊びに行く。しかし次々と屋敷に食われる‥という話
f:id:gock221B:20151201193434j:plain
映画の中盤くらいから特殊効果による怪奇現象が活発化する。バンギャルドで楽しいが、1分に一回の割合でずっと続くので観てたら眠くなってきた。
f:id:gock221B:20151201193836g:plain
f:id:gock221B:20151201205843g:plain
こうやってGIFを貼ると、一個一個は面白いが、ずっとこればかり続くと飽きる。
超常現象だけならまだわかるが、担任教師のケツにバケツがはまって取れなくなる、とかのどうでもいい場面や、会話してる日常描写にも延々と特殊効果を使ってるから観てて疲れた。むしろ序盤の何も起きてない時の方が面白かった

 

f:id:gock221B:20151201193913j:plain
一番ヒロインっぽいポジションはファンタ(大場久美子)だが、ハンパなく可愛かった。
大場久美子はオバサンになった今も崩れてないくらいなので、この時は当然超可愛い。
顔がというより全身のシルエットや動きやニュアンスがかわいい感じ
f:id:gock221B:20151201192337j:plain
メロディーがピアノに喰われるのを見るとショックで寄り目になった後
f:id:gock221B:20151201192349j:plain
腹から声が出てない「きゃ~☆」という感じの悲鳴をあげる。可愛い
70~80年代の邦画コメディでは、仰天した時によく寄り目になるな
彼女は70年代のフィクションにしかいない清楚な女子高生という感じのキャラだった
f:id:gock221B:20151201191706g:plain

 

f:id:gock221B:20151201192949j:plain

wikiによると、空手が得意なクンフーが当時、一番人気だったらしい
観てたら確かに勇敢で情に厚く一番魅力ある。
何か起きたら反射的にすぐ空手ポーズを取って、とりあえず飛び蹴りやらチョップを喰らわせまくるのが可愛いかった。
ハウスの異界攻撃でバラバラにされても脚だけでクンフーを繰り出す根性。
上はタンクトップで、下はショーパンなのかブルマなのか水着なのかパンツなのかサッパリわからない不思議な何かを履いている。
「オヌシたち、やめんか」みたいな事言うので「あっデビルマンの美樹ちゃんのふざけ方!」と思った。この70年代女子がセッシャとかオヌシというノリは何なんだろう
f:id:gock221B:20151201190952g:plain
家に食われるシーンを観ると「やっぱり邦画で異界(地獄)に行くと全身バラバラになって生首だけで漂うんだな」と思った。まあ安あがりだからか
f:id:gock221B:20151201191543j:plain

そんな感じで特殊効果よりもクラシック大林ガールズの可愛さが楽しめた感じだった。
古い映画なので、もっちゃりした喋り方してて湿ったガーリー感が凄い出てた。
彼女たちの手を握ると冷たくじっとり湿ってそうな‥、夢中で喋った後口の端に泡がついてそうな‥、背の高い男と喋る時は男の手を引いてわざわざ自分の隣に座らせて目線を合わせて喋る気の強い女子の感じ、ホテルなどに泊まったらすぐさまベッドの上で飛び跳ねそうな‥そういう感じの女子っぽさを感じた(俺の中の少女感)。
ガールズの性格は、70年代の少女漫画によく出てきそうなキャラをしている。
年長者女性の悲恋、好きな担任教師、ふわふわした猫、食い物など女の子の好きな要素がいっぱいだったし、うるさい怪奇現象や変わった映画表現等も全て、思春期の女の子の混沌とした内面を映像化したようだった。
父親の再婚相手のくだりは特に必要じゃないのにかなり念入りに描かれてる。
自分の父親が再婚するのが嫌な思春期の女子の内面のフィクション化って感じ。
スタッフロールで、喰われた少女が一人ひとり、まるで「この『ハウスというお芝居はどうでしたか?」って感じで出てくる
女子校の学園祭での創作劇のカーテンコールみたいで爽やかな気持ちになった。
この映画は大林のデビュー作であることや少女たちの映画初出演、大変だった製作や撮影そのものの方が主なストーリーで、実際のお化け屋敷がどうこうのストーリーは漫才のネタフリみたいに軽いものなんだろうと感じた。
また、初めて観たのに思い出の写真を見返した時のような感覚があった。
そういった懐かしげな雰囲気が刻まれているのを感じた。
さっきから抽象的な言い方しかできてないが本作を観て感じたのはそういう感じだった
観てると、派手な特撮が延々と続きすぎるので正直言って飽きてくるのだが、観終わってしばらくするとまた観たくなる‥そんなラーメン二郎みたいな映画だった。好きだね

そんな感じでした

www.imdb.com

www.youtube.comf:id:gock221B:20151201172321g:plain

広告を非表示にする
#sidebar { font-size: 14px; }