読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gock221B

映画その他の感想用ブログ(2015年開設) http://gock.flavors.me/

「KAN-WOO 関羽/三国志英傑伝 (2011)」ドニー・イェン演ずる小さい関羽が大してアクションもしない千里行

f:id:gock221B:20170516071048j:plain
原題:関雲長 監督:フェリックス・チョン 制作国:中国映画 上映時間:109分

最近、唐突に横山光輝三国志を最初から読んでて、今ちょうど関羽の千里行編まで来て死ぬほど面白くて、三国志のドラマ‥はいっぱいあるけどドラマはいっぱい観なくてはいけないのでパスして、映画で何かないかなと思って探したら、ちょうど千里行オンリー映画があったので観てみた。
関羽役はドニー・イェン関羽にしては‥凄く小さい。小男の曹操より小さい
ドニー・
イェンは好きだが、関羽のイメージなさすぎるな。。
しかし映画は面白ければ原作とどんなに違ってもいいので、小さいのはまあいい
結論を先に言うと途中までは面白いのだが、最終的にはイマイチだった。
ちなみに劇場公開時のタイトルは「三国志英傑伝 関羽」だったらしい


関羽曹操の捕虜になって袁紹軍と闘ってるシーンから始まる。
原作通り、関羽を口説きまくる曹操と断り続ける関羽
ちなみにこの映画の曹操はかなり良い奴。しかも自分の事を小物だ小物だと言い、少し失礼な態度を取られても笑って許してしまう。これはこれで面白いキャラだと思ったが、特に曹操が活躍するストーリーでもないのに新しい曹操像を打ちだしすぎてノイズになっていた。こういう事をするなら「SOW-SOW 曹操」とか曹操メインの映画を作ってそこでやるべきだろう。
そして劉備の安否がわかったので劉備の許嫁・綺蘭(オリジナルキャラ)を連れて千里行スタート。

ドニー・イェン主演、しかも千里行オンリー映画という事はカンフーアクションだけ観せたい映画かと思っていた。各、関所に色んな武器やカンフーを使うオリキャラを捏造して、ドニー関羽が次々に斃していくという死亡遊戯パターンでいけば楽しそう。と思ったがそんな事はなかった

第一の関所。大勢の門番を斬り捨て、槍を持った責任者と闘う関羽
身体が小さいので飛んだり跳ねたり凄いスピードで偃月刀を振り回しまくる関羽。凄いスピードだがドニー氏が頑張れば頑張るほど関羽像から離れていく。
散々撃ち合って遂に門番を倒す関羽。。しかし関羽といえば一刀の元に斬り伏せるというイメージなので、この関羽はあまり強くない?もしくは闘ってるこの門番が強すぎるように思えた。「ウルヴァリンSAMURAI」で、新幹線の上でウルヴァリンと闘った名もなきYAKUZAを思い出して可笑しくなった
実際、この映画で一番強いのはこの門番だ。
一人目なら瞬殺で良くない?何で一人目にこんな強い奴を配置したの。

第二の関所では、関羽は吹き矢の毒であらかじめ弱らされる。
フラフラの状態だが、何とか数十人の門番を皆殺しにする。
関羽は強いが毒で弱体化させられてたから苦戦した」のパターンだ。しかし一人目の門番が強すぎたために上手く機能していない。しかも大きなアクションはここで終わりだ

第三の関所では戦闘開始と共にカメラの前の門が閉まる。ワンカットで再び門が開くと全員が関羽に斃されている。。粋なシーンだが、それはアクションスターじゃない俳優がやったら面白い場面であって、観る人はアクションが観たいと思うドニー・イェンでやってもあまり意味はないと思った

第四の関所では、民のために極悪な門番を殺してその位置に就いたという民に慕われる好人物。しかし戦闘力は低いので関羽に敗北。人格者なので関羽は見逃すが一人で勝手に自殺してしまう。
慕っていた人物が殺されたので関羽に石を投げる民たち。関羽も正座して甘んじて投石を受ける。。そこに曹操がやって来て関羽を侮辱した民たちを皆殺しにしようとするが関羽が「殺してはならぬーっ」とか怒る。

‥という心底しょうもない展開を観て、更にメランコリックなBGMと共に劉備の許嫁が関羽に迫るが関羽が「いけませぬ‥」と断り続けるというしょうもない展開も合わせて、どうでも良くなってきて映画を観ながら洗濯と掃除を始めてしまった。
香港or中国映画の、甘ったるいBGMと共にやたらメソメソしてる恋愛描写が大嫌いなんだよね。しかもそれをしてるのが関羽だという点しかも自慢の髭も途中で意味なく切り落とすもんだからますます誰なんだかわからなくなってきた
だからよく観てないのだが関羽殺害の命を出したのは帝だった。その後も色々とメソメソしたようなグダグダした老婆の尿もれみたいな感じで終わる。せめて夏候惇とのラストバトルとかやれよ
この映画は、三国志という原作、ドニー・イェンのアクション、新しい関羽曹操献帝像。。という作品に入れたい要素が多すぎてお互いを喰いあってどれ一つとして立たないという駄作ぶりが残念だった。これぞ映画三分の計。
これならレッドクリフの方が100倍面白かった。
一つフォローするなら最後まで飽きずに観られるくらいの面白さはあります

そんな感じでした

www.imdb.com

www.youtube.com

 
広告を非表示にする