gock221B

映画その他の感想用ブログ

「ジェシカ・ジョーンズ〈シーズン1〉(2015-2016)」全13話/良い話だけど2時間に収まる話を水増しして13話ドラマにした感じしました

f:id:gock221B:20170223212614p:plain

原題:Jessica Jones: Season.1 制作国:アメリカ 放送時間:48~60分

デアデビル」同様、Netflix制作のMARVELドラマ第2弾のこれを一気観した。
いや観たというより家事や作業しつつ、ながら観した。
面白いところだけ集中して観た(面白かったのは第一話。第6話のジェシカとルークの喧嘩。キルグレイブとの同棲。キルグレイブへの拷問。最終回とかか)
全体通して観るとなかなか面白いストーリーだと思うのだが、正直まあまあ面白いかな?という程度の2時間の映画に不必要なエピソード足したり同じ失敗を繰り返して水増しして無理やり13時間に引き延ばしたものを全13話に分割して毎話のラストをクリフハンガーにしたようにしか見えない。
そこそこは面白いが、二時間で済むものを13時間かけて観なきゃいけないような感じで、観る前に期待していた「面白い1時間の話が13回観れる」というものではなかった。
ひょっとして俺が映画好きで連続ドラマは苦手だからそう思うのかもしれないが。

アベンジャーズ等の映画版MCUとは同じ世界。
アベンジャーたちは劇中で「緑の巨人」「星条旗の男」などという呼ばれ方で噂されている。ガンダムの「白いやつ」「木馬」みたいでいい。
Netflix世界の登場人物から語られるMCUキャラは我々の現実世界でいう大統領やハリウッドスター並の知名度、一方Netflixキャラは「町で評判の人物」レベルの感じ。活躍や強さの表現も大幅に劣る(あと何かドラマ勢はメンタルが弱い気がする)
後に続く「ルーク・ケイジ」「アイアン・フィスト」等とも同じ世界で、2017年には彼らが一堂に集まるNetflixアベンジャーズディフェンダーズ」が制作されるらしい。あとデアデビルのシーズン2に登場したらしい「パニッシャー」も作られる様子。

原作のジェシカ・ジョーンズはルーク・ケイジの嫁さんということしか知らない。
「昔ヒーローだったがパープルマンというヴィランに監禁されてヒーローを辞めた」「実は高校生の時、ピーター・パーカー(スパイダーマン)に憧れていた」「FFのジョニーでシコっていた」という設定が後付けされた。
「メインキャラの嫁が主人公のドラマ化」と考えると凄いものがある。
女性キャラが主役のものはまだ無く、人気キャラで失敗したら痛いからジェシカみたいな微妙なやつで試したんだろう。たとえばストリート系ヒロインだとデアデビルにも出てるエレクトラがいるが彼女で失敗するわけにはいかん。ジェシカなら失敗してもいいだろう
ちなみに本作にはジェシカの義姉としてヘルキャットと同じ名前の女が出てくる(今後の伏線か、ニュークの薬飲んだ)。
あと「デアデビル:ボーンアゲイン」でおなじみの赤白青の薬を飲むキチガイ、ニュークになるであろう男も出てくる。
デアデビルのドラマが今後ボーンアゲインやる時にまた出てくるはずだ

Story
ヘルズキッチンのボロアパートに住む荒れた女ジェシカ・ジョーンズ。
彼女は昔「ジュエル」というヒーローだったが、キルグレイブ(原作でいうところのパープルマン)に監禁されていた過去があり、トラウマを負った彼女はヒーローを辞めたが、エイリアス探偵事務所を作って探偵をして人助けしている。
またジェシカは鋼鉄の皮膚を持つ黒人のルーク・ケイジと出会い恋に落ちる。
ある日、自分が関わった事件の少女がキルグレイブの被害者である事がわかる。
彼女は全ての諸悪の根源キルグレイブに立ち向かい彼を打倒する事にした。

ジェシカ・ジョーンズ
f:id:gock221B:20161103115803j:plain
・能力
彼女の能力は、怪力と飛行‥という事のようだが、ドラマを観る限り怪力と言ってもドラマのせいかあまり怪力に見えない。
パンチで壁をぶち抜いたり走り出そうとする自動車を手で持って走行を阻止できるから結構パワーはある。
‥はずだが、ドラマの描写を観てると人間より僅かに強い程度にしか見えない。
具体的に言うとシュワさん演じるターミネーターと同じくらいのパワーに見える。
また近所のババアに殴られただけで普通にやられたり、銃撃を恐れたりもするので、防御力は常人と対して変わらないようだ。
あと飛行だが、これは飛行というよりも怪力で地面を蹴って高くジャンプする、といった方が正しい。というかこのパワーを使う事はほぼないので忘れていい。
予算削減のためか、CGや特殊な撮影はかなり少ないため、あまりパワーを使わない。
彼女の能力を一言で言うと
「喧嘩が強くて頑丈な代わりに、負けたり心が折れる回数が多い女」という感じ。
にも関わらずハッキリ言ってジェシカはかなり弱い。
弱いというよりも毎回、運が悪く勝つ事が出来ない運命のキャラというか。
せっかくのパワーも、彼女が死なないというだけで有効に人の役に立つ場面がほぼない。
映像を観る限り、物理的パワーで遥かに劣るはずのスカヨハ演じるブラックウィドウに殴られたらジェシカが絶対に一発で負けると思う。
・キャラ
さっきも言ったがジェシカは弱いというよりも、負けや失敗が異常に多い。
そういうキャラなんだろう。
メンタルも弱く序盤は自分を落ち着かせるために故郷の通りの名を暗唱していた。
劇中、いつも塞ぎ込んでいて微笑むことすら滅多にない。
もはや鬱病の女性が頑張って回復しようとしているとしか思えない。
こう言うと、せっかくの怪力が何の役にも立たない理由も腑に落ちるな。
第一話で彼女の依頼人がいきなり殺されてしまうのを観て「ああ、こういう話なのか」とわかった。
とにかくジェシカは一向に人を救えない。
自分自身を救えていないのだから他人を救えるはずもない。
毎回、努力も虚しくジェシカの周囲の人間や、もしくは何の関係もない人たちが巻き込まれて重傷を負ったりバタバタと死んでいく。
こんなにまで被害が広がっていくヒーローものは初めて観た。
特にずっと助けようとしていた少女を人質に取られて困る場面がある。
その少女は突如覚醒して、ジェシカがキルグレイブを殺せるように自殺する。
これは凄く驚いたが、少女にそこまでさせといてジェシカはキルグレイブを取り逃がしてしまうのはもっと驚いた。こんな事ってある?
まあ彼女はヒーローを辞めているので厳密にはヒーローではない状態だ。
強い力で人助けするという意志を持って行動する者がヒーローなのであって、彼女は腕力が強いだけの心が折れて女でしかない。リハビリ状態。挫折した女が自分を取り戻そうとする話がこのドラマなのだ。
しかも、このドラマは「コマンドー」の様に頑張って悪い奴をただブッ殺せばいいというわけではない。
このドラマの敵はほぼキルグレイブ一人だが、キルグレイブはその能力で「自分が死んだらお前らも死ね」と無関係の人たちに既に命じていて永遠に人質がいる状態なので殺す事が出来ない。
また普通に逮捕しても警官に命令すれば普通に出れるので収監する事が出来ない。
彼の能力を警察や裁判所に突き出して特別な護送をするには証拠を立証しなければならないので証拠を集めないといけない。
このドラマの核はざっくり言うと「性被害者の女性が、自分に危害を加えた犯人に復讐して乗り越える」という話なんだろう。
キルグレイブを、DV彼氏のように見る事もできる。
強くて優しいルーク・ケイジと知り合うが様々な形でうまくいかずあまり出てこない。
2人の今後は「ディフェンダーズ」で観れるのだろう。
ジェシカ「産まれた時はみんなヒーローだった。だが一度諦めれば悪の道に引きずり込まれる‥」


キルグレイブ
f:id:gock221B:20161103103928p:plain
・能力
原作でいうパープルマン。キルグレイブは命令を与えた相手を、言った通りに従わせる事ができる。
この能力は密閉されていない、同じ空間にいる者に声が届くなら、どんな事でも何人でも従わせる事ができる。どうやら速攻性ウイルスのようなものを発生させる能力のようだ。
相当なチート能力だが、同じ空間にいなきゃいけないから電話や放送では効果がない。
何気に今まで出たMCUヴィランの中でも、かなり強い方に入ると思う。
想像だがおそらく能力を知らなければアベンジャーズも全員やられてしまう気がする。
同じ部屋で二人きりになってキルグレイブが「自殺しろ」と言えばそれで彼の勝ちだ。

確実に効かなさそうな奴はアイアンマン(スーツで密閉されている)、あとハルクが怒りMAXだと大抵の攻撃は無効になる事が多いので彼がキレてたら効かない気がする。人間とは違う雷神ソーにも効かないかもしれない(でも多分効く気がする)
サイコパス
こいつは他人の心のうちが全く分かっていない典型的なサイコパスだ。

性格も独善的でムカつくしジェシカに執着するストーカーっぷりもキモいし演技も「SHERLOCK」のモリアーティみたいなハイテンションなサイコパス中年演技で相当うざい。すぐ癇癪起こして喚き散らすし、演じてる俳優もギョロ目の鳥っぽい顔でハマっている。
彼は子供の頃に両親に改造され、他人を意のままにする能力に開花した。
以来、他人を能力でずっと自分に従わせてきた。
だから他人の心を推し量ったり、言下に匂わせて人様に何かをやっていただくという世の大人が普通にやっている事が全くできない。
完全なサイコパスもしくはアスペ。
彼の言動を聞く限り、彼にとって他人の心中は損得でしか計ることが出来ない。
こんな能力を子供の時に手にしたら誰でもこうなるかもね。
殆どチートとも言える能力、悪知恵にも長けていて強力だが逆に言うと、この能力は彼が人間的に成長することを完全に妨げている。
彼はジェシカを、能力ではなく本心で自分を愛するように苦心するが、アスペなのでジェシカの心が全くわからずアカン事しかできず当然うまくいかない。
過去にジェシカを能力でレイプしまくっているので好かれるわけがないのだが、その過去がなくて悪人じゃなかったとしてもジェシカには好かれなかった気がする。
かくいう自分も20代の間は相当アスペっぽい性格だったので、アラサーの時に色んな事をせずに、あのまま過ごしてたら今頃このキルグレイブみたいなオッサンになってただろうな、と思いながら観た。
ムカつくが、こいつのキャラと能力はかなり面白い。
「被害女性ジェシカvs.悪い男パープルマン」という構図でこのドラマの制作が決まったに違いない。
こいつの能力は面白いだけではなく再現するのに一切金かからないというのが凄くドラマ向きだ。


アホが足を引っ張って遅延し続ける
ジェシカはパワーがあるのでフィジカルは常人であるキルグレイブを不意打ちで何度も捕らえることに成功している。
だが割と何度も逃げられる。
しかも近くにいる奴が邪魔したりヘマしたりして取り逃がす事が多い。
そして前述した通りジェシカも考えや行動がうまくはまらず誰か死んだりして「はわわ‥」となってる間に逃亡され、逃げられるは人が死ぬわで最低の状態に何度も陥る。
映画だったら中盤で一回捕まえて逃げられて→ラストバトルという感じだろうが、本作では追い詰めて→アホがアホなことして逃げられる(そして、その度に誰か死ぬ)というのが何度も何度も繰り返し続くので観てるといい加減イライラしてくる。
「もうどうせ失敗して人が死ぬんだからさっさとキルクレイブ殺せよ!」と思い始める
最終話でようやくキルグレイブを殺すが「やったぜ!」というよりも「やっと終わった‥」とか「結局殺すんなら最初に殺しとけば被害は最低限で済んでたな」と思わないでもない。まあ後からそう言うのはズルい気がするのでやめておこう。
キルグレイブを殺したいのは山々だろうが、そこは堪えてトレードマークの舌を引っこ抜いて(これで能力無効)生かしたまま苦しめて欲しかった。
というか、最初に捕まえた時に舌を引っこ抜けばよかったのでは?

まあ、そういった感じで、話は面白いんだが全13話は長すぎる、と思いました。
シーズン2は、楽しそうなら観る。また陰鬱な感じなら観ない事にした。

そんな感じでした

★「デアデビル<シーズン1>(2015)」  第2話

「ルーク・ケイジ(2016)」全13話

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ 

www.netflix.com

www.imdb.com

www.youtube.com

ジェシカ・ジョーンズ:エイリアス AKA 謎の依頼者 (MARVEL)

ジェシカ・ジョーンズ:エイリアス AKA 謎の依頼者 (MARVEL)

 

f:id:gock221B:20161103181031g:plain

広告を非表示にする
#sidebar { font-size: 14px; }