gock221B

映画その他の感想用ブログ

「ツイン・ピークス The Return (2017)」第6章/ナオミ・ワッツのキャラ大好き。ダイアン初登場。ハリー・ディーン・スタントン再登場

f:id:gock221B:20170703164338p:plain
原題:Twin Peaks: A Limited Event Series (Part 6) 通算第36話
監督:デヴィッド・リンチ 
脚本:マーク・フロスト、デヴィッド・リンチ
制作国:アメリカ 放映時間:59分 シリーズ:「ツイン・ピークス」シリーズ

 

前回までの「ツインピークス」は‥
★ダギー・ジョーンズとして生活するクーパー

★コンスタンス検視官、ダヴェンポートと共に見つかった男性の死体の胃からダギー・ジョーンズの指輪を発見する
★収監中のクーパーのドッペルゲンガー。その体内には悪の化身ボブも同居
シェリーの娘ベッキー、ろくでもない男と結婚した模様
★ゴードンとアルバートはクーパーのドッペルゲンガーが偽物だと見抜く

 

※ネタバレ全開です

 

ネバダ州ラスベガス
f:id:gock221B:20170831105136j:plain
ジョーンズ家🏠
ダギー・ジョーンズとして生活するデイル・クーパーカイル・マクラクラン)だが、依然としてアホのまま(警察関連の事柄やコーヒーとドーナツだけに反応する)。
借金を返さないダギーのもとに、ダギー&ジェイドの浮気写真が送られてきて、延滞の利息を付けられて倍以上の5万ドルを要求される。
ダギーの妻ジェイニーE・ジョーンズナオミ・ワッツ)は、アホになったダギー(クーパー)に対して母親のように世話したり怒ったり浮気の件でヤキモチ焼いたりして母性に溢れまくっており、それがデヴィッド・リンチの間抜けなテンポで描かれてるもんだから、このキャラはナオミ・ワッツ史上一番可愛い。
単身、借金取りに金を返しに行ったジェイニーEは、借金取りにもキレまくって5万ドルを元の2万3千ドルにまで強引に根切って借金完済。ジェイニーEの威勢にビビる借金取り。
あまりに可愛いし有能なので、今のところ出たキャラの中で彼女が一番好きになった。最高の奥さんだろ。ナオミ・ワッツも好きだったし。
ダギー(クーパー)はアホのままだが、捜査官だった直感が残っており会社から持ち帰った難しそうな仕事を霊的推理で解決して社長に感謝される。
時折、マイクがブラックロッジから交信してきて「クーパー目を覚ませ!死ぬな!」とか応援してるのが、実家の親みたいで微笑ましい。
小人の殺し屋の家🏠
ダギー殺害に失敗した女ボスとダギー・ジョーンズの命を狙う、小人症の男。
彼は猫型の肉食獣のような獰猛さで女ボスを刺殺。
次は恐らくダギー(クーパー)のところに来るはず。



どこかの街
f:id:gock221B:20170831105126j:plain
★バー「マックス・フォン・バー」🍸
FBIのアルバート・ローゼンフィールド捜査官ミゲル・フェラー)が来た。
ここにいる「クーパーを最も知る人物」を、クーパーのドッペルゲンガーに会わせるため呼びに来た。
その人物とはクーパーの秘書だったダイアンローラ・ダーン)だった。
旧シリーズでクーパーは、絶えずテープレコーダーに向かって「ダイアン、‥」という語り出しでレポートを録音していた。あれはこのダイアンに送っていた報告書だった。「ツイン・ピークス」は変人キャラが多くクーパー自体も変人だったため、放映当時「クーパーはテープレコーダーそのものにダイアンと名付けて語りかけている」と勘違いした人が多かった。
名前だけは死ぬほど出たダイアンだが、ダイアン本人は一度も登場しなかった。
25年経って初めてダイアンが画面に登場した。
ローラ・ダーンはリンチ作品の常連だし「ブルーベルベット」でカイル・マクラクランと主人公カップルだったし、ダイアン役にはベストのキャスティング。



ワシントン州ツイン・ピークス🗻🗻
f:id:gock221B:20170831105120j:plain
カナダ国境近くの倉庫
前回登場した全く好感の持てないヤカラ系不良青年ホーン
こいつは、自分を「小僧」と呼ぶ強そうなマフィアがカナダから違法薬物をツイン・ピークスに密輸する手引きをしている。
旧シリーズでいうとノーマの夫ハンクみたいな小悪党キャラみたいだ。
マフィアの男は肝臓が悪いので地団駄を踏んで体調を整えたり、コイントスして空中でコインを分裂させ片方をホーンの口の中に入れるという意味不明の超能力だかマジックだかを披露する。何だか大急ぎでキャラ立てしてる印象。
★「RRダイナー」☕
変な笑い方をする太ったウェイトレス。確かに昔からこんな店員いた記憶ある。
太った保育士ミリアムがコーヒーをお持ち帰りする。
★「ニュー・ファット・トラウト・トレーラーパーク」🚚
劇場版に登場したカール・ロッドハリー・ディーン・スタントン)再登場。
ローラ以前のボブ被害者テレサ・バンクスが暮らしてた駐車場の管理人。
ハリー・ディーン・スタントンもリンチ作品の常連。
カールは町のベンチに座り、仲のいい母子を見て微笑んでると、コカインきめて運転してるホーンのトラックがなんと幼い坊やを轢き殺す!ホーンは走り去る
哀れ、良い子そうな坊やは絶命した(気の毒だが、あまりにも勢い良くドガッ!と轢き殺されたので笑ってしまった)
ただでさえムカつくホーンだが、全く笑えない最悪のクズだった事が判明。
こいつは普通の死に方じゃ許されないな。
アメリカの映画やドラマで子供が死ぬ瞬間を映すことは滅多にないので驚いた。
嘆き悲しむ母親と町の人達。
さっきRRダイナーでコーヒーお持ち帰りしたミリアム、ホーンの顔を目撃。
カールは、少年の遺体から黄色いフワフワしたものが天に昇っていくのを目撃して驚く。どうやらカールは絶命した少年の人魂を目撃したようだ。
交通事故現場の近くの電柱に貼られた「324810」「6」の、番地だかナンバープレートだかのプレートが意味ありげに大写しになる。
※追記:劇場版を観返すと、デズモンド捜査官(クリス・アイザック)がテレサ・バンクス殺人事件の件で調査に訪れ、ブラックロッジの指輪を見つけてこの世から消えた場所が、このプレートが貼られた電柱の近くだった。
ツイン・ピークス保安官事務所👮
ホーク保安官補長、何かを見つける。
保安官事務所のネイティヴ・アメリカンの飾りが付いたトイレのドアから。
ドアの板を剥がすと中から紙片が出てきた。
丸太おばさんの一つ目の啓示「行方不明になった者のヒントの一つはホークのルーツに関係する」をクリアしたと思われる。
トルーマン署長の常に激怒している妻は、息子が自殺しておかしくなったと語る通信手。いつも嫌味を言っているヒゲの保安官はそれを馬鹿にする。彼はいつもアルバートみたいに他人を馬鹿にしてる。憎たらしいが不思議な魅力がある。
ロードハウス」🎵
Sharon Van Ettenというバンドが演奏しながら次回に続く
Sharon Van Etten - Tarifa (Twin Peaks 2017) - YouTube

 

 

▲▲
f:id:gock221B:20170904012032g:plain
そんな感じで、クーパーはアホのままだが少しづつ進行している。
前々回、前回あたりはクーパーが一向に元に戻らないのに、ゆっくり進行で伏線や新キャラがどんどん出てくるので苛立ちを感じて「新シリーズひょっとして面白くないんじゃ‥」と疑念を抱き始めていたが、ダギー周辺やFBI周辺が面白くなてきたので再び楽しめるようになった。
それにしてもFBIだけ見てみても、前回:悪クーパーに面会。今回:アルバートが悪クーパーに会わせたいダイアンに会うだけ‥と、めちゃくちゃ遅い。
もうクーパーが元通りになったり、ツイン・ピークスに来てお馴染みキャラに会ったりするの諦めることにした。クーパーが元に戻るにはラスボスらしきドッペルゲンガーが死ぬ必要があるから、たぶんラストにならないと元に戻らないだろう。
というか僕は正直言って「往年のキャラが帰ってきて昔みたいな事をまたやった!」という楽しみ方よりも、現在進行系のリンチが新しいストーリーを今の感覚で進めてる方を楽しむ方が健康的に思えてきた。だから、これでいいわ。
それにしても6話まで進んでもツイン・ピークスの外の世界の描写の方が多いとは意外だった。

 

ツイン・ピークス The Return (2017)」全18話
#1
 #2 #3 #4 #5 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18(終)

gock221b.hatenablog.com

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ 

www.wowow.co.jp

www.imdb.com

TWIN PEAKS: MUSIC FROM THE LIMITED EVENT SERIES (2017 SOUNDTRACK) [CD]

TWIN PEAKS: MUSIC FROM THE LIMITED EVENT SERIES (2017 SOUNDTRACK) [CD]

 
TWIN PEAKS: LIMITED EVENT SERIES (2017 SOUNDTRACK/SCORE) [2CD]

TWIN PEAKS: LIMITED EVENT SERIES (2017 SOUNDTRACK/SCORE) [2CD]

 

f:id:gock221B:20170831110429g:plain

#sidebar { font-size: 14px; }