gock221B

映画その他の感想用ブログ

「スイス・アーミー・マン (2016)」内向した青年と万能な死体の心の旅

f:id:gock221B:20170921105455j:plain
原題:Swiss Army Man 監督:ダニエル・シュナイナート、ダニエル・クワン
製作国:スウェーデン/アメリカ 上映時間:97分

 

MV監督コンビの長編映画デビュー作。
タイトルどーいう意味かと調べたら軍用多機能ツールナイフの事を「スイス・アーミー・ナイフ」 というらしい。
f:id:gock221B:20170921111809j:plain
「十徳ナイフ男」みたいなタイトルだったわけね。
中盤までの展開を書いているし最後まで読むと割とネタバレしてます

 

 

f:id:gock221B:20170923002441j:plain
無人島で孤独に耐えかねた青年ハンクポール・ダノ)は首吊り自殺しようとしていたが波打ち際に男が倒れてるのを見つけたが、それは既に死体ダニエル・ラドクリフ)だった。
死体の腸に溜まったガスが尻から漏れている。
その屁は勢いを増し、波に飲まれた死体は徐々に推進し始めたのでハンクは死体に搭乗する。ハンクを乗せた死体はジェットスキーのような勢いで屁をぶっかまし、海面を爆走。ハンクは孤島からの脱出に成功した。
しかしバランスを崩したハンクは海に落下し、浜で目覚めた。
夢だったのか?、しかし目覚めた浜はさっきの孤島とは風景が違うし傍らに例の死体もある。
最初からこの浜で寝ていたハンクが無人島にいた夢を見ていたのか、それとも本当に死体の屁で移動したのか、ひょっとして死体はハンクが殺してハンクも記憶喪失になったのか、それともハンクは完全な狂人なのか、死体は実は宇宙人とかロボットなど人間じゃないのか‥どのオチもあり得るので子供のように素直に観るしかない。
ハンクは電話しようとするが圏外。
彼のスマホバスに乗っている女性メアリー・エリザベス・ウィンステッド)の写真が壁紙になっている。
ハンクは人恋しさからか死体をおんぶして移動しているうち、死体の口からガスが漏れ「マニー」と聞こえたので死体にマニーと名付ける。
またマニーは傾けるたびに口から大量の水が湧き出るので、それ以降、ハンクはウォーターサーバーのようにマニーから水を出して飲んだりシャワーしたりする。
そしてあろうことか死体のマニーは喋り始めた。
孤独の狂気が生み出した幻覚なのかどうか、よくわからないが2人は普通に会話して旅を続ける。
ちなみにマニーは赤ん坊レベルに何も知らないので「僕たちは人間。頭にあるのは脳‥」などと森羅万象の基本的な概念から果てはNetflixについてまで教えるハンク。
マニー「Netflixってなんだ?
ハンク「彼女とデートする時は映画館に行くだろ?だけど本当に親密になりたければ家で一緒にNetflixを観るのさ
そして本作のタイトル通り、死体マニーの機能が次々と明らかになる。
★喋る。★ジェット屁。★口から無限に水を出す。★勃起したチンコがコンパスとなり人里の方向がわかる。★口にセットした物を凄い勢いで射出する。★死後硬直した四肢をバネの要領で開放して硬い物を叩き折る。★歯で何でも噛み切る。。など
2人の間には旅を続けるうちに友情が芽生えていく。

 

 f:id:gock221B:20170921112009j:plain
森を進んで町を目指して進んでるうちにシャイな青年ハンクの内面も描かれる。
幼い頃に母が亡くなり心を閉ざしがちなこと、父と疎遠だが嫌いではないこと、バスでよく一緒になる女性に片思いしていること。
またマニーも、そのバスの女性の写真を見て彼女に恋をする。
また、ハンクは多機能死体マニーを使って色んなものを作ってマニーと遊ぶ。
マニーへの教育というより、自分の知ってる楽しいことを反芻してるみたい。
カフェ。映画館。パーティ会場。バス‥などを作り、自分はバスの女性の扮装をしてマニーにデートの楽しさを教えるハンク(ポール・ダノは華奢なせいか演技力高いせいか彼の女装は結構可愛い)
中でも念入りに作ったのはバスで、マニーに自分の役をやらせて、自分はバスの女性の役をして、マニーに自分の恋の感じを伝えようとするハンク。

 

 

f:id:gock221B:20170921115942j:plain
普通に映画やフィクションによくあるパターンで考えると「ハンクは孤独から精神分裂しており、マニーの声やパワーは本当は全部ハンクがやってる」というオチが多い。
普通はそんな感じで進んで終盤でどんでん返しするパターンが多い。
本作の場合、少しひねったそのまんまパターンだった。だけどまぁ同じ事でしょう。
観ていて「変な映画だなぁ」という気持ちが最も高まった時にヒロインがその気分を代弁してくれるのが洒落ていた。
f:id:gock221B:20170921111906j:plain
とりあえず観たまんまストレートに受け取ると、
最初に居た無人島は、自殺しようとしていたしハンクの絶望しきった心の底‥リンボみたいなやばい場所だったのだろう。そこで自殺した死体にマニーと名付けて運びながら死体に話しかけるハンク。森の世界は無人島ほどではないが内向したハンクの心の中で、死体のマニーの万能さは「自分に自信がないが本当は色んな事が出来る」って可能性の現れかな。ハンクは死体に色々教えたり共に冒険する事によって自分を癒やしながら勇気を出して自己の外部(森の外)へと出る。だけど思い通りにはいかなかった。しかし他人に自分の事を表現できたりしたし僕は僕で生きていくよマニーありがとう‥みたいな話なんだろう。ラストのマニーは無人島や森にいたときの自分的な感じかな。マニーは映画のタイトル通り、ハンクの色んな部分の比喩になっている。実際の死体は「一体どういう奴だったのか誰も知らない只の自殺した男」だからね。死体‥何でもない物に対して色んなものを投影する事によって表現したり、それを感じ取って成長するというのは人間の一番優れたところですよね。そうでないと映画は只の光と闇と音、漫画は只のインクの染みにしか過ぎないわけですしね。
本作はシャイな青年のミニシアター系逡巡映画って感じだが、本作は青年の逡巡を退屈にならないように万能な死体、美しい映像、明るい音楽などで楽しくした感じがよくある他のウジウジ系の映画よりも優れたとこだなと思った。
結構、好きでした。
正直面白くないんだろうと思いつつ暇つぶしで観たら良かったパターン。
MV監督だけあって映像も美しく音楽の使い方も上手かったし。
主演で殆ど出ずっぱりのポール・ダノラドクリフの演技が凄く良かった。
特にポール・ダノはやっぱいいなと思った。
この人は元々若い時から演技が達者だったけど、以前は「僕の演技見て!僕だけを!」といった感じのドヤ感が凄くて(しかも奇抜な役ばかり)何か美大のイキった奴とか痛い劇団員を連想させて苦手だったけど最近は年取ったせいか力が抜けてめちゃくちゃ良い。最近はむしろポール・ダノ大好きだとすら思った。いつまでも繊細な男の役をやって欲しいが未だに奇抜な役ばかりやってるのでもう少し普通の役も観てみたい。
ラドクリフのこの役はすごく山田孝之っぽい。この人は殺人鬼とか死体とか変な役ばかりしてるね。ハリーポッターのイメージを消したいのかと思ったがどうやらホラーとか変な映画が好きらしい。
ヒロイン役のメアリー・エリザベス・ウィンステッドスコット・ピルグリムあたりで激太りした後に急速に老けていった。いつも10歳は老けて見える。でも目立たないけど色んな映画に出続けてるし密かに応援してます。
とにかく爽やかで思いがけず良い映画でした。WTF

そんな感じでした

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

sam-movie.jp

www.imdb.com

www.youtube.com

f:id:gock221B:20170923002504g:plain

広告を非表示にする
#sidebar { font-size: 14px; }