gock221B

映画その他の感想用ブログ

「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル (2017)」良い話だとは思うが人畜無害なファミリー映画すぎてマジで眠くなった‥🌴

f:id:gock221B:20180408134755j:plain
原題:Jumanji: Welcome to the Jungle 監督&製作総指揮:ジェイク・カスダン
製作国:アメリカ 上映時間:119分 シリーズ:ジュマンジ・シリーズ

 

この監督誰だろと思ったら、2000年代にジャド・アパトー一派のコメディ映画に超ハマった時に、この監督の「ウォーク・ハード ロックへの階段 (2007)」を観た。あれの監督だったのね。あとこのブログにある映画だと「SEXテープ (2014)」の監督だった。あれは設定と冒頭は良かったがそれ以降の展開がイマイチだった。。
それと僕はズーイー・デシャネル大好きなんですが、彼女が大暴れする「New Girl ~ダサかわ女子と三銃士 (2013~2014)」を作ってる人でもあったと今初めて知った。New GirlはHuluでちょっとだけ配信しただけでDVDとかも出てないし観れないうちに旬が過ぎてどうでもよくなってきた。
まあとにかく、ちょっとした小ネタが売りのコメディ監督という印象。
そんで本作は超絶大ヒットした。
ちなみにボードゲームを映画化して大ヒットした前作「ジュマンジ (1995)」だが当時、ロビン・ウィリアムスのハイテンションが苦手だったし子供向けに思えて観てない。
ジュマンジ‥いったい何語なんだろう。両手を肉食獣のように突き出した知らない男が「ジュマンジ~~」と言いながらにじり寄ってきそうな、そんな響きがある。

 

Story
f:id:gock221B:20180407020037j:plain
1996年】父が拾ったボードゲームジュマンジ」‥の箱の中にTVゲームソフトがあるのを見つけた高校生アレックスは早速ソフトをマシンにセットすると‥
現代】学校で居残りさせられ地下倉庫の片付けを言い渡されたタイプの違う4人の高校生。彼らは地下で古いTVゲーム「ジュマンジ」を発見する。
試しにそれぞれアバターを選ぶと、4人はゲームの中に吸い込まれてしまう。
気がつくとそこはジャングル。
そして4人は各々が選んだ性格も性別も真逆のゲームキャラクターに変わっていた。

・ゲームオタクスペンサー→マッチョな冒険家(ドウェイン・ジョンソン
・アメフト部員フリッジ→運動音痴の動物学者&アイテム係(ケヴィン・ハート)
・ガリ勉コミュ障マーサ→格闘技が得意な美女(カレン・ギラン)
・自撮り大好きベサニー→チビでデブな地図係のおっさん(ジャック・ブラック
案内人NPCナイジェルによると、
現実世界に戻るためにはヴァン・ベルトという悪人が奪った聖なる宝石を取り戻してジャガー像の眼に戻し「ジュマンジ!」と叫ぶしかない。
各自に与えられたライフは3回。使い切るとゲームオーバーになってしまう。
ジュマンジ内で出会った新たな仲間アレックスも加わった彼ら5人は無事に脱出することができるか?
みたいな話

 

 

f:id:gock221B:20180408005642j:plain
‥という、あらすじに書かれた設定が本作の全てって感じのハイ・コンセプトな映画
冨樫義博の漫画やジョジョでありそうな展開を映画化した感じ。
主人公の少年少女は、現実世界の自分自身とは正反対のキャラクターのアバターになって強力しあったり話し合う事によって、自分自身と他者を見つめ直すという話。
映画の半分くらい進むと、そんな設定やキャラ紹介が一通り終わる。
だから丁度、そんな本編に飽きてきた時に1996年にジュマンジに吸い込まれた高校生アレックスが出てくる。
彼は前作のロビン・ウィリアムスが住んでいたらしき小屋に住んでいる。
ゲーム内の時間の進み方は狂っているらしく、アレックスの体感としては二ヶ月過ごしただけに過ぎないのだが現実世界では20年が経過している。
未だに1996年を生きているアレックスは当時の流行語を使い、メタリカが好きでシンディ・クロフォードに憧れている(僕も当時どっちも好きだったわ)。
このアレックスは前作の時に少年~青年だった僕などのアラフォーの奴が感情移入できるキャラなんだろう。
こうして5人は、お互い協力して友情や恋愛感情を深めてゲームクリアを目指す。
f:id:gock221B:20180408005620j:plain
この後半まで来ると最初は面白かった、気が弱い者演技のロック様、コミュ障演技のカレン・ギラン、乙女演技するジャック・ブラック、態度だけデカいが声が甲高くてチビのケヴィン・ハート‥などという面白さには慣れきっている。
そして彼らがどんなにピンチになっても所詮は、バーチャルの中の更にバーチャルな世界(映画の中のゲーム)で起こること‥しかも命は3つもあるので緊張感がない。
アクション映画自体がかなり無茶な事ができる世界なんだが、その中のゲーム世界なもんだから更に無茶な事ができる。ロック様はバイクで岩山を駆け上がったりするし正直何が出来て何が出来ないのかがよくわからない。
他人が見た漠然とした夢の話を聞かされているようなものなので、色々と楽しい展開を工夫してるのでダメなわけではないのだが観てると眠くなってきた。
当時、前作を観に行かなかったのも、それを予測して行かなかったというのもあったんだよね。
映画自体が夢みたいなものだとして「夢の中の人物が更に見た夢の中で全く別人になった奴らが猛獣に殺された~だけど命はあと2つある」と言われても全く緊張感ないだろう。
少年少女の友情も、現実世界での高校生キャラ設定がステレオタイプすぎる気がした。あらすじを読んで「こういう事が起きたりこういう会話があるのかな?」と思ったことがそのまま起きるだけだった。
別に面白くないわけじゃない、面白い映画だと思うけどあまりにも想定内のことしか起きない。
というかこの映画‥いかにも40代の者が自分の子供達を連れて観るような内容なのに、40代の男が一人で観てて何だか恥ずかしくなってきた。
前作を観てなかったせいか、こんなに人畜無害なファミリー映画だとは思わなかった。
こうなるとジュマンジをクリアした後、少年少女たちと1996年に吸い込まれたアレックスはどうなるのか?というところにしか興味がない。だからそれがわかるラストは目が覚めたがそれまでは、親戚の子がやってるゲームのプレイを後ろから見てるような気分になってマジで眠くなってきました。。
大ヒットして、ジャック・ブラックが久々に注目を集め、カレン・ギランが顔出しでハリウッドで売れたのも何だか嬉しかった(カレン・ギランは「ドクター・フー」で一時期コンパニオンやっててハリウッドに来てからは「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」でツルッパゲサイボーグのネビュラ役してる人)
大ヒットしたので第3弾も制作が決まって、ロック様などのアバターは続投するらしい。だけどジュマンジのゲーム内容をもう少し複雑にしてくれないと厳しいものがある。本当にマリオみたいな単純な内容だもんね
でも違うクラスタの者同士がお互いを理解し合うっていうあらすじ自体は良いし、基本的には楽しい映画だと思う。どの国の子供も楽しめそうだし。
「外見や性別なんて関係ない!」という売れ筋のストーリーで大ヒットした。
だが、こうなってくると人種チェンジや白黒チェンジもして欲しかったが、ややこしくなるからなのかそれはやらなかった模様。残酷シーンやシモネタもほぼない人畜無害な内容だし、40代の親御さんが子供と観るには無難な映画でした。
全然関係ないけど主人公、冒頭でストVをプレイしてたな。ザンギ使いなのにリュウに負けてたので上手いゲーマーじゃない。

 

そんな感じでした

gock221b.hatenablog.com

🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴🌴

www.jumanji.jp

www.imdb.com

www.youtube.com

f:id:gock221B:20180408014323g:plain

広告を非表示にする
#sidebar { font-size: 14px; }