gock221B

映画やドラマの感想ブログ 😺 殆どのページはネタバレ含んだ感想になってますので注意 😺 短い感想はFilmarksに https://filmarks.com/users/gock221b おしずかに‥〈Since.2015〉

ハリウッドザコシショウさん「R-1ぐらんぷり2016」優勝おめでとうございます🎩

f:id:gock221B:20160308173252j:plain

ついさっき「R-1ぐらんぷり2016」でハリウッドザコシショウが優勝した

 

 

 

natalie.mu

別にライブ等に足繁く通ってたわけでもないけど前から毎日更新されるYOUTUBEやTVで観て好きで応援してたので素直に嬉しかった。
ザコシショウが「決勝行くよ!」とつぶやいた時に胸騒ぎがした。
優勝はさておき、ついに今度こそザコシがブレイクへのスタートラインに立つ時が来たのか‥?そう思った。
賞レースでは優勝より、とにかくウケればいい
だが実際のところ、ザコシ出た瞬間に会場の湧きが、ザコシ登場に対してのものとは思えないくらいの熱気で「あれ?まさか今夜はザコシの夜‥?」という気配を感じて「ざわ‥」と、鳥肌が立った。
ザコシショウだが一戦目、二戦目ともに全くもっていつも通り‥いや、いつもよりゴールデンのお茶の間にお届けしやすいように再構成され、かなり清潔に洗練されていた。本人曰く、誰にでもわかるネタを厳選したらしい。
やり尽くされたモノマネを敢えてやる、誇張されたモノマネ、おまけのハンマーカンマーだった。ハンマーカンマーに至ってはもう「古畑のモノマネします」というフリップ出した瞬間に客が斬られて、後は既に死体となった客を撫で斬りするだけって感じのサービス感だった。
本当はもっと30分くらいやった方が面白い。ものまね始める前に「気になっちゃう‥」「神聖な‥」と体に付いたホコリを5分間くらい払うのが面白いので本当は通常ライブの方が面白い。彼はトークが下手だと言われているが誠実な人柄が感じられて良いし、誘い笑いもかなり良い。つられて笑いたくなり「これが面白いんだ」と教えられる。
ザコシのYOUTUBEちゃんねるでも観やすい中ではまず誇張ものまね。あと替え歌や数少ないコント。和田アキ子が勝俣を虐殺したり黒柳徹子がレディガガを虐殺したり小倉智昭のカツラが取れたり、みのもんたが女子アナの尻を撫で回したりする芸能人コント(※追記:この辺の危険なネタは規制のためか後日削除された)。
アラーキーのやつも完成度高くて大好き

www.youtube.com

あと、ダッチワイフをWWEレスラー風にラリアットでブッ倒して嘲笑うネタも大好き。ズボンをとにかく上まで上げる「ズボンを、あげちまわねえとね?」など色々ある。
ザコシショウのネタは、女性や若者と観てる時に爆笑したら「えっ何が面白いの?」と言われがち。だから俺は一人で観る。
私見だが女性は繰ったものや知的なお笑いが好きで裸や子供っぽいものが嫌い、若者はつい数年前まで本気でウンコとかチンコとか言ってたからザコシに同族嫌悪を抱く&世代が違うからネタやノリがわからない‥という理由で嫌いなんだと思う。
僕はというとザコシ氏と同い年だしザコシ氏同様、電気グルーヴのファンだったし、彼の親友のケンコバ中川家やバイきんぐなども好きだし、僕はザコシを好きになる要素が完備されている。そういったアラフォーは多い気がする。

絶対にザコシショウが一番面白いんだ。

 

 

しかし彼は、いつもずっと同じ面白さで厳選したものを披露しただけだったのに、大大会で優勝したらまるで「積み上げてきたものが今夜やっと絶頂に達した」という印象になってしまうのが何だか気に食わない。しかし、それが今のお笑い界の構造なので仕方ない。
この後、どうするんだろう?
彼は上手く喋られないので色んな番組で楽しくトークする様が頭に浮かばない。
コバや有吉や東野がアメトーク「ザコシ大好き芸人」をやるとか有吉の番組とか水曜日のダウンタウン等の藤井健太郎系番組、あとゴッドタンとかに出ると上手くいくのかも?
大きなお世話か、そんなの。

 

 

ついでに小島よしお
f:id:gock221B:20160306231828j:plain
ザコシショウだけを応援していたが小島よしおにも思いがけず心を動かされた。
1戦目で既に「そんなの関係ねえ!」やってるのにファイナルでもまた「そんなの関係ねえ!」のテーマが流れた時は「あ、他に手が無いんだ‥でも、よしおは『そんなの関係ねえ!』撃つしかないんだ……」と胸が熱くなった。
しかも前段のマリオネット芸もウケてないし。

「そんなの関係ねえ!」だけでなく「何の意味もない!」「ダイジョブダイジョブ~」「ピ~ヤ~」等、ありとあらゆる小島よしおギャグの乱れ打ちっぷりは、まるで少年漫画のサブキャラが自分では勝てず足止めしかできないラスボスに対して、それでも立ち向かっていき手持ちの必殺技を連打してるのを観てるかのようでネタが終わった瞬間に小島よしおが絶命してしまうのではないか、と心配するレベルだった。
しかし、よしおは「俺は今夜勝てない‥」と悟りつつも撃たないわけにはいかない。
小島よしおが、それだけ連打してもザコシを倒せるほどはウケなかった。

全部やりきって最後に仕方なくヤケクソでクルクル回り始めた時には、最高に男の仕事を全うしてるのを感じて感動した。

 

 


お笑いのことを文章で書いても面白くないので普段は書かないのだが、あまりにザコシ優勝が嬉しくて記念に記しておいた。
ハリウッドザコシショウさん、R-1優勝おめでとうございました

そんな感じでした
※追記:その後ザコシはちょtこちょこTVに出続け『ドキュメンタル』優勝を受けて今まで笑わなかった若者たちも笑い始め普通に人気者になった

「TROPICAL LOVE (2017)」電気グルーヴ/10数年ぶりにファンに戻ったら更にめちゃくちゃ進化してた⚡ - gock221B

🎩🎩🎩🎩🎩🎩🎩🎩🎩🎩🎩🎩🎩🎩🎩🎩🎩🎩🎩🎩🎩🎩🎩🎩
HollywoodZakoshisyoh - YouTube
ハリウッドザコシショウ (@zakoshisyoh) | Twitter
ハリウッドザコシショウオフィシャルブログ「南海ホークスは今!?」Powered by Ameba
www.youtube.com

f:id:gock221B:20160307040301g:plain

#sidebar { font-size: 14px; }