gock221B

映画やドラマの感想ブログ 😺 殆どのページはネタバレ含んだ感想になってますので注意 😺 短い感想はFilmarksに https://filmarks.com/users/gock221b おしずかに‥〈Since.2015〉

『アンブレラ・アカデミー』シーズン2 (2020) 全10話/シーズン1より面白かった。だがNetflixはタイムスリップやタイムリープばっかりすな!☂

f:id:gock221B:20200802123608j:plain
原題:The Umbrella Academy〈Season.2〉Episode.1~10
企画&総指揮:スティーヴ・ブラックマンほか 原作:ジェラルド・ウェイ

配信局:Netflix 製作国:アメリカ 配信時間:各話約60分、全10話

 

 

 

☂ロックバンド、マイ・ケミカル・ロマンスのヴォーカル、ジェラルド・ウェイが原作のアメコミ『The Umbrella Academy』をドラマ化した作品のシーズン2。
☂本作のざっくりした設定とシーズン1のざっくりしたあらすじ。
大富豪ハーグリーブ卿が同時刻に生まれたスーパーパワーを持った7人の赤ん坊を集めて鍛え上げスーパーヒーローチーム〈アンブレラ・アカデミー〉を結成。しかしメンバーの一人の子が戦死したりしたり色々あってチームは解散。更に時が経ち、義父ハーグリーブ卿の死を弔うため久しぶりに結集した元アンブレラ・アカデミー。その葬儀を欠席していたナンバー5が時空の狭間から現れ「世界があと8日で終る」と皆に告げる。元アンブレラ・アカデミーはそれぞれ自分探ししながらアポカリプスを止めようと奮闘するが、団結が足りないヒーローチームというものは『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』(2018)を観ればわかる通り勝利する事はできない。アンブレラ・アカデミーも大失敗した。それどころか地球滅亡の原因はアンブレラ・アカデミーだった。しかし地球が滅亡した寸前にナンバー5がパワーを使いタイムスリップした瞬間シーズン1が終わった。公式の総集編YOUTUBE観たほうが早いかもしれない。
つまり、キャラ紹介&世界の滅亡阻止がシーズン1だった。キャラ紹介は終わり世界の滅亡阻止を今度こそ成功させようとする。それがシーズン2。
ネタバレあり。

 

 

☂地球滅亡の寸前にナンバー5(以下ファイブ)のパワーで過去へとタイムスリップしたアンブレラ・アカデミーの7人。
だがファイブは独力でのタイムスリップが得意ではないのに複数人まとめて大規模なタイムスリップしてしまった為に、時間を遡りすぎた1960~1963年のテキサス州ダラスに7人バラバラの時間にタイムスリップしてしまった。
しかも一番最新の時間、1963年11月25日に出現したファイブは、アンブレラ・アカデミーの奮闘むなしく世界が終末戦争で滅ぶ光景を目の当たりにする。どうやらファイブの大規模タイムスリップによって「アンブレラ・アカデミーが要因となって世界が滅亡する」という結果も一緒に連れてきてしまったらしい。
ファイブは終末戦争によるアポカリプス直前に、再びタイムスリップして10日前の同じ場所に出現する。ファイブはアンブレラ・アカデミーを再結集し、10日後に訪れる終末戦争を止めて「アポカリプスが起きる可能性」を完全に消し、あらゆる時間軸を管理する秘密結社〈コミッション〉の、タイムスリップが簡単にできる〈アタッシュケース〉を入手して兄弟姉妹たちとこの世界から現代に帰還しようと奮闘する。
他のアンブレラ・アカデミーは、他のメンバーは死んだと思いこんで各々この時代で新たな出会いや何やかんやしてそれぞれの人生を歩んでいたが、やがてファイブを中心に結集し、終末戦争やタイムスリップを成功させようと色んな方法を試すが、なかなか上手くいかない。
やがて終末戦争は、アポカリプス数日前の1963年11月22日に起こる〈ケネディ暗殺〉が特異点として起きるのではないか?という感じになってくる。
そんで、この時代ではまだ生まれていないアンブレラ・アカデミーの養父であるハーグリーブ卿も当然まだ生きているのでアンブレラ・アカデミーは「養父なら何とかできるのではないか?」と思い彼に会いに行ったりもする。
前回もヴィランだったコミッションの女幹部(名前忘れた)が今回もヴィランなのだが、彼女はコミッションの良識派を皆殺しにして自分が総帥に成り上がろうとしたり、三人兄弟の暗殺者〈スウェーデン人〉を差し向けてアンブレラ・アカデミーを殺そうとしようとする。だが彼女が何故ファイブやアンブレラ・アカデミーの邪魔してるのか書こうとしても「そういえば何でだろ?」と、よく把握してなかった。まぁ多分「コミッションの存在や内情をよく知ってて自力でタイムスリップできるファイブや、この世界では数少ない超能力者であるアンブレラ・アカデミーが生きてたら後々、障害になるから消えて欲しい」って事かもしれない、とそう思った。

 

 




☂今回もまたテンポ早くてなかなか面白い。だけどシーズン1も最初は同様に面白かったんだが話が後半になるとストーリーの都合に合わせて登場人物たちの頭がどんどん悪くなって、相談すれば簡単に解決しそうな事も仲が悪いし全員コミュ障だったり自分探しがまだ終わってない若者なもんで団結を一切しないもんだから事態の悪化を招き続けて終わった感じで、観終わると割とどうでもいい印象になってしまっていた。
だが今回はシーズン1終盤で腹を割って相互理解が進んでた為か、情緒不安定だったり世界の命運という大きな目標より目の前の個人的な問題に目が行きがちっていう部分はあるものの、前回よりは利他的なヒーロー性や団結力があった、だからシーズン1ほどイライラせず最後まで楽しく観れた感じ。

☂キャラ的には、前回以上にファイブが殆ど主人公って感じの中心人物となって進む。
彼は「世界滅亡阻止」と「兄弟姉妹と共に元の時代に戻ること」だけを目標としており、そのためには誰を殺しても構わないって感じなのでヒーロー性は薄い。だが感情で突っ走って事態を悪化させがちな他のメンバーと違って、全く精神がブレず目標に突っ走るファイブは観ててイライラする事が無く快適に視聴できる安心感があった。
他のメンバー。現実世界でも同性愛者だとカミングアウトしたエレン・ペイジ演ずるヴァーニャは劇中でも年上の人妻と愛し合って世間のレイシズムと戦ったり、黒人女性アリソンが公民権運動で黒人の人権のため戦ったり、ゲイのクラウスがベトナム戦争で死ぬ未来が待ってる好きな青年を死なせないよう努力したり、シーズン1ではほぼ出番がなかった幽霊になってる東洋人青年ベンも活躍が増えて終盤に見せ場もあった。そういった多様性に配慮した要素が多かったのも現在の世相を反映してる印象だった。それにしても、このベン役の東洋人は爽やかでめっちゃいい感じだな。
好きな俳優はヴァーニャ役のエレン・ペイジ。彼女の話に戻るが、強大なパワーを持つヴァーニャだが彼女はシーズン1ラストで『X-MEN』のダーク・フェニックスみたいな強大なパワーに覚醒した。だが、そんな超パワー持ってたら苦戦しようがなくてストーリー作りづらいためか第1話冒頭のタイムスリップ直後に交通事故にあって記憶喪失になった。これで前回せっかく長い時間かけて、やっと覚醒したのに、また覚醒のし直しになってしまいテンション下がった。こういうのって物語を停滞させるための停滞って感じであまり楽しくない。まぁ再び能力が使えるようになっても只の警官に後ろから棒で殴られてすぐ失神したりしてたので大して違いはなかったが……。情緒不安定で世界滅亡のきっかけになりやすいヴァーニャは、やっぱダーク・フェニックスに似てるな。だが殆ど苦しんでるだけだったシーズン1と違って同性と恋愛したり誰かを助けたり他のメンバーやベンと心を通わせたりして、まともな活躍が増えていた。これを踏まえて次回はもっと中心人物になって欲しい感じ。
個人的に好きだったメンバーはルーサーとディエゴ。彼らはMCUで喩えるとドラックスと弱いバッキーという感じのキャラ。
ゴリラの身体を持つ怪力だが繊細すぎるルーサーは、巨漢怪力キャラにありがちだが、そのフィジカルとパワーが役に立つ場面は殆どないコメディリリーフで正にドラックスみたいな面白大柄枠。
ディエゴは髪と髭を伸ばしてて見た目が単純にかっこいい。最近の俺はキアヌ・リーブスとか『バイオハザード RE:3』のカルロスなど、こういった毛量の多い髭ロン毛の男が一番カッコいいルックスだと思ってるみたい。ディエゴは「格闘技とナイフが上手い」という「それってほぼ普通の人じゃない?」という気もするがとにかくディエゴは恋に落ちたり戦闘シーンも多めで面白かった。やはりヴァーニャのように数千人を一度に倒せるキャラは扱いが難しく本編の殆ど戦闘不能だったがディエゴのような常人と変わらんキャラは出番や戦闘が多くて良い。だけどラストバトルで念力で大量の銃弾を止めてたのは何だったんだろう?(あんなパワーあったっけ)。

☂ここからネタバレ多めになるが、ラストバトルで戦うディエゴと恋に落ちたコミッションの悪い女幹部の義娘、インド人のライラはアンブレラ・アカデミーと同日に生まれたがハーグリーブ卿に見落とされた能力者だった。説明はないが「対峙した能力者のパワーをコピーできる」という能力っぽかった。終盤になるまで格闘技以外全然パワーを使わなかったのは格闘とナイフ以外できないディエゴとずっと一緒だったからだろう。
最後の最後のネタバレだが、何とか終末戦争を回避して元の時代の屋敷にも戻れたアンブレラ・アカデミー。しかし1963年に大暴れした影響なのか元の世界とは少し違った世界になっておりハーグリーブ卿もベンも健在だった。そしてハーグリーブ卿はアンブレラ・アカデミーではなくベン率いる〈スパロー・アカデミー〉というスーパーヒーローチームを結成していた。今回はここで終わり。シーズン1のラストは、俺が嫌いなクリフハンガーの真っ最中にぶつ切りになって終わるタイプのラストだったが今回は「一つの事件は一応解決して、次の事件の冒頭だけチラ見せして終わる」という良いドラマの1シーズンの終わり方で良かった。
アンブレラ・アカデミーは1963年で色んな無茶やったので世界線が変わってもおかしくない出来事が多すぎるが、やはりディエゴが義母とハーグリーブ卿の結婚を潰したからこうなったのは間違いない。全員の名前とパワーをハーグリーブ卿に教えてしまってるのでハーグリーブ卿はアンブレラ・アカデミーに対抗できる能力者を集めたのかもしれない。だがスパローはシルエットだけで誰が演じてるのかわかんないので全員アカデミーと同じ俳優が演じてるアンブレラ・アカデミーの色違いという可能性もある。エレン・ペイジのイケイケキャラとか観たいので個人的にはそっちの方が観たい。
「自分探し&世界滅亡回避編」は終わって次シーズン3は「アンブレラ・アカデミー vs.ハーグリーブ卿&アンブレラ・スパロー」って感じか。スパローを倒す楽しい展開と、今まで一度も子供達と心を通わせた描写がなかったハーグリーブ卿との真の和解が描かれるのかな?それにしてもハーグリーブ卿は宇宙人とか怪物みたいな人間以外の存在のようだが、その設定っているか?普通のジジイでよかったんじゃないか?
しかしシーズン3も楽しみにしとこう。スパロー・アカデミーのメンツが早く見たい。

☂まぁ、そんな感じで2日に分けて一気観するほど面白くはあったが心に残るものはあまりなかった、だがシーズン1よりずっと面白かった『アンブレラ・アカデミー2』の感想でした。
やっぱ、若者向けのNetflixオリジナル作品や深夜アニメとかゲームって、やたらとタイムスリップやタイムリープや平行世界が出てくる作品が多すぎるよね。てっとり早く面白くできるからか。でも、それらの要素って諸刃の剣っていうか乱発すれば作品が薄っぺらくなる部分がある。何か失敗したり誰か死んでも「まぁタイムスリップすればええやん」と思うので目先の面白さは得られるが「死なないで!」といった緊張感は減っていくよね。『アベンジャーズ エンドゲーム』(2019)でも、11年間キャラを増やして育てまくった末での一度きりのタイムスリップだから「おお!タイムスリップしおった!過去のアイツが出た!」とか感慨深いわけだし平行世界も散々引っ張って13年目にやっとやるみたいだしMCUの性格からしてタイムスリップとか平行世界とか死者の蘇生は多分一回きりっぽいよね。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』も「これでタイムスリップ失敗したら次はない!」とかハラハラ感を色々工夫してますよね。本作の場合、ファイブが自力で出来なくもないし常人が運営してるコミッションに行けばノーリスクでタイムスリップできるカバンが数千個あるので、どうしても「頑張れば何千回でもタイムスリップしてやり直せるんじゃない?」という軽い気持ちになってしまいがち。本作の場合、軽いノリでタイムスリップするのが楽しいし売りだと思うけど緊張感はどうしても減っていくというリスクもある。本作の場合「五体満足でタイムスリップできるが、その度に別の危機が生まれる」という続編に繋がる『バック・トゥ・ザ・フューチャー』的なタイムスリップ・リスクを取ってるわけか、それはそれで一つのやり方ではあるか。
Netflixに入ってると新作が配信される度にタイムスリップや並行世界を扱った若者向けSFやアニメが多すぎて、その度に「タイムスリップすな!」「同じ一日を繰り返してばっかり……もうタイムリープすな!」と、しょっちゅう思わされがちなので書いといた。それっと俺がついついそんなもん再生してしまうから表示されるのかも。
出来れば人生をやり直したい?そう思ってそうな現代の我々下級国民の気持ちに寄り添ってタイムスリップやタイムリープや並行世界ネタが多いのかもな?たしかにそれは言えてるかも。「この世は仮想現実説」も好きだし。だが出来ることなら「時間を繰り返したりせず一回きりの人生やっていこうぜ!」と強く言いたい。本当はやり直したい気持ちがあるので強くは言えないが、なるべくそう思えるように思いたい。……といった弱い結びで終わりたくはないがそろそろ潮時なのでこの感想も終わるか?
一行目まで遡って感想を繰り返すってのはどうだ?

 

 

 

そんな感じでした

gock221b.hatenablog.com

☂☂☂☂☂☂☂☂☂☂☂☂☂☂☂☂☂☂☂☂☂☂☂☂☂☂☂☂☂☂☂☂☂☂☂

www.netflix.comThe Umbrella Academy (TV Series 2019– ) - IMDb
The Umbrella Academy | Dark Horse Digital Comics

www.youtube.com

www.youtube.com

Amazonアンブレラ・アカデミー ~組曲「黙示録」~ (ShoPro books) ※書籍、邦訳
Amazon: The Making of The Umbrella Academy (English Edition) ※Kindle
Amazon: Umbrella Academy Volume 1: Apocalypse Suite (English Edition) ※Kindle
Amazon: Umbrella Academy Volume 2: Dallas (English Edition) ※Kindle
Amazon: The Umbrella Academy Volume 3: Hotel Oblivion (English Edition) ※Kindle
Amazon: The Umbrella Academy #0 (English Edition) ※Kindle

f:id:gock221B:20200802130840g:plain

#sidebar { font-size: 14px; }