gock221B

映画の感想ブログ 🤴 おしずかに‥〈Since.2015〉

「ハミングバード (2012)」イースタン・プロミス脚本家によるアクションよりドラマ中心のステイサム映画➕

f:id:gock221B:20190211134507j:plain
原題:Hummingbird 監督&脚本:スティーヴン・ナイト
製作国:イギリス 上映時間:100分

 

MEG、ワイスピと観て唐突にステイサムにハマったので加入しているHuluとネトフリを検索したら死ぬほどステイサム映画あった。忙しくなるぞ。
これは「イースタン・プロミス」の脚本家の監督デビュー作。ネトフリで観た。
今回は内容全部書いてしまう系の完全ネタバレスタイルで

 


Story
f:id:gock221B:20190211132527j:plain
アフガニスタンの戦場で5人の仲間を殺され、報復のために敵を5人殺した特殊部隊兵士ジョゼフ・スミスジェイソン・ステイサム)。逃亡した彼は無人偵察機ハミングバード〉に監視されていた。
彼はロンドンでホームレスをしていたが、唯一心を通わせた少女イザベラがギャングにさらわれてしまう。
彼はシスタークリスティナと触れ合いつつ、裏社会でのし上がっていくと共にイザベラの行方を捜すが――

 

 

f:id:gock221B:20190211133853j:plain
あらすじは上の通りなんだが、冒頭で落ち武者ヘアのホームレスのおっさんが少女をかばってギャングにボコられている。男は、ほうほうの体で逃げて留守にしている豪邸に入り込む。豪邸の主はしばらく留守にしてるようで男はしばらく住むことにした。都合がいいことにキャッシュカードとかもあって金使い放題だ(そのへんの都合は大人のおとぎ話って事でひとつ)。男がシャワーを浴びて髪をそって‥あぁこのホームレス、ステイサムだったのか。ネトフリで再生して、ながら観してたから気づかなかった。
ステイサム演じるこのジョゼフは、仲良かったホームレス少女がギャングにさらわれた事を知り、自らもギャングになって成り上がりつつイザベラを探す。
男の正体は、元々特殊部隊だったステイサムなので髪切ってハゲになりさえすれば無敵だ。ステータス0だったがゲーム開始と同時にレベルアップする様子が何だかGTAみたいだな(GTA4主人公はステイサムがモデルだしな‥というかGTA4がもし映画化された時にステイサムじゃなかったら怒るぞ。そういえばロックスターは映画大好きな癖にGTAとかレッドデッドとか頑なに映画化しないよな。200%オファーは来てるはずなので断ってるって事だろう。なぜ‥何か計画があるに違いない。。)
‥と脳内たれながしな感じで思考がそのままあふれた様子を書き留めてしまった。話を戻して主人公ジョゼフは、炊き出しをして食べ物を恵んでくれて下町の貧しい者達から〈天使〉と呼ばれているシスターに淡い愛情を抱いている。

f:id:gock221B:20190211134012j:plain
ジョゼフは成り上がりつつ、シスターと共にイザベラの行方を探す。
ジョゼフには妻と娘がおりバッタリ出くわしたりする。妻は成り上がってばっちりスーツを着込んだステイサムに「あんたが消えてから金がなくて私は家賃払うために大家にフェラしてんのよ!このハゲ!」と罵倒してくる。きっつ‥、こんな哀しい台詞書くなよ‥と気が滅入ってくる。まぁとにかくロンドンの貧困層の魂を出来るだけスクリーンに焼き付けようとしてるんだな。
とにかく今のジョゼフは〈シスターへの愛情〉〈妻子の貧困問題〉〈イザベラの行方〉のために生きている。全部、女のことだな。
ジョゼフのギャングパートは、なにしろステイサムなので無双状態でどんどんステップアップしていく。ホームレスから一気に小金持ちになる。
ジョゼフは食事を恵んでくれたクリスティナに、ギャングで稼いだ大金を渡す。
クリスティナはその金を協会に寄付するが、少し取ってバレエのチケットを買う。
時折、シスターのクリスティナと会って話したり、デートする場面がある。
普段は真面目なクリスティナだが酔っ払ってジョゼフにキスする。クリスティナもまたジョゼフを少なからず思っていたのだ。
だがクリスティナは修道女であるにも関わらずジョゼフに心が揺れ動く自分を律したかったのかアフリカでのボランティアに身を投じる事にした。
2人が一緒にいれる時間は僅かだ。
クリスティナがジョゼフに語った過去「クリスティナは子供の頃、バレリーナになりたかったが父に体操を習わされた。体操のコーチは少女の私に17回レイプしたので喉を斬り裂いて殺した」と語る。クリスティナがシスターになった理由だ。
戦争で虐殺行為してしまったジョゼフと自分をレイプして相手を殺したクリフティナ、とっくに心が死んだ状態で生きていた2人が出会って惹かれ合いロンドンの片隅で身を寄せ合っている。
2人は一度結ばれた後、ジョゼフは「2人で遠くに行って暮らさないか?」と言うが、クリスティナは断る。

f:id:gock221B:20190211133910j:plain
そんなロンドンの貧困層を食い物にするギャングや富裕層。
ジョゼフが探していたイザベラは彼らに娼婦にされて殺された事がわかる。
ジョゼフはクリスティナが誘ってくれた有名バレリーナの最後の公演、2人の最後のデートをすっぽかし、犯人が居る高級ホテルの屋上のパーティに真っすぐ行き衆人環視の中、犯人に「下にいる者の事を知れ」と言って持ち上げてそのまま投げ捨てて殺す。
あまりにもダイレクトな殺し方すぎて驚いた。
よいしょっ‥と両手で頭上に持ち上げ、そのまま「えいっ‥」と‥エキプロ(WWEのゲーム)のロイヤルランブルでロープ上からリング下に投げ下ろすムーブそっくりな動作で無造作に投げ捨てたのでインパクト強かった。
これが普通の大作とかだったら「落とすぞ」とビビらせ→何かカッコいいこと言って投げずに立ち去ろうとして→男が撃ってくるのを返り討ち!という流れで終わるパターンが多いが、こんなに単純に投げ捨てるのは滅多にないのでハッ!とさせられた。
その直後、ベロベロに酔っ払ったジョゼフはバレエを観た後のクリスティナに会いお別れを言う。
持ってた大金は全て貧しい妻子と教会への寄付に回し、自分がいたギャングの組織の人身売買について警察に通報した。
やる事を全て終えたジョゼフは元のホームレスに戻るという。僅かな間、また人間みたいに一緒に過ごせた事を手紙の中でクリスティナに告げる。。
だが、アフガニスタンの件以来逃亡していたジョゼフを探していた無人偵察機ハミングバードが彼を発見して終わる。
まぁ逮捕されるか射殺されるかはわからないが、映画のラストとこれが重なってるって事は、映画のラストと同時にジョゼフは死んだも同然だ。実質的に。
というか映画開始時にはジョゼフは本当は死んでいて本編の短い期間、再び生き返ってクリスティナと愛の交換、ホームレス少女の復讐、妻子や教会への援助‥など有意義な事をして、再びもう蘇ることのない本当の死を迎えて終わった感じか。

 

 

f:id:gock221B:20190211160233j:plain
ステイサム映画だけにアクション中心の爽快な映画かと思って観たら、こんな悲しい話で、意表を突かれて凄く心に来るものがあった。
90年代位までにイーストウッドとか東映ヤクザ映画でやってそうな話っぽい。
ジョゼフとクリスティナが傷ついた身を寄せ合う感じ。そして何よりも「ジョゼフを無人偵察機ハミングバードが捜索し続けている」というタイトルや設定がいい。
要するにハミングバードというのは死神のメタファーで、ジョゼフがホームレスとして死んだように生きてた時は発見しなかったが、彼が蘇って善行をした事で目立ってしまいハミングバードに発見されてしまう、というのが何とも良い感じだ。
ステイサム主演だからこそ本作を観たわけだが「ステイサム=強すぎる異能生存体」というイメージが強すぎるせいでストーリーと若干合ってない感じがした。これはもっと強いイメージがない普通の俳優がやった方が効果的な話だったかもしれない。
だけど、それなら俺はこれ観てなかったので、やはりステイサムで良かったのか。
とてもじゃないけどハリウッドで大ヒットするような映画じゃないけど、もう少しだけブラッシュアップしてフックがあれば「イースタン・プロミス」くらいにはなれた気がする。‥何か、ただ映画見てるだけでこんな偉そうな事言うのは気が引けてきた。
だけど凄くいい話だったので「これが小品じゃなくもっと金かけた大作で大ヒットしてもっと大勢が観てたら良かったのに!」という不思議な気持ち湧いて俺にそう思わせた。
これ観た直後なんか悲しくなってきて、すぐ明るそうなステイサム映画観た

 


そんな感じでした

《ステイサム主演映画》
「MEG ザ・モンスター (2018)」異能生存体ジェイソン・ステイサムが巨大鮫と対決!良くも悪くも18年前の作品みたいな映画🦈🦈 - gock221B

「ワイルド・スピード SKY MISSION (2015)」「ワイルド・スピード ICE BREAK (2017)」ステイサム目当てで初めて観たけど普通に面白かった🚗 - gock221B

「バトルフロント (2013)」スタローン制作&脚本でステイサム主演の、底辺の荒らしを直接論破してプライドを傷つけたら被害が増えるという話😼 - gock221B

www.imdb.com

www.youtube.com

f:id:gock221B:20190211162010g:plain

#sidebar { font-size: 14px; }