読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gock221B

映画その他の感想用ブログ(2015年開設) http://gock.flavors.me/

「残穢【ざんえ】住んではいけない部屋(2015)」折角面白かったのに最後に自ら台無しに/霊感人妻美人不動産レディの思い出

f:id:gock221B:20170120200900j:plain
監督:中村義洋 製作国:日本 上映時間:107分

読者から募集した怪談を短編小説にしている作家が主人公「私」竹内結子)。
昨年末、ネット配信してた「鬼談百景(2015-2016)」は「送られてきた怪談を本作の主人公(竹内結子)が発表している」という少し変ったスピンオフだった。
※「鬼談百景」の百話目が本作「残穢」だそうです

前半までは傑作
f:id:gock221B:20170429215805p:plain
そんな主人公(竹内結子の元に女子大生「久保さん」(橋本愛)から「部屋から、布と畳がこすれる音がする。振り返っても誰もいない」というメールが来る。
2人は会って、共に調査を進める。
「布が畳にこすれる音‥っていうのは着物着た女が首つり自殺して着物がこすれる音だと思うんです」と、ミステリー研究会にいただけあって想像力豊かな橋本愛
そして、それを「ナルホドね~」と受け入れて調査に参加する竹内結子も、冷静に考えたら少し変った女性がする。
きっと二人とも不思議な事が好きなんだろう、僕は二人をすぐ好きになった。
橋本愛の住むマンションでは、すぐに引っ越してしまう人が続出したり、よそへ引っ越した元マンション住人が不審な死を遂げたりする。
橋本愛も怖くなって他所へ引っ越す。
不審死を調べ、更にその原因となったらしき事を調べ‥と、どんどん辿って調べていくうちに死が過去から続いている繋がりがあったりする。
竹内結子が知らない間に短編小説にまとめて発表していた鬼談百景」へも繋がっていたりする。
「色々な忌まわしい出来事が実は全て繋がっており、自分達にも繋がっていた」
正に「『祟り』とは何かを論理的に具現化したもの」って感じで凄く面白い。
Jホラー的な幽霊が出たり怪異が起きたりしても、それらは全て夢やイメージ映像で「この映画は従来の幽霊が出るJホラーから次の段階に行った新しいもの」を打ちだしている。恐らくこの部分がこの映画の一番いいところ。
この第一幕‥前半まではめちゃくちゃ面白い。

中盤、廃屋の探索
f:id:gock221B:20170429215053p:plain
主人公2人の話を聞いて面白がった、平山夢明がモデルのホラー作家(佐々木蔵之介)や、イケメン心霊マニア青年と四人のWデートスタイルで祟りの根源となる廃屋を調査する。
この佐々木蔵之介演ずるホラー作家は躁病的に元気で目をカッと見開いたシャブ中的マジキチスマイルをしている元気で面白いキャラだし、イケメン心霊マニアも面白いキャラっぽい。だけどハッキリ言って居ても居なくても何の問題ないキャラだし特に役に立たない。
そして、この2人のキャラは幽霊を全く怖がっていない、逆に見たがってるくらいなので、もし仮に幽霊が出て来ても全部やっつけてくれそうな雰囲気がするので映画の怖さが一気に下がってしまった。
実在の人物がモデルのキャラを祟らせるわけにいかなかったのか最後で祟られてないのもつまらなかったし。
だからキャラは良かったんだが、この二人は居ない方がよかったかもしれない。
だけど竹内結子橋本愛の女二人だけで探索するのは不自然だ。
これなら違う一般人キャラ‥編集部のオッサンとかオバサンとか主人公の夫とかをこのポジションに当てた方がよかった。

ここまでの面白さを全て消し去る後半
ざっくり言うと、土地や建物そして伝承そのものに穢れ(けがれ)があり、それが長年に渡って関係する人たちに伝播していって祟りが人知れず伝染病の様に人々の間を伝っていっている。。
という話で「直接に幽霊や怪異を描かず、もっと現実的に祟りを表現する」というコンセプトは凄くよくて「これは事故物件ミステリーホラーという新しい邦画ジャンルの誕生か?」とワクワクしていたが、最後に全て台無しになった。
ざっくり言うと幽霊を出してしまう。
幽霊もJホラーも大好きだが、本作には幽霊出しちゃだめだ。
たとえるなら「推理小説を読んでいたら全てのトリックはエスパーが超能力使ってやってました」って感じに似たガッカリ感があり、一気に「世にも奇妙な物語」とかのどうでもいい怪談レベルに落ちた感があった。
竹内結子が突然、首が痛くなってコルセットを付けて出てくるところでギョッ!とさせ、後で「祟りじゃなかったし治った」とスカすところなども凄く気が利いててよかった。
それだけにラストが凄く残念だった。
もっと心霊現象だか精神失調かわからないラインの表現に留めるべきだったと思う。
竹内結子に怖い電話がかかってくるところくらいで終わればもっと名作だった。
ここまで「どんな人にも起こりうる」系の現実的な怖さで、穢れとか祟りを繊細なタッチで描いてきたのに、幽霊の攻撃が起きて台無しだ。
百歩譲って「リング」の貞子がTVから出てくる場面くらい革新的で怖いシーンなら「穢れや祟りの可視化だ!」と褒められるが、ショボくて怖くもなんともないCGの幽霊が出てきた。
丁寧に描いてきた価値あるものを自らブチ壊すスタイル。
金のかかった邦画はあちこちの偉い人から全く真逆の意見を複数出されて大変だと聞く。きっと「Jホラーなんだから呪怨みたいな奴を最後に出しとけよ!」とか、クライアントに言われたのかもしれないが中盤まで本当に丁寧に新しい事してるのに残念だった。
全部面白くないならどうでもいいが、中盤まで面白かっただけに残念だった。
事件解決した後なのに近所の子供達が虚空を見てたりと、面白いカットもあった。
それだけに電話かかってくるところで終わってれば、と思わずにいられない。
あと細かい話だけど↑この映画のジャケだが、竹内結子が常にかけてる眼鏡を外してるので主人公じゃなくて只の竹内結子が写ってるという事になる。眼鏡を外すな
そんな感じで前半は傑作→中盤は普通→後半はクソ‥って感じの流れだが、前半の面白さがあまりにも輝いてるので、後半のクソさを考慮しても本作は「面白い映画」の部類に入ると思う。

竹内結子橋本愛
f:id:gock221B:20170429215545p:plain
竹内結子演じる人妻作家の主人公が単純にかわいかった。
画面に映る時は大体このスタイルで、ノートパソコンの液晶の灯りが顔や眼鏡に反射する水族館効果で美人度もアップしている。
原作読んでないので推測だが、このキャラは多分作者の分身だろうし、おそらく美人という設定ではない普通の中年女性だったんだろう。
竹内結子も眼鏡にボサボサ頭にモサい服装で「普通のオバサン作家」を演じている。
僕はこの、美人女優がモサい恰好で無理矢理「平凡な女」を擬態してる様が好きだ。
竹内結子のホラーといえば90年代に日本を席巻した傑作「リング」で、名アバンタイトルで貞子に呪い殺される女子高生「親戚のともちゃん」を演じている(ちなみに相方は佐藤仁美)
f:id:gock221B:20160611001043j:plain
あと去年、感動させられた「インサイド・ヘッド」で、主人公の吹き替えをアトラクションのお姉さん風に好演していて「竹内結子の声っていいな」と思った。

f:id:gock221B:20170429215602p:plain
あと橋本愛も可愛かった。
10代の時のお人形さんみたいな美少女の時は興味なかったが、太ったり痩せたりを繰り返してるうちに美人だが妙に顔がでかく見えるという歪な美人になってしまった。しかしそれが却って人間味を感じさせるので美少女だった時よりも魅力を感じる。

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ 

霊感人妻美人不動産レディの思い出
映画と関係ないが、他に披露する所がないのでついでに書いておく
僕は今住んでる武蔵野市のアパートに数年前から住んでるが、友人から教えてもらった最寄りの親切な不動産屋さんを紹介してもらった。
僕を担当してくれたのは見た感じ30代半ば~後半くらいの凄く美人でサバサバした明るい女性Aさんだった。夫と幼い子供がいるそうだ。
内件で何件か回っていて、林に囲まれた薄暗い物件に行った。
「薄暗いなぁ」と思いつつ部屋の中に入ったが、何か嫌な感じがした。
僕は何も自分に霊感があると言いたいわけではない、しかし誰にでも何となく嫌な感じの建物や部屋の雰囲気はあるでしょう。
部屋に入って「何か嫌な感じだな」とボンヤリ部屋を見ながら内心「この部屋はないな」と思った。
しかも俺は1Kの部屋と言ったのに、その部屋はどう見ても四畳半くらいの広さしかない。
「間違えたのかな?まあいいや、この部屋には住まないけど、せっかく連れて来てくれたから一応、部屋見てるフリだけでもしとくか」とキョロキョロ見回していたら、その人妻不動産レディAさんが
「ここはナイですねっ!こんな所住まなくていいですよ行きましょうっ!」と言う。
俺は「( ‘_ゝ‘)?」という顔でいると、Aさんは「早く出ましょう!こんなとこ一刻も早くっ」と言うので部屋を出た。
共に車に乗り込みながら「まるでオバケでもいたみたいだな」と思った僕は半ば冗談で「なにかオバケでも居ました?笑」と訊くと
「はい、いましたっ。小柄のオジサンが部屋の隅に体育座りしてましたっ!」と言う。
部屋も後から内見図を見ると四畳半ではなく1Kだった。
地縛霊とやらのネガティブパワーで狭く見えていた‥?
「ひょっとして、そういうものが見える人ですか?」と訊くと、Aさんは「見える人です笑。よく見えますっ!」と言う。
ここは常識に習って「そういうのって小学生の頃によく見たりするって言いますよね」と言うと、Aさんは「いえ、私30代ですけど未だに見ます(^o^)昨夜も主人と子供と夕食を食べてる時、壁の方を見ると人がすり抜けて入って来ましたっ!黙ってましたけど」と言う。
どのように見えるのかと訊くと、我々が人間を見るようにハッキリクッキリ見える、しかし明らかに人間ではない事だけはわかるのだと言う。
そこまで話すと「すみません!笑 気持ち悪いですよねっ!?こんな話っ!すみません!私、気持ち悪くてすみませんね~っ!( ´・ヮ・‘)」と言った。
僕はAさんを魅力的な人だなと思った。
この後飲みに行ってオバケの話をもっと聞きたかったが、人妻だし食事に誘うのは非常識に思えて、やめた。
この文章を読んでいる貴方は「大人ならAさんを統合失調症と断ずるべきだ」と思うかもしれない。しかし彼女からは、霊感があることを語る人特有のヤバい雰囲気は感じなかった。
というのも、そういうヤバい人が放つバイブスをAさんからは感じなかったし、物凄く明るくサバサバした‥寅さんみたいな下町っ子的な喋り方する女性だった。
そんなキャラにも関わらず霊が見えると言い切るのが心にヒットしたのかもしれない。
同じ美人でも中谷美紀とか橋本愛みたいなミステリアスな女性が言ったならキャラに合ってるが、長澤まさみみたいに明るい‥しかも不動産屋がそんな話をし始めたので意表を突かれた。
幽霊がいるのかいないのかは知らない。
一応、大人なので幽霊は居ないと思っているし、たとえこの目で見たところで「霊を見た」と思っていても良い事など何もないので忘れるようにしている。妙なものを見た事も数回あるが全部目の錯覚だと思っている。
しかし、もし友人などが「霊を見た!信じてくれ」と言ったら信じる(何故なら、そういう時に信じないという選択肢に良い事がないからだ)
とにかくAさんは霊視や美人という事を抜きにしても、面白そうに見える人だった。
別の良い物件に住み二年後、契約更新の時にAさんの事を訊いたら、もう辞めてしまったと聞いた。
彼女は本当に霊が見える人だったのだろうか?
それとも精神的な要因や育児ノイローゼかなんかで調子悪くなってたのだろうか?
よくわからない。しかしとにかく魅力的な人だった。

そんな感じでした

gock221b.hatenablog.com

www.youtube.com

f:id:gock221B:20170429201045g:plain

広告を非表示にする