gock221B

映画やドラマの感想ブログ 😺 殆どのページはネタバレ含んだ感想になってますので注意 😺 短い感想はFilmarksに https://filmarks.com/users/gock221b おしずかに‥〈Since.2015〉

「ダークハウス (2015)」悪魔の強さ=人間が連帯できないところ┃ジェームズ・ワン制作オカルトホラー映画8本総括👿

f:id:gock221B:20161213222620j:plain
原題:Demonic 監督:ウィル・キャノン
制作国:アメリカ/イギリス 上映時間:83分

 

ジェームズ・ワンが制作に関係したオカルトホラー映画を色々観てきたが、まだ観てないのがあったので観た。DVDスルー作品。
詳しい概要はよくわからないが「ライト/オフ」みたいな感じで、ジェームズ・ワンは映画製作自体にはあまり関わってないけど配給に力を貸してフックアップした感じの映画かな?

Story
幽霊屋敷と呼ばれている廃屋で、心霊現象を研究している数人の若者が惨殺された。
捜査を担当するルイス刑事は精神分析を得意とする恋人クライン博士(マリア・ベロ)を現場に呼び、唯一の生存者ジョンから事件の真相を聞き出そうとする。
ジョンはクライン博士に「皆、降霊会で呼び出された悪魔に殺された」と話し始めた。。

みたいな話。
大作に幾つも出てる様な有名な俳優はマリア・ベロくらいしか出てない。
多分すごく低予算映画なのだろう。
幽霊すら殆ど出てこず、心霊現象もモロに霊とかは出て来ずに見切れでチラッとだけ見えるような撮り方や、機器の不調とかで色々工夫していた。
f:id:gock221B:20170113155534g:plain
映画の冒頭で、降霊会をしていた若者たちの殆どは死んでしまっている。
唯一、生き残って保護されたジョン。
そして現場からはジョンの恋人ミシェル、そして彼女の元カレでジョンとは犬猿の仲である心霊研究会リーダーのブライアンの遺体が見つからない。
本当に憑りついた悪魔が殺したのか、それともジョン、ミシェル、ブライアンの誰かが犯人なのか?
という真相が、ジョンがクライン博士に語る回想シーン、屋敷のあちこちに設置してあったカメラやメンバーが手に持ってたカメラ等のPOV映像などで描かれていく。
ホラーというよりは殆どミステリーものみたいな感じ。
幽霊とか心霊現象などをバンバン描けない代わりに、現在進行形の捜査や尋問、回想やカメラ映像による過去の描写が巧みに入れ替わる。
この時制の入れ替わり方やタイミングが、かなり上手いので映画の中で殆ど面白い事は起きないにも関わらず興味が持続する。
‥という派手な事は起きないという前情報を知ってて、オカルトとミステリー両方が好きな人ならそこそこ楽しめる。

 

 


他人に説明できないものに対して我々が出来る事は何もない
やりくり上手っぽさ以外の映画的な面白さ的には、ラストが良かった。
この映画は刑事や警察や学者等の、この世で一番のリアリストたちが万物の理に乗っ取って合理的に捜査を進めていき、それによってどんどん真相が明らかになっていくのが面白かったわけだが、最後の最後で科学の枠を超えたものが出てきて終わる。
そこに至って主人公の刑事と学者のリアリストカップルが最後に言う
説明できない。無理だ」という台詞の絶望感が凄くて不思議なカタルシスがあった。
警察や学者などの人‥ひいては現実に生きる我々は、起きた出来事の証拠を見せたり他人に明確な説明が出来て初めて「それは起こった」という説明になるのであって「説明できない限り悪魔が出現しようが世界がもうすぐ終わろうとしていようが、誰も説得できないし滅亡の寸前まで我々は連帯できない」というラスト。ここに凄くしびれた

‥と書くと何となく面白そうに聞こえるかもしれんが、自分はいろいろ汲み取って観たからまあまあ面白かったが、どっちかというと面白くないと思う人の方が多いと思う

 


そんな感じでした

「死霊館 (2013)」Jホラーっぽい前半とアメリカ映画っぽい後半の組み合わせが良い - gock221B

「インシディアス(2010)」「インシディアス 第2章(2013)」2本続けて観た方が面白い。時空の流れに逆らって悪霊退治 - gock221B

「インシディアス 序章 (2015)」面白かった!監督が製作に回ったシリーズものや前日譚は大抵つまらないものだが本作は良かった - gock221B

「ライト/オフ(2016)」 それなりには面白かったが、短編と予告編で全てを出し切ってた印象 - gock221B

「アナベル 死霊館の人形(2014)」凄く良かった!決して悪魔を倒せない理由。隣の部屋と走ってくる幼女は怖い - gock221B

「死霊館 エンフィールド事件(2016)」何かもう横綱の相撲みたいな洗練されきった貫禄! - gock221B

「アナベル 死霊人形の誕生 (2017)」ジェームズ・ワン制作ホラー10本の中でダントツでつまらないノンアルコールビールの様な出来だった - gock221B

「インシディアス 最後の鍵 (2018)」凝ってて面白いがシリーズのファンじゃない人は楽しめないかも。〈彼方の世界〉のツインピークスっぽさ🔑 - gock221B

👿👿👿👿👿👿👿👿👿👿👿👿👿👿👿👿👿👿👿👿👿👿👿👿
www.imdb.com

www.youtube.com

f:id:gock221B:20170113155708g:plain

#sidebar { font-size: 14px; }