gock221B

映画その他の感想用ブログ

「ブラックパンサー (2018)」ワカンダフォーエヴァーしに観に行ったらジャバリ族になって帰宅した🐱‍👤

f:id:gock221B:20180207131204p:plain
原題:Black Panther 制作スタジオ:マーベル・スタジオ
監督:ライアン・クーグラー 製作:ケヴィン・ファイギ
製作国:アメリカ 上映時間:134分
シリーズ:マーベル・シネマティック・ユニバース

 

MCU作品18作目。「シビル・ウォー/キャプテンアメリカ (2016)」で顔見せ的初登場を果たしたブラックパンサーの初単独作。
ブラックパンサー、公開初日に行けず既に観た人の感想を聞いてしまい、すっかり観た気になったので「レンタルでいいか」と思ったのだがそれでは月末の「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」を観る時に不充分なので観た。
クリードチャンプを継ぐ男 (2015)」のライアン・クーグラー監督作。クリード役のマイケル・B・ジョーダンヴィラン、キルモンガーを演じる
今更ながらMCUは何かと言うと年取った自分の現在の少年ジャンプ。
映画だと思うとしんどくなる時もある‥というのがアメコミも好きだが映画も好きおじの間での悩みでもあるようで僕もそうだったが、連載少年漫画だと捉えると、一気にウィークポイントが解消されて楽になった。これに10年近くかかった。
少年漫画っつーかアメコミだと思えば、世界そのものを更新しながら永遠に続くのがアメコミのいいところなのでMCUも映画を舞台にしたアメコミだと思えば七面倒臭い文句も出てこなくなるのでオススメ。
アメリカ本国では、内容がばっちりアメリカ国内の状況やハリウッド業界への回答となってる事もあり、興行的にも批評的にも大フィーバー状態となり「アベンジャーズ(2012)」「スター・ウォーズ 最後のジェダイ(2017)」「ダークナイト(2008)」を抜いてアメリカ国内の歴代映画興行収入第5位にまで上り詰めた(世界全体で見ると12位)
※追記:これ書いた一週間後「タイタニック」抜いて全米映画史上3位、全世界で10位に上がった
そういった事情を加味して考えないアメリカ人じゃない者は「面白いけど何でこれがそんなに人気なの?」と思いがち。
既に観た人なら「そんな事知ってる。今更か」と思われそうな感想になるだろうし最初は感想書くのやめようかと思ったが、まだ映画観てない人にとっては既に書かれた感想は明日には「全て過去」になるという意味で全てが同じ価値のものになってしまうので、まるで公開初日の映画を観た奴の気持ちで感想書くことにした。
原作のブラックパンサーは読んでないので「アベンジャーズX-MENとたまに共闘する地味な人」という原作の彼の印象と映画シビル・ウォーでの彼しか知らない
完全にネタバレしてるので注意

 

 

Story
f:id:gock221B:20180402093659p:plain
アフリカの秘境に位置する小国ワカンダの若き国王ティ・チャラチャドウィック・ボーズマン)、またの名を漆黒のヒーロー<ブラックパンサー>。
2つの顔を持つ彼の使命は、祖国である超文明国家ワカンダの秘密ヴィブラニウムを守ること。
ダイヤモンド以上の硬度を持ちウラン以上のエネルギーを放出するヴィブラニウムによってワカンダの科学技術は地球で最も‥殆どSF映画の世界に突入しており、また差別も諍いも殆ど無い地上の理想郷を体現していた。
しかし、他のアフリカ諸国が白人に征服され世界中の黒人が白人に虐げられる中で500年に渡って平和と独立を保つことができたのは、表向きは農業しかやってない発展途上国を装い孤立主義を貫いた事。それがワカンダの意向だった。
アベンジャーズの内乱〈シビル・ウォー〉で父ティ・チャカ王を失い、王位を継ぐことになったティ・チャラは、人類の未来をも脅かすワカンダの秘密を守る新しい守護者となるための王位継承戦の挑戦者受付期間中
そんなワカンダの理想を維持させてきた孤立主義が生んだ歪みから生まれし男エリック・キルモンガーマイケル・B・ジョーダン)が王位継承戦に名乗りを上げた。彼によってティ・チャラとワカンダ、世界そのものは大きな危機を迎えることとなった――

 

 
超絶ヒット「ブラックパンサー
f:id:gock221B:20180402145614p:plain
※雑誌の表紙を飾ったものを固めようと思って検索したら量が多すぎたので8冊で断念した
本作の予告編はMCUファンが「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の足音に耳をすまし始めた頃‥という不利な状況だったが予告編が発表されると「ワカンダの科学が発展してるのは知ってたが何これ‥スターウォーズやんけ!」とそのビジュアルに震撼した。
そしてその後の躍進はご存知の通り。
アカデミー賞を獲ったデルトロの「シェイプ・オブ・ウォーター (2017)」同様、支持される要素(他人種や多文化や女性優位&トランプ批判)を持ちつつ、覇権を維持し続けるMarvelスタジオ+ディズニーのMCUブランドでとうとうSWを抜く興行成績を手にして国内歴代映画の5位まで肉薄した。
間違いなく本作によって、今後の大作映画は影響を受けるだろう。
オバマを始めとする黒人著名人の多くが本作を支持し、黒人セレブが貧しい黒人児童を本作鑑賞に招待して「ブラックパンサー」を観に行ける喜びで黒人少年が踊りだしたり、大人の黒人も「星の王子 ニューヨークへ行く (1988)」のエディー・マーフィーのコスプレで観に行くのが流行ったり、エムバグの王位継承への名乗りのモノマネが流行ったりしてフィーバーが未だ続いている模様。
そういった事情に疎い日本でも何故かヒット中。
この映画が社会現象的に大ヒットしてる現象はミラクルを感じて好きだ。
それ以前にまさかキャップやアイアンマンやソーが人気出るなんて‥ましてやそれらが渾然一体となったアベンジャーズが映画化されて大ヒットもミラクルだ。
90年代にタイムスリップして「X-MENよりアベンジャーズのシリーズが歴史的なヒットする。アントマンドクター・ストレンジですら人気が出て、そして更にブラックパンサーがそれ以上ヒットする」と言っても誰も信じないだろう。
一部で、60~70年代の現実のアメリカ社会に存在した、黒人民族主義運動・黒人解放闘争を展開した急進的政治組織ブラックパンサー党という政治結社と結び付けられて語られたりしてるが、ブラックパンサー党が登場した当時、MARVEL編集部はキャラとしてのブラックパンサーブラックパンサー党を結び付けられるのを嫌い、一時的にキャラクターとしてのブラックパンサーは名称をブラックレパードに変更してた事もあり、両者は関係してそうでしてないそうです。
「ブラパン」という略称は昔「黒人専門の娼婦」近年では「黒人にすぐ股開く女」の蔑称でもあるので普通にブラックパンサーと呼びたい。もしくは陛下
f:id:gock221B:20180402153212j:plain
アフリカの民族衣装やデザインを活かしたまま、それが先進国よりも優れた科学技術に溶け込んでいる‥という本作前半のビジュアルは凄いインパクトだった。観たことないもんね。
この要素だけで「スターウォーズ」「エイリアン」「ブレードランナー」などSF映画界のパラダイムシフトになり得るかもしれん。
「アフリカの部族の人たちのいるところは田舎」という先入観がある(実際には部族っぽい人たちもスマホ持ってる)
本作で、TV取材によく出てきがちな唇にでっかい皿つけた部族のおじさんがスーツ着て、最新のマシーンに囲まれた王宮にいる姿は不思議だった(あの皿にもハイテク機器が組み込まれてるのかな)。
そして本作は「黒人のクールさ」を体現している(このクールって冷たさじゃなくてアメリカ人が言う「カッコいい」という意味の方ね)
映画自体の展開や描写やキャラクターが、どれもクール。
特に黒人の肌に反射する青い光はめちゃくちゃカッコいい。
ハーブが青いし、スーツの効果も青、幻視シーンやシュリのラボやリニアモーターカー地下鉄や釜山の夜景とかどれも青い。
ケンドリック・ラマーによる本作のサントラはクールすぎて、まだ映画観てないしサントラ滅多に買わない僕も思わず買ってしまった。
自分から遠いせいか黒人文化に今までハマったことなかったが、これはクールと思わざるを得なかったわ。
思わず今すぐエアコンの効いた部屋でフカフカのソファーに身を沈めて酒を飲みつつ黒人音楽を聴かんといかん気分になった。
また「黒人を扱ってまっせ~」という政治的な得点を得るためのものでなく、ごく自然に「ワカンダはアフリカの小国の話だからたまたま黒人ばかりですがそれがどうかした?」という自然な形で黒人映画になってるというのも見どころだ。
MCUは映画作品のクオリティもさることながらキャラクター主導映画シリーズでもある。ここからはキャラ個別の感想に移る

 

 

❤ティ・チャラ/ブラックパンサー
f:id:gock221B:20180402150933j:plain
「シビル・ウォー/キャプテンアメリカ (2016)」で顔見せさせられたブラックパンサー/ティ・チャラはMCU最大の厚遇で登場した。主人公だったキャプテン・アメリカとアイアンマンとバッキーその他のアベンジャーズ達はシビル・ウォーで争わせるため、いつもより極端な性格を持ったキャラとして描かれていたのに対し(みんな短気だったよね)ブラックパンサーは唯一人、最大の人格者を付与させられており、キャップとアイアンマン両方の長所を合わせ両方の短所を無くしたスーパーキャラとして描かれていた。だから一発で、彼をよく知らないMCUファンにも「陛下」と呼ばれ迎え入れられた。これは上手かったですね。ここまでやんなきゃスパイダーマンに埋もれてたでしょう。
そのナイスガイっぷりは本作でも健在であるが、他のキャラ‥キルモンガーやオコエやシュリやワカンダ国そのものを立たせるため「シビル・ウォー」の時のアベンジャーズ同様、一歩下がったキャラとなった。主人公として頭とケツをシメつつも狂言回しみたいな役割だった。良く言うなら大人っぽい役割が彼本人と被ってたと言えなくもない。
シビル・ウォーで強かった彼だが、それはただ「鋭い爪と防弾機能がついただけの古着」レベルだったらしく、本作ではシュリによって衝撃吸収放射装置など色々な武装が付与される。
それにしてもブラックパンサーを継承するためのビジョンクエストめいた王位継承の儀式。その幻視の映像は死ぬほど美しかった。
恐らく今後のキャップ&アイアンマンが居なくなるMCU世界において、この人はドクター・ストレンジと共にキャップ&アイアンマンの役割を担うと思われる(もしかするとシュリも)。
ソーの役割は‥ガーディアンズ?まあBIG3後継者を無理に定める必要もないか
とにかくティ・チャラの魅力はやはり素直で純粋な人格者だというところだろう。
最大限に褒めるなら、高い人格やリーダーシップはキャップ!(妹の)超科学力とすげースーツはアイアンマン!強大な国の王っぷりソー!‥などアベンジャーズBIG3のいいとこどりと言えなくもない。
続編ではもうちょっと彼本人が目立って欲しいですね。妹と一緒にアメリカのボロい場所‥ピーター・パーカーの住む街とかに遊びに来るところも観たい。

 

 

❤エリック・キルモンガー❤
f:id:gock221B:20180402151455p:plain
中邑真輔のようなヘアースタイル+ヒゲ+褐色の肌のこの男(一番かっこいいスタイルや)
身体には殺した者の数だけスカリフィケーション(切れ込みで出来たケロイドで模様を作る)がいっぱい入ってるムキムキボディなのでこういう集合体が苦手な人にとってはめっちゃ気持ち悪いらしい。
キルモンガーの父は、ブラックパンサーの亡き父であり先代のワカンダ王ティ・チャカの弟であり、キルモンガーはティ・チャラの従兄弟であった。
キルモンガーの父はアメリカに行き、ワカンダ国外で虐げられている黒人のためにレジスタンスとして闘った。だがワカンダの秘宝ヴィブラニウムを持ち出したがために先代ブラックパンサーに暗殺された。
キルモンガーは亡き父の悲願、そして父の仇を討とうと不退転の決意でワカンダに帰国。正式な儀式に乗っ取ってブラックパンサーと決闘して王位を脅かす。
正式なルールに則ってるので誰も文句を言えない。決闘相手であるティ・チャラ以外には

ここに至り「何てクールで素晴らしい国なんだ~」とうっとりさせられたワカンダの美しさは外界を見て見ぬふりをした事の上に成り立っている、という現代アメリカにも似た国だという事が露見する。
はっきり言って、そんな正論を持った背景を持ち、暗殺や搦め手などではなく正々堂々とブラックパンサーと対峙する。
彼は画期的なスーパーヴィランだ。
はっきり言って普通の映画だったらキルモンガーがヒーローで、ブラックパンサー(というかワカンダ)が敵の構図だ。
今までのMCUは、MCU世界を知らしめるためにヒーローは丹念に描いてきたが、どのヴィランも一貫して「ヒーローの影」としてしか存在してなかった。アイアンマンの敵は全てアイアンマン自身が生んだ敵だし、キャプテンアメリカアメリカが生んだ敵と闘う。ソーはアスガルドが生んだ敵‥とにかくどのヒーローの敵も、ヒーローの影だった。
キルモンガーもご多分に漏れずブラックパンサーの影なのだが、今までにはないほど自我と正当性を持たされている。ブラックパンサーが一度負けたのも当然だ。
王位継承のビジョンクエスト的儀式では、ティ・チャラの美しすぎる幻視とは相反して、父が殺されたボロアパートが舞台だったのも哀しい。
ストーリー上あまり必要ないのだがワカンダ入りするために恋人が戦死して更に哀しみを背負う。そのおかげで北斗神拳奥義・夢想転生に目覚めてティチャラを凌駕する強さを一時的に獲得しさえする。
矢吹丈金竜飛に対して一時的に劣勢になったのと似ている。
だがブラックパンサー金竜飛戦の矢吹丈同様、キルモンガーの穴を見つけて反撃する。キルモンガーは復讐を誓い工作員死の商人としての血塗られた生涯により、修復不可能なほどダークサイドに堕ちており、その憎しみの牙を世界全体に向ける。まるで己の哀しみを原動力に、世界に向けて世界そのものを燃やし尽くす勢いだ。同胞を助けたいのが動機だがこのまま行けば憎しみの連鎖を生みとんでもない事になってしまう。
その結果ブラックパンサー&ドーラミラージュの牙に敗れ去る。

キルモンガーは捕まるくらいなら先祖の誇り高い黒人奴隷同様、死を選ぶと言う。
ブラックパンサーは、キルモンガーの意思をも受け入れ、トランプにより壁を築き始めて他民族を排斥し始めた現代アメリカとは正反対にワカンダを新しい外界へと導く。
ライアン・クーグラー監督の相棒でもある正義の雰囲気をまとったマイケル・B・ジョーダンが演じてるし、子供時代はめっちゃ良い子そうだったし、人を殺める度に付けたという身体中の無数の傷は彼の哀しみや贖罪の意を表現してたし、どこまでも哀・戦士っぷりを体現していた。
王位を一時的に継承した短期間を経て滅びる時は、自分にとどめを刺して止めたティ・チャラにホッとしてるようにも見えた。
どう観ても自ら滅びようとしてるよね。

今後のMCUヴィランはキルモンガーによるパラダイムシフトを迎えたと思いたい。今後フェイズ4以降のMCUは、レッドスカルみたいに名ヴィランを使い捨てしたりせず、キルモンガーみたいに立たせて欲しいものだ。
彼がハーブをいただいてブラックパンサーのパワーGET後のスーツ姿はゴールデン・ジャガーというらしい。だけど彼は一時的に王位継承してパワーを得て以後、あまり強さは感じなかったね。多分ティ・チャラを殺した(と彼が思った)時が絶頂だったんだろう。
それにしても死なすのはマジで惜しい。バッキー級に
彼に「先祖は鎖に繋がれるなら死を選んだ!」とか言われたら尊重しなきゃいけない気になってたが、そもそも無理やり奴隷にするんじゃなくて自分でやった罪だし、アメリカなら死刑だろうがワカンダに居るなら情状酌量の余地あるから一生、陛下を補佐するという実刑を受けさせるのはどうだろう。
というか死んでないだろ。
たぶんファンの反応を見て生かすか殺すか考えてるところだと思う。
もし殺すつもりだったら「フン!」つって刃を深く刺したり、崖から飛び降りたりさせるはずだからね

 

 

シュリ、オコエ、ナキア❤
f:id:gock221B:20180402150837p:plain
❤シュリ
ワカンダの現在の超科学による発明品を生み出しているのはティ・チャラの妹にしてアイアンマンに匹敵する天才王女シュリ。彼女は背が高くて小顔&とんでもなく良いスタイルしてるし愛嬌もあるので、見てるうちに「圧倒的に優れた人間‥」という言葉が頭に浮かんだ。
顔つきや体型からくる天才少女感がハンパじゃなく「天才や‥」という説得力が凄い。
彼女の発明品はスター・ウォーズ並‥というか未来を描いたSF映画でも見かけないような凄いものばかり。
ワカンダを諸外国から隠すステルス国家。リニアモーターカー地下鉄。首飾りに収納されており、あらゆる衝撃を吸収して開放するブラックパンサースーツ。遥か遠くにある車や戦闘機に繋げて操縦できるシステム。凄すぎてUFOと呼んだ方がいいステルス戦闘機。あらゆる情報を処理して投射したり発信者の像を立体的に形作ったりもできる上に国民全体にまで行き渡っているキモヨ・ビーズ。ソウルに足を乗せたら靴が形成される足音が鳴らないスニーカー。そして訳の分からん猫ちゃんハンド。
ワカンダの科学力が凄すぎるあまり「ここまで凄い科学力を持ってて公開しないってひどない?」と思うレベルに達した辺りで登場するキルモンガーに感情移入せざるを得ない。
シュリは終盤、只の王女兼科学者だけではなく両手に衝撃波を発射する猫にゃんハンドを付けてキルモンガーにタイマンを挑んでもいた(236+P)
原作でのシュリも、ティチャラが負傷中に代理ブラックパンサーを務めてたらしいので主役になれるレベルの強キャラの要素を秘めている。
原作での次世代アイアンマンは天才黒人少女によるアイアン・ハートであるため「アベンジャーズ4で契約切れのダウニーJrの後継者はシュリでは?」とファンの間で噂されている。
あとこういう天才少女キャラが日本アニメに出てくる時はたいていチビの幼女だが、この子はクソでかい。だが、そのデカさも可愛さに通じている。
オコエ
そしてワカンダ王宮とブラックパンサーを護る女性だけの親衛隊ドーラ・ミラージュのリーダー、オコエは槍を使って闘うがあまりにも強すぎ。
キャプテン・アメリカのような人体改造もしてないし強化スーツも着ていないし主人公補正ないのに、槍を投擲しただけで屈強な自動車を完全に破壊してしまう。
あまりに強く設定してしまったがために、本当はブラックパンサーやキルモンガーより強いんだけど映画を成立させるため、わざとクロウに逃げられたり、わざとキルモンガーに遅れをとってるように見えてくる(総合力でスパイダーマンよりも勝ってそう)
今のアメリカ映画で一番強い要素「女性」と「黒人」という要素のせいかブラックパンサーより強いサブキャラが爆誕してしまった。
だけど面白いので別に構わない。
続編製作する時も、強キャラは現状維持で、弱キャラを強化する調整でどうぞ。
槍やアフリカン民族衣装をここまでカッコイイと思ったのも初めてだ。
このオコエ(とシュリ)はキャラ立ちすぎて、サブキャラにも関わらず他のMARVELヒーローレベルに人気出たらしい。
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のメインキャラにもアベンジャーズに並んで登場してるし、原作Marvelコミック世界でもブラックパンサー警護のモブではなくオコエ&ドーラ・ミラージュが独自に活躍し始めたらしい。
オコエは王宮親衛隊らしく、他の者に乗っ取られてもワカンダ王家に絶対服従の姿勢を崩さない。自分の意に反したからといって一々反抗してては国家が成り立たないからね。だが、あまりに王が暴君だと堪忍袋の緒が切れてブッ殺そうとする。最高の女性だ
❤ナキア
ティチャラの元カノでワカンダの女スパイのナキア。
良いキャラだがはっきり言ってシュリとオコエのキャラ立ちの前には霞むキャラだった。ストーリー上必要ないとすら言える。輪っか剣チャクラムも目立たなかったし。
オコエとナキアのキャラを合致させて一人のキャラにしたら?」とすら思う。
上映時間のためにカットされたらしいが、映画冒頭でティ・チャラとナキアが揃ってジョギングしながらワカンダを紹介していくようなシーンや、2人の関係を描いたシーンも予定されていたらしい。それがカットされたが故に重要度が少ないキャラになったのだろう。続編では頑張って欲しい

 

 

エヴェレット・ロス、ウカビ、エムバグ、クロウ❤
f:id:gock221B:20180402152948p:plain
❤エヴェレット・ロス
「シビル・ウォー/キャプテンアメリカ」にも出たマーティン・フリードマン演じるエヴェレット・ロスが「黒人の超国家に迷い込んだ白人」キャラとして案内人を務めてくれる。
彼は映画後半、エムバクの流木を用いたオシャレすぎる王宮に行って話そうとしたら「ホウッ!ホウッ!ホウッ!」と威嚇されて喋らせてもらえないという「白人差別」を受けるという逆転現象ギャグも可笑しかった。「家畜人ヤプー」や「猿の惑星」みたいで面白い。
マーティン・フリードマンが169cmと、僕よりチビなのも可愛かった。
だがエヴェレットは只の驚き役ではなく、死をも恐れない度胸でワカンダの危機を救う。

❤ウカビ
ウカビはティ・チャラの友人でオコエの恋人。
アフリカ発展途上国の民族を装いながらワカンダの国境を、電磁シールド内蔵マントやサイ軍団で護っている。
大勢でマントの結界奥義ワカンダ国境陣を形成するところは武侠映画みたいでカッコいい(だけどティ・チャラやオコエに対してやるのでカッコいくない)
俺が最近一番好きな俳優「ゲット・アウト」主人公役ダニエル・カルーヤが演じている。彼が劇中何かを見切った時に見せる、この世の暗部を知り尽くしたかのような厭世的な半目三白眼がめっちゃカッコいい(そんな時じゃなくても大抵いつも半目三白眼)。何で半目かというと瞳の下部で現世を見て瞳の上部で目に見えないものを見ている‥ように見えてかっこいい。
彼の父もまた国境警備をしていたが、ヴィブラニウムを持ち出さんとするクロウに殺害された。そのためウカビはクロウを殺すことでいっぱいになっている。
そのためクロウの殺害も捕縛にも失敗したティ・チャラに失望し、永遠に消えない傷を負いながらクロウを殺害したキルモンガーに追従し、ティ・チャラに牙を剥く。
はっきり言って彼は急速にキルモンガーに従いすぎ。そして今まで仲良かったティ・チャラにクロウがらみで失望したのはまだわかるが、ティ・チャラは自発的に悪いことしたわけでもないのにウカビと部下たちはラストバトルでティ・チャラをぶっ殺そうとしすぎ。ヴィブラニウムブレードでもって「八つ墓村」で落ち武者狩りをする村人たちレベルでティ・チャラを殺ろうとしすぎ。
あまりに変わりすぎて頭おかしい人にしか見えなかった。
だからカッコいい武装サイに乗って暴れるシーンでも盛り上がれなかった。
どうやら上映時間の都合でウカビとオコエの議論がカットされているらしく、またキルモンガーがじっくり王室を掌握する過程も省かれているため、今までのワカンダ政権がティ・チャラに突然牙を剥きすぎる。本作の一番の不満点はここだった。
監督が肩入れするキルモンガーを綺麗で画期的なヴィランにしようとしすぎて、それによって本作「ブラック・パンサー」の歪みが全てこのウカビに行った結果、歪なキャラ、映画の中の歪な箇所となっている。
だが、まるで外部で苦しむ黒人を見て見ぬふりして栄華を誇るワカンダと、ウカビやティ・チャカ前王や高僧ズリなどに歪みを負わせてカッコよくなったキルモンガーはシンクロしている‥と言えなくもない。
推測だが、クロウがウカビ父を惨殺する回想シーンが本当はあったのだがカットされた気がする。
この俳優好きなので、アイアンマンにとってのウォー・マシーン、キャップにとってのファルコンみたいになると勝手に期待してたので残念。
収監されたのかインフィニティ・ウォーにも出てこないらしい。ブラックパンサー続編では更生してワカンダを助けて欲しいですね。

❤エムバグ
ワカンダの超科学技術に背を向け、木製のものしか持たず菜食主義を貫いて山に住み猿王ハヌマーンを信仰するジャバリ族の族長。
綴りや発音は「ンバグ」。呼びづらいからエムバグにしたんだろう。
スマホの100倍凄い機械があったり貧困もなさそうなワカンダなのに、あえて山に住んで草しか食わないとかイカれてる。。
原作では猿の毛皮を被ったマンエイプというやべー名前のヴィランらしい。
M'Baku (Earth-616) | Marvel Database | FANDOM powered by Wikia
ワカンダ王位継承チャレンジでティ・チャラに挑んで惜しくも敗北した再び山に返った、ひきこもりクソゴリラだ。
彼の玉座がある王宮‥というかただの洞穴はオシャレ流木がたくさん吊ってあってめちゃくちゃオシャレ!もしこいつがマブカプに出たらオシャレ流木がいっぱい飛んで行くハイパーコンボを持ってて欲しい。俺も意味なく流木をぶら下げたくなった。
雪の診察台もよく意味分からんがおしゃれだ。
ベジタリアンだからたぶん無臭でツルツルのお洒落ウンコをひり出すに違いない
わかりやすく言うと主人公に喧嘩で破れて親友となる昭和の番長キャラか。
ウカビがサイドキックになるのかと思いきや、まさかこっちだとはな。
本作の歪みに思うところもありブラックパンサーがかなり狂言回し的な抑えた活躍しかせず期待のウカビもおかしくなっちゃった結果‥、鑑賞しての帰り道「色々加味するとエムバグが一番好きかも‥」と思った。
ほんのちょっぴりだがエムバグを体験したといったところか。
‥いや、体験したというよりは、まったく理解を超えていたのだが‥
ありのまま映画を観に行った夜に起こったことを話そう
ワカンダフォーエヴァーしに『ブラックパンサー』を観に行ったらジャバリ族になって帰宅した
何を言っているのか わからねーと思うが俺も何をされたのかわからなかった。
頭がどうにかなりそうだった。催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃ断じてなかった。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ
次出てくる時は猿の被り物して出て欲しい
エムバグは「インフィニティ・ウォー」にも登場してキャップやブラックパンサー達と共にサノス軍を迎え撃つらしい。
いま一番サノス軍に殺されそうなキャラ筆頭だ。エムバグが心配‥

ユリシーズ・クロウ/クロウ
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」でヴィブラニウムを持ち出し密輸していた死の商人クロウ。
彼はいわゆる中ボス。ウルトロンに斬り落とされた腕はビームキャノン内臓のハイテク義手に変わっていた。
ハイテンションで冷酷で暴力的な、90年代的な旧態依然とした悪役。
はっきり言ってアンディ・サーキスの演じるこのキャラはカッコいい。
というかアンディ・サーキスの、ぶっ壊れたような表情がカッコいい。こんなかっこいい顔の人だとは知らなかった。
ハイテンション演技嫌いな僕もカッコイイと思えたし、クロウは殺される寸前まで動じない。
こいつを斃すのはティ・チャラでなくキルモンガーていうのが本作の変わったところ

 

 

❤まとめ。サントラ
f:id:gock221B:20180402153355j:plain
まあ、そういう感じで本作の良いところもわかるが、本作をエポックメイキングな名作たらしめてキルモンガーを立たせようとするがあまり生じた作品の歪みあり、近年のディズニー作品によくある「ポリティカルコレクト的に優れてて褒めるしかないし褒めるのも吝かでないけど、ちょっと変なとこもあるよね?」という感触も少しあった。
最後に行われるティ・チャラによる演説は、子供でも分かりやすいものなので良かった。
技術提供したから今後のMCU世界中がワカンダ並になっちゃうのかな?
正直、記者会見で記者にバカにされた時、素直に「アイアムアイアンマン」みたいにモロに見せてくれたほうがよかった気もするが、その後になだれ込むクールすぎるエンディングCGと、同時に流れるケンドリック・ラマー&SZAの「All the Stars」が素晴らしすぎて、その良さが本作のテーマと合致して涙が出てきた。この映画で1番良かったところ、このエンドクレジット
www.youtube.com先にサントラ買ってらが、この曲が一番かっこよかった。
※歌詞を和訳しておられた方がいらしたのでリンクを貼らせていただく
Kendrick Lamar, SZA – All The Stars 歌詞を和訳してみた – SONGTREE
ケンドリック・ラマーもいいが、歌パートの方のSZAちゃんの方に最近はまった。
それとウィークエンドの主題歌っぽいこの曲がクール過ぎる。
www.youtube.com最近の好きな曲ベスト3に入るくらいカッコいい。
ケンドリック・ラマーによる、この映画のサントラ(スコアじゃなくてポップミュージックが入ってる黒いジャケの方)は死ぬほど良い。
当事者意識を感じるほどの想像力が僕に無いせいか、アメリカ人や黒人がフィーバーするほど「超・傑作!」というほどには感じなかったが普通に良い映画だと思ったしMCU作品でも上の方だと思いました。
だけど両腕クロスするヒーロー映画はワンダーウーマン派、黒人エンタメ映画としては「ゲット・アウト」派かな。
それにしても最近のディズニー製映画を観て思ったが、自分はあらゆるものに配慮した映画より、たとえ偏ってても一つの価値観を極端に表現したものの方が好きかも(ジョン・カーペンターとかデヴィッド・リンチとか)
そういうのは現代の価値観とはずれてきてるので、やっぱ自分は若いつもりでいても中年なんでしょうね。
アクションシーンは暗すぎたり闘ってる奴にカメラ寄り過ぎたりして判りにくい時が多かった。でも釜山バトルや各王位継承戦とかラストバトルは観やすかった。
全然関係ないけど最後の乱戦で、巨大な黒豹の石像の中から黒豹ロボットが出てきて暴れるのをちょっと期待してた。
ワカンダの紹介は済んだので続編ではブラックパンサーさん本人の活躍がもっと観たいです。
次は月末に「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」。

 

そんな感じでした

gock221b.hatenablog.com

gock221b.hatenablog.com

gock221b.hatenablog.com

「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー (2014)」キャップがよくやるスーンとした態度の魅力 - gock221B

「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン (2015)」面白いシーンもあるが情報と段取りに殺された感がある。全裸ソー悶絶 - gock221B

「アントマン(2015)」アントマンもいいがハンク・ピムとピム粒子が恐ろしすぎる!🐜 - gock221B

「ドクター・ストレンジ (2016)」西洋医学に見捨てられ東洋魔術でヒーローになっても医療を捨てないドクター - gock221B

「スパイダーマン:ホームカミング (2017)」面白かったけど色んなことを描く時間が足りないので、あと2時間くらい長ければいいのにと思った - gock221B

「マイティ・ソー (2011)」「マイティ・ソー/ダーク・ワールド (2013)」久々に観ると無邪気で楽しかった⚡ - gock221B

「マイティ・ソー バトルロイヤル (2017)」あまりに全編面白い場面が続きすぎて疲れたので中盤の何もしないシーンが清涼感あった⚡ - gock221B

「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー (2011)」前半が面白くて戦い始めると微妙になるといという変わったオリジン★ - gock221B

「アイアンマン (2008)」「アイアンマン2 (2010)」「アイアンマン3 (2013)」MCUの中で一番偉い1、珍作の2、映画としては良作の3🔨 - gock221B

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー (2014)」この一ヶ月間くらい何度も観てるうち物凄い好きになった - gock221B

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス (2017)」誰もが欲しがる凄い血統や権力を自ら断ち切る偉大なヒーロー - gock221B

「インクレディブル・ハルク (2008)」10年ぶりに観てみたら知らないおじさんがいました🔋 - gock221B

gock221b.hatenablog.com

❤❤❤

marvel.disney.co.jp

www.imdb.com

ブラックパンサー (ShoPro Books)

ブラックパンサー (ShoPro Books)

 
ブラックパンサー・ザ・アルバム

ブラックパンサー・ザ・アルバム

 

f:id:gock221B:20180402160058g:plain

#sidebar { font-size: 14px; }