gock221B

映画その他の感想用ブログ

「スター・ウォーズ ep2/クローンの攻撃(2002)」前半のクソさとマシな後半。クローン大戦を本編でやれや

f:id:gock221B:20161028040422p:plain
原題:Star Wars: Episode II - Attack of the Clones
監督&脚本&製作総指揮:ジョーズ・ルーカス
製作国:アメリカ 上映時間:142分
シリーズ:「スター・ウォーズ」プリクエル・トリロジー。「スター・ウォーズ」シリーズ

 

EP7公開を控えて、プリクエル→旧三部作と時系列順に観て感想書いてEP7に備えようという感じ

 

Story
f:id:gock221B:20171230033917j:plain
遠い昔、はるか彼方の銀河系で‥
前作「ファントム・メナス」の10年後。
青年へと成長したアナキン・スカイウォーカーヘイデン・クリステンセン)はオビ=ワン・ケノービユアン・マクレガー)の指導の下、フォースの力を習得し優秀なジェダイの騎士となるべく修行に励んでいた。
銀河元老院では、ドゥークー伯爵クリストファー・リー)の画策により、数百もの惑星が一斉に共和国からの脱退を宣言する。
これにより、ジェダイだけでは銀河を統治できないと判断した元老院では、クローン軍隊の是非を問う重要な投票が行われようとしていた。
この会議に出席するため惑星コルサントに向かっていたナブーの元女王パドメ・アミダラナタリー・ポートマン)は何者かに命を狙われる。
オビ=ワンとアナキンは事件の調査のためナブーへと派遣されるのだったが…
そんな話

 

 

前半のアナキンの演技のクソさがすごい
f:id:gock221B:20171230034124j:plain
面白さで言うとEP1よりは面白いのだが前半のアナキン&パドメのシーンのムカつき加減が凄いのでプラマイゼロ感がある
EP1(おもしろ度:1、ムカつき度:2)
EP2(おもしろ度:3、ムカつき度:4)
↑こういう感じでEP1はつまらない代わりにムカつきは少ない。本作は面白いところも多々あるのだが前半のムカつきが半端じゃない感じではないだろうか。
ヘイデンの演技の下手さから来てると思うが、アナキンは
・アナキン、生意気を言うもしくは変質者のようにニヤニヤしながらパドメを口説きまくる

・パドメ、内心悪く思ってるわけでもないが立場上たしなめる

・アナキン、にやつきながら「仰せのままにww」と言ってニヤァ‥と不吉な笑みを浮かべる
アホかこいつ。そしてその場に居ない有能なオビワンの陰口を絶えず叩いているのも感じ悪い。要はまだ子供って事なんだろうけど、観てるこっちからするとアナキンはイケメンなのと腕っ節が強い以外に良いところが見つからない。にも関わらずパドメはすぐアナキンに惚れてしまうので、美しくて賢いはずのパドメの魅力も目減りしていく(ように見える)ヤンキーと付き合ってるうちに、どんどん堕落していくお嬢様みたいで観てて悲しくなってくる。
さんざん文句言ったが、アナキン母とタスケンのくだりが終わってオビワンを救いに行く辺りからはムカつかなくなってくる。ひょっとすると恋愛描写が描けないルーカスと演技できないヘイデンの合体によって、何を考えてるのかよくわからないしとにかくムカつくアナキンが完成したのかもしれない。
闘ったりアクションしてるアナキンはムカつかない。
オビワンは普通に好感持てる。‥のは自分が大人だからで、ひょっとしたら思春期の子が見たらアナキン&パドメはヤンキーカップルっぽいしイケてるのかもしれない
人気があったのは広場でのジェダイ大集合とvs.ドゥークー伯爵戦だが
オビワン&アナキンがドゥークーと闘うところは、長すぎてダンスみたいだったモール戦より改善していて本当の闘いっぽい殺気があった。
ドゥークー戦が始まった瞬間、せっかくオビワンが「アナキン、力を合わせていくぞ」と言ってくれたのに「一人で充分だ!ウワー!(敗北)」つってアナキンがドゥークーの電撃に秒速でやられて苦痛と共に屠殺されたブタのように床に転がる様は、前半の生意気アナキンが良いフリになっていて笑った。
更にその後ドゥークーに大根の様に腕を斬られたのも満足した
敗れた二人に代わってヨーダが参戦した時は一瞬「ついにヨーダが‥!」と思ったが、その後カエルみたいに飛び回りながら斬り結んでるのは何か違う気がした。
椿三十郎みたいに一閃で決める剣豪タイプかと思ってた
フォースで身体能力を高めて闘う戦闘スタイルだからあんな感じだったみたい
しかしヨーダが闘うなら、ドゥークーくらい倒して欲しかった。
超久々にライトセーバー戦をしたらしいから100%の実力を発揮できなかったんだと思っておこう


ジャンゴ・フェット
f:id:gock221B:20171230023339j:plain
旧三部作でのボバの出番は少ないが本作ではジャンゴ・フェットが多く観れる
ジャンゴは彼の父‥ではなくボバはジャンゴの純粋なクローンだそうだ。
すると大人ボバはこのオジサンの顔なの?

この役者さんの顔がダメなわけではないが、顔にカリスマ性が無さすぎる。
もうちょっと悪そうで若い人にやってほしかった。この人の顔は真面目過ぎる。自動車メーカーに定年まで勤めあげて地元の小学生に野球を教えてそうな真面目フェイス。
しかし旧三部作では観れなかったフェットの活躍が観れたのはよかった
オビ=ワンとデッドヒートを繰り広げてるので(オビ=ワンはやたらとジャンゴにジェダイ飛び蹴りをくらわせる)。クライマックスで対決するのかと思ってたらメイス・ウィンドウにあっさり首狩られた
どうでもいいが「住居の入ってすぐの脱衣所みたいなところにマンダロリアンアーマー置いてるのか‥」とか色んな事がわかった。

 

最初に書いたように前半のアナキンとパドメのラブストーリーがとにかくイライラする。
だがオビワンがクローン兵を捜査してるところや、ロボット工場での任天堂のゲームみたいなどったんばったん大騒ぎや、ジオノーシスの闘い、ドゥークー戦などは普通に面白い。
やはり恋愛描写をやるにしてもルーカス&ヘイデンにはそんなの無理なんだから
「パドメがピンチ→アナキンがそれを命がけで助ける」というアクションの繰り返しの方が良かった気がする。
それとアナキンが、母を誘拐&拷問したタスケン・レイダーを部族皆殺しにするシーンがある。暗黒面の第一歩だ。
怒って犯罪者タスケンを殺すのは、まあいいとしてタスケンの女子供まで皆殺しにするのはもう9割くらいダークサイドに堕ちてない?
しかもそれをパドメに告白するが、パドメは驚きつつも普通にアナキンを励ましてるのが違和感ある。裁判とかなしに独断で殺すのもアレなのに、非戦闘者の女子供皆殺しってかなりヤバくない?
それとタスケン・レイダーがどういう生き物なのかよくわからないのもモヤモヤする。家があるから人並みの知能はありそうだが、犯罪者の人間程度のメンタリティなのか、もう人間を見かけたら速攻殺すような殆ど猛獣みたいな存在なのかがよくわからないからどう考えたらいいのかよく分からない。そのよく分からないところがモヤモヤする

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━
おまけ
スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ (2008)」とTVシリーズ(2008-2014)

f:id:gock221B:20150814145021j:plain

これはEP2とEP3の間の話だ。
EP2の最後でヨーダが「クローン戦争がはじまる‥」とか言ってたクローン戦争がこれか(何で、このクローン大戦を舞台にした話をEP1、2にしなかったんだ?)
クローンウォーズ劇場版が第一話で、それに続くTVアニメシリーズが全129話。
これは数年前に興味を持って劇場版を観て、TVシリーズも途中までしか観てない。
途中までしか観てないのに偉そうに言うのもなんだが、これはEP1&2より面白かった。
本編EP1&2では人格が最悪だったアナキンも今作では正義に燃える好青年だし、本編では美人だがアホにしか見えなかったパドメもこちらでは聡明な印象だった。
そして本編では活躍できなかったジェダイ評議会メンバーやその他のキャラの活躍がいっぱい観れる。
しかし本編ではパッとしなかったキャラが活躍すればするほど「でも本編ではなぁ」と思わされ、本作では活躍する僕が好きな脇役ジェダイ(アイラ・セキュラとかプロクーンとか)もEP3では数秒で即死するので、まるで元ネタの公式より面白い同人誌を読んでいるかのような、まるで本編で活躍できなかったキャラが走馬灯で見た「本当はこうだったらいいな‥」という幻想を映像化したものを観てるような微妙な気分にさせられる。
ハッキリ言って本編より面白いが、それ故に悲しくなるので観なくなったという事だ。
EP3公開後の2008年から去年までやっていたが、ディズニーに吸収されてディズニー製作のEP3と4の間の話であるCGアニメ「スターウォーズ 反乱者たち」が始まったので本作は打ち切りになった。
面白いので今作にも根強いファンがいるるのもわかる。
ちなみに本編で生き返れない様に真っ二つで死んだはずのダースモールも実は生きていて可哀想な生き様を見せる、そんな事なら出てこない方がよかった



・「スターウォーズ クローン大戦 (2003-2005)」
f:id:gock221B:20150814155225j:plain
これは「クローンウォーズ」の前にカートゥーンネットワークでやってた。
当時ケーブルTVに入ってたので観てた。
これも2と3の間の話で、これがウケたので上記のCGアニメのクローンウォーズを作り、その段階で、こっちは正史ではなくなったと思う。
パワーパフガールズデクスターズラボサムライジャック等のカートゥーンを作った天才ゲンディ・タルタコフスキー氏が監督している。
そのせいか、ハッキリ言ってジェダイがめちゃくちゃ動いて、そして強すぎる!
今川監督のアニメ「ジャイアントロボ」の巨大ロボを素手で倒すエキスパート達みたいだ
敵数人と闘ってて、超高速で走る列車の車両と車両の間を走り抜けながらセーバー戦で闘ったりする。脇役ジェダイでもそのレベルだから最強ジェダイのメイスやヨーダに至ってはとんでもない強さを発揮する。というかフォースだけでクソ強い
f:id:gock221B:20160102190255g:plain
身体を壊す前、全盛期のグリーヴァス将軍の強さも観れるし、これはこれで楽しかった

しかしこれ観れば観るほど「本編ではこんなに強くないよな」と思えるので観なくなった




そんな感じでした

gock221b.hatenablog.com

gock221b.hatenablog.com

レイア姫やMJなら、誰でもいくらでもブスと言っていい風潮が嫌い - gock221B

「スター・ウォーズ ep4 / 新たなる希望(1977)」 無邪気な明るさと残酷が同居してるのが最高。あとターキン - gock221B

「スター・ウォーズ ep5 / 帝国の逆襲(1980)」これが一番クールなSWという気がする - gock221B

「スター・ウォーズ ep6 / ジェダイの帰還(1983)」 ルークは本当に凄い奴だと思う - gock221B

「スター・ウォーズ ep7 / フォースの覚醒(2015)」JJなのに超面白いので戸惑いながら感動 - gock221B

「ピープルvsジョージ・ルーカス (2010)」散々文句言って締めに急に褒めて締めるのが凄い可笑しい - gock221B

「ファンボーイズ (2008)」 ライナスが最後に出した結論に感動 - gock221B

「スター・ウォーズ 反乱者たち〈シーズン1&2〉(2014-2016)」 面白くないわけではないが必見というほどでもない印象 - gock221B

「ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー(2016)」ジンとローグ・ワン達の本当の人生が劇中、突然始まって燃焼する - gock221B

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ (2017)」映画として破綻してるとは思うが何故か結構好きだった - gock221B

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━  

www.imdb.com

www.youtube.com

f:id:gock221B:20171018073443g:plain

広告を非表示にする
#sidebar { font-size: 14px; }