読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gock221B

映画その他の感想用ブログ(2015年開設) http://gock.flavors.me/

「スター・ウォーズ ep6 / ジェダイの帰還(1983)」 ルークは本当に凄い奴だと思う

「スター・ウォーズ」 (SF) (アクション) (アドベンチャー) 〈アメリカ〉 【映画】

f:id:gock221B:20161028050006p:plain

原題:STAR WARS: EPISODE VI - RETURN OF THE JEDI 監督:リチャード・マーカンド

旧三部作観かえして感想書き終えたのでやっとフォーㇲの覚醒観れるようになった。 
★ 「スター・ウォーズ ep4/新たなる希望(1977)」 幼児みたいな明るい無邪気さと無情さ残酷さとの同居が最高。あとターキン - gock221B

「スター・ウォーズ ep5/帝国の逆襲(1980)」 全編面白いと、これといって感想が浮かばないもんですね - gock221B

‥んだけど、公開が始まってるのに観に行くの我慢してEP5、6観るのは辛かった。
完全に義務になってあまり楽しめなかった。やはり公開前に観なきゃだめだった。
しかしそれももう終わった。
本作は、前まではルーク関係以外あまり好きじゃなかったけど今回観返すと何故か全編楽しかった。確かにこれだけ妙に子供に媚びた感じだな~とは思った。しかしEP1、2に比べたらずっと
楽しすぎる部類だろう。。関係ないけど改めて通して観て好きな順番は

 EP5、EP4>EP6>EP3>(各種、正史アニメやコミック>>EP1EP2

という感じになった。
EP3並びにプリクエルも、面白くないけど良いところもあるので嫌いではない。
でも面白くない上に、無くてもサーガが全然成立するため年々どうでもいい度が増していく

★vs.ジャバの犯罪帝国
f:id:gock221B:20151223132307p:plain
ジャバ軍団との闘いは楽しい要素いっぱいなのだが、前回観た時は特別編からCGで作って足した要らん子供騙し系クソ寒い楽団エイリアン二体があまりに不快で(唇やノドチンコをアップでぶるぶる震わせれば、こちらが喜ぶと思ってやっているのが本当に気分が悪くなる)↓ 不快感が喉に残って全く楽しめなかった
f:id:gock221B:20151223132404p:plain
だが今回は一度観て知ってるので気にせず右から左に流して楽しめた。
しかしレイアは、よくジャバの首を絞めて殺せたな。
あれだけ太かったらレイアの力では首を絞められないと思うのだが、、まあジャバを殺すのはいい事なので別に問題なし。
そういえば最近キャリー・フィッシャーが奴隷レイア自主規制問題について言ったコメントがめっちゃカッコよかった。

www.kotaku.jp

というかレイアは、殺傷能力が作品ごとに上がっていてカッコいいわ。
本作とか敵をめちゃくちゃ殺しとるぞ

★融通利かないC3POによって死に至るところだった
皆が捕まってC3PO神のおかげで助かる場面はかなり楽しい。
C3POが神だと思われてるのを知ったソロが安心して「神のフリして縄を解くよう言ってくれや」と言うがC3POは「神の真似をする事はプログラムから反していて出来ません」と野沢那智の声で言う場面が何気に怖かった。
普段は、そこそこ感情もあるって感じのC3だが「あ、そういえばこいつロボットだった。。」という事を思い出せられる。
このままだと皆殺しなのに「すみませ~ん‥規則なんでダメですw」という態度をまさかC3が取るとは思わなかった意外さもある。

だがルークのフォースで浮かせられて「タスケテ!おろしてください!誰か~」からの
「私にこんな力があったとは‥」と言うところは単純に楽しい

★イウォークには文句ないが、彼らが帝国軍を圧倒する説得力はやっぱりない
f:id:gock221B:20151223133354g:plain
本作と言えば、イウォークが嫌われがち。
イウォーク達と一緒に帝国軍を倒すシーンは、よく見たら帝国軍はそんなに数多く来てないっぽいし、ホームのジャングルだからありかな?という気はする。
しかしやっぱり弓矢、投石、丸太、格闘などで、ロボットや最新兵器を装備して攻めてくる帝国軍を圧倒するのは説得力が全然ない。イウォークも全身筋肉の塊なんだろうけど体躯もウーキー族みたいに恵まれてないので質量が圧倒的に足りない。
原住民がゲリラ戦法で帝国を倒すというのは爽快なので、この展開自体には文句ないが、倒すならその過程を納得いくように見せてほしかった。
たとえばジャングル全体に巨大なトラップが仕掛けられてるとか、超巨大な落とし穴に帝国軍全員落としたり毒を盛って弱らせてから叩くとか、昔ジェダイにフォースの使い方をちらっと習った族長がいるとか、そういう特別な理由もなしに、単純にイウォークが帝国軍を「やっつけ終わった画」ばかり何度も見せられても「ちょっと変だな」という気分になり、果てはAT-ST(ロボ)が丸太で全壊、こけただけで大爆発するのを観てるとだんだん観てるのがバカらしくなってくる。イウォークを強く見せる事ができないから帝国軍をめっちゃ弱くしてイウォークを保護している。
刃牙で、明らかに刃牙より強いボスキャラと範馬刃牙が闘う際に、ボスキャラが急に力を発揮できなくなって刃牙の攻撃が全部通る現象に似ている。
だが、爆破で死んでしまったイウォークを仲間が悲しんでるシーンが一瞬でもあったのは誠実さの芽を感じた。
納得いかないが、EP6そのものやイウォークは嫌いになるほど納得いかないわけでもない。


★ルークは凄い
f:id:gock221B:20151223135547g:plain
やって来たルークに対しての皇帝の煽りはさすがだと思った。
皇帝。昔は「何やこのジジイ」としか思ってなかったが新三部作を踏まえて観るとその奸計の強さがわかる。これは新三部作で良い印象になった数少ない要素だわ。
新三部作はパルパティーンが影の主役とも言えますしね。
まあとにかく皇帝とヴェイダーの煽りに乗って怒りでヴェイダーを倒す。
だがダークサイドに飲まれないように、かつヴェイダーをライトサイドに戻すために、セーバーをポイッと捨てる。普通こんな事絶対できないだろうといつも感心する。
そのまま戦闘続行すれば皇帝も倒せるかもしれないのに、改心するかどうかもわからない父親に賭けて、賭けに勝ってヴェイダーを帰還させるんだからルークは本当に凄いわ。
前作で、ヨーダに仲間を見捨てて修行せいと言われて無視したが、もしレイア達を見捨てて修行するような者だったら、おそらくヴェイダーを改心させる事はできず普通に殺すだけで仮に皇帝を倒せたとしても、フォースのバランスを取る事にはならなかったんじゃないだろうか。ただの若いメイス・ウィンドウが誕生しただけだったのでは
そもそもジェダイの教えもシスの教えも、正しいとこも妙なところも両方持ってるので、ジェダイだけが正しいというわけではないと思う。ルークは善に加えジェダイっぽくない感情(友情や愛情への執着)も両方兼ね備えていたからこそフォースに安定をもたらす事ができたんじゃなかろうか(しばらくの間は‥)。
フォースは、ジェダイとシスが一つになって最後に完成するものなんだろうという気がする(だが、それやったら話が続かないからやらんと思うが)

★誰やこいつ!
そういえばオビワンの霊体がたまに助言をくれるのはいいとして、本作ではガッツリとルークの隣に腰を降ろして長話するので「関わりすぎやん!それってもう生きてる以上に生きてるやん」と思えて可笑しかった。
特別編(DVD)ラストの宴で、オビワン&ヨーダに並んでヴェイダーじゃなく若きアナキンの霊体が出る評判の悪いシーン。
f:id:gock221B:20151224184627g:plain
4→56という順番で観た人にはコイツが誰だかわからず、「ヴェイダーは綺麗だったころのアナキンにもどりました‥」と言いたいんだろうがオッサンのヴェイダーは死の間際にライトサイドのアナキンに戻ったんちゃうんか!と腹立つ。そもそも、このイケメン時代のアナキンは終始ムカつく奴で、むしろ悪の暗黒卿の時の方がいい奴な気すらしてくる
SW初見でep4→56という順番で観てる人になった気分でこのシーンを観ると毎回
おい!誰だよこいつ!」と思えていつも爆笑する
誰だよコイツ!チョイチョイチョ~イ!とうとう誰も知らねえ奴来ちゃったよ?柔道着なんか着てふざけやがって。クソつまんない奴来ちゃったよ?オイオイオイ死んでるわアイツ。手土産無しでタダ酒飲みに来ちゃったよ?カントリーマアムすら持たずに。ここそういうパーティじゃないから
f:id:gock221B:20151224101424j:plain
そして「誰だよコイツ」という気持ちを残したままエンドロールになだれ込むのが再度笑えて、DVDをケースにしまいながら再び
くそっ‥誰だよ‥さっきのムカつく顔の奴‥」と思えて三回笑える。
人によっては翌朝お布団で目覚めた時に「そういえば、昨夜見たスターウォーズのアイツ‥誰だったんだろう。観返したらもういないかもしれない」と思ってラストを再生して「オイオイ!誰だよコイツ!」と再び火がついちゃうかもしれないよ
かといってオリジナルのこっち
f:id:gock221B:20151224143831j:plain
こっちならいいかというと以前までならよかったけど新三部作を経た今となっては
オッサンのヴェイダー‥いや、アナキンがジェダイ柔道着着てる。こんな時はなかったはず。しかもオッサンアナキンに髪がある。アナキンの毛根は若い時に溶岩で燃え尽きたからおかしい。だがマスクを外したヴェイダー衣装のアナキンが立っているのもなんかライトサイドに戻った感が薄い。
しかし霊体は物理や現世の常識の制限を飛び越えたアストラル世界にいるんだろうから、自分が望む調子いい姿でいてもおかしくない。しかし。。
という風におさまりが悪い。映画なんだから一目で説得させてほしい。
若いアナキン、オリジナルの髪生えた柔道着オッサンアナキン、ヴェイダー衣装アナキンどれにしても収まりが悪い。。そう考えると若いアナキンでいいような気もする。しかしそうすると「オイオイ!誰だよコイツ!」とループする
ハゲの顔色悪いオッサンアナキンが柔道着着てるのがいいのではないか?もういいや、疲れた
だが、昨夜ここ見た時、新三部作の、とにかくムカつくアナキンを思い出し「ルークはそんなアナキンさえもライトサイドに戻してあげたのか‥」と思えて、しかもアナキンは霊体とはいえオビワン&ヨーダと楽しく過ごせるんだと思うと、よく理由のわからん感動が込み上げて不覚にもウルッと来てしまったのも事実。来たくなかった

「スターウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還」はこう終わるべきだった ‐ ニコニコ動画:GINZA

この動画でその辺をいじっていて面白いです

あとアクバー提督がもっと見たかった
f:id:gock221B:20151226110210j:plain


まあ、そんな感じで本作は嫌いな時期もあったが今は楽しく観れた。
本作ep6ではルークとレイアとC3POの活躍が最高だった。
f:id:gock221B:20151223132238p:plain

そんな感じでした

gock221b.hatenablog.com

gock221b.hatenablog.com

gock221b.hatenablog.com

gock221b.hatenablog.com

gock221b.hatenablog.com

gock221b.hatenablog.com

gock221b.hatenablog.com

gock221b.hatenablog.com

gock221b.hatenablog.com

gock221b.hatenablog.com

gock221b.hatenablog.com

gock221b.hatenablog.com

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ 

www.imdb.com

www.youtube.com

 

スター・ウォーズ エピソードVI/ジェダイの帰還

スター・ウォーズ エピソードVI/ジェダイの帰還

 

 

 

Star Wars, Episode VI: Return of the Jedi (Original Motion Picture Soundtrack)

Star Wars, Episode VI: Return of the Jedi (Original Motion Picture Soundtrack)

  • ジョン・ウィリアムス
  • サウンドトラック
  • ¥1600

  f:id:gock221B:20151130003328g:plain

広告を非表示にする