読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gock221B

映画その他の感想用ブログ(since 2015) http://gock.flavors.me/

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015)」心の分解を提案され実際に物を壊し始める変な邦題の変な映画

原題:Demolition 監督:ジャン=マルク・ヴァレ 製作国:アメリカ 上映時間:101分 エリート銀行員の男(ジェイク・ギレンホール)は若くて美しい妻や楽で給料がめちゃくちゃいい仕事や豪邸など、全てを手にして裕福な暮らしをしていたが妻が運転する車で出…

「生きる(1952)」黒澤明/初めて観たが、泣けるとか感動というよりも面白くて活気のある映画って感じだった

監督:黒澤明 上映時間:143分 記事とかで「黒澤明の最高傑作は?」みたいなところでは大抵「七人の侍」か本作が載ってるが、まだ「生きる」観た事なかったので観る事にした。そこまで称賛されてるからには面白い事は間違いないのはわかってたが、如何にもア…

「複製された男(2013)」終盤まで超面白かったがラストで本作の構造を知った時なぜ落胆するのか考えた

原題:Enemy 監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 制作国:カナダ/スペイン 上映時間:90分 この監督は去年公開された「ボーダーライン」が評判良くて(まだ観てない)今年公開される新しいブレードランナーの監督。あと「メッセージ」もこの人か。。結構前からいる…

「追憶の森(2015)」富士の樹海aka煉獄をマコノヒーと渡辺謙が放浪する

原題:The Sea of Trees 監督:ガス・ヴァン・サント 製作国:アメリカ 上映時間:111分 ガス・ヴァン・サント映画は特に好きでも嫌いでもないが「ラストデイズ (2005)」だけは爆音上映で観て好きで、しかも爆音とか音楽を強調するんじゃなくて主人公が木の…

「山田孝之の東京都北区赤羽(2015)」全12話/ヤコペッティ+ツイン・ピークス+西部劇‥の縮小版

監督: 山下敦弘、松江哲明 原案:清野とおる 放映時間:31分 最近始まった「山田孝之のカンヌ映画祭(2017)」が面白かったので、同じラインの前作にあたる 山下敦弘+松江哲明+山田孝之トリオによるこいつも2夜かけて一気観した。「~カンヌ映画祭」は、カンヌ…

「ルーム(2015)」やっぱりジャックの世界が広がっていく様が感動。したとはいえ特に感想が全く浮かばない

原題:Room 監督: レニー・アブラハムソン 製作国:アイルランド/カナダ 男に誘拐されて7年間ひとつの部屋(小屋)に監禁されている女性ジョイと、その間に生まれて部屋の中しか知らない5歳の息子ジャック。母子は、部屋からの脱出を計画し実行する。。 と…

「ハドソン川の奇跡(2016)」クリント・イーストウッド/本作もさらっと凄い映画だった。久々にイーストウッド的ヒーローキャラが出た

原題:SULLY 監督:クリントイーストウッド 制作国:アメリカ 上映時間:96分 2009年1月15日、ニューヨークのラガーディア空港を離陸した直後に鳥が突っ込んできてエンジンが壊れてコントロールを失った旅客機を、パイロットのサリー氏が卓越した判断力と操…

「キャロル(2015)」同性愛映画にありがちな、しょうもない終わり方するのを恐れてハラハラして観てたが実際ハードルを遥かに越えて良かった

原題:Carol 監督:トッド・ヘインズ 製作国:イギリス/アメリカ/フランス 上映時間:118分 普段観る映画の9割はアクションとかSFとかホラーばかりで、たまには女性的な映画が観たいと思って今週はこの映画を連日観ていた。何しろ主要登場人物は立派な女二…

「尻に憑かれた男(2007)」中年がメソメソしてもどうしようもないだけという事がよくわかる映画

原題:O Cheiro do Ralo 監督:エイトール・ダリア 制作国:ブラジル 上映時間:101分 文学小説が原作のブラジル映画。映画を観に行くにしろ借りるにしても、自分が知ってる監督とか制作に口出しできる大物俳優主演とかSNSで評判の映画とか見がちだ。確かに…

「マネー・ショート 華麗なる大逆転(2015)」専門用語の会話が解りにくく半泣きで二夜連続で観たら面白かった

原題:Big Short 監督:アダム・マッケイ 制作国:アメリカ 上映時間:130分 サブプライム・ローンの出鱈目な課金システムによって生まれたバブルに浮かれるウォール街、その破綻から起こるリーマンショックを予感した四人の男が暗躍して巨額の富を得る話。…

「サウスポー(2015)」主人公が凄い速度で堕ちてフォレスト・ウィテカーに出会って凄い勢いで急浮上する映画

原題:Southpaw 監督:アントワーン・フークア 制作国:アメリカ/香港 上映時間:124分 「イコライザー(2014)」の監督の最新作。美しい妻と可愛い娘に立派な家を持つライトヘビー級チャンピオン、ビリー(ジェイク・ギレンホール)。今夜も防衛した。そこ…

「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件(2015)」老ホームズが今まで軽んじてきた”フィクション”と”人の心”に向き合う

原題:Mr.Holmes 監督:ビル・コンドン 制作国:イギリス 上映時間:104分 俺とホームズ ※ここは映画とは直接関係ないので飛ばしておkホームズの事はマニアではないが好き(というか僕は広く浅くで、異常なまでに好きなものはない)このブログタイトルも”go…

「ルーク・ケイジ (2016)」全13話/なかなか渋くてブルースなラストだった

原題:Luke Cage 制作国:アメリカ 放送時間:48~60分 暇な時にながら観してたが全部観たので感想書くことにした。必見というわけではないが、なかなか面白かったです。「デアデビル」「ジェシカ・ジョーンズ」に続く同一ユニバースのNetflixのMarvelドラマ…

「デアデビル〈シーズン1〉(2015)」第2話『カットマン』/ジャック・マードックの聖戦とラスト3分間の死闘が熱すぎる

原題:Daredevil Season.1 Episode.2 "Cut Man" 制作国:アメリカ 放送時間:48~60分 Story★1:ある夜、黒装束のマットは満身創痍でヘルズキッチンのゴミ溜めに倒れていた。それを見つけた夜間勤務の看護師クレア・テンプル(ロザリオ・ドーソン)は、彼を…

「ジェシカ・ジョーンズ〈シーズン1〉(2015-2016)」全13話/良い話だけど2時間に収まる話を水増しして13話ドラマにした感じしました

原題:Jessica Jones: Season.1 制作国:アメリカ 放送時間:48~60分 「デアデビル」同様、Netflix制作のMARVELドラマ第2弾のこれを一気観した。いや観たというより家事や作業しつつ、ながら観した。面白いところだけ集中して観た(面白かったのは第一話。…

「デアデビル〈シーズン1〉(2015)」第1話『闘いのゴング』/あまりにも渋すぎるこのデビルは一体何デビル

原題:Daredevil Season.1 Episode.1 "Into the Ring"制作国:アメリカ 放送時間:48~60分 デアデビルはMARVELとDCの男のヒーローの中で1、2を争うくらい好きなので観るのを楽しみにしていた。ただ、個人的にドラマという形態自体は苦手で普段観ないので、…

「ストレイト・アウタ・コンプトン(2015)」N.W.A.やヒップホップに詳しくなくても判りやすく面白いラップ三国志

原題:Straight Outta Compton 監督:F・ゲイリー・グレイ製作国:アメリカ 上映時間:147分 アイス・キューブ、ドクター・ドレー、イージー・E、MCレン、DJイェラ達によって結成された伝説的ヒップホップ・グループ“N.W.A.”の誕生から崩壊、その後の顛末を…

「スティーブ・ジョブズ(2015)」本当は凄く面白いっぽいが終盤難しくてそれを感じる前に上滑りしていった俺の気持ち

原題:Steve Jobs 監督:ダニー・ボイル 製作国:アメリカ 上映時間:122分 ジョブズの大きな転換期となったらしい三つの新作発表会‥・1984年のMacintosh・1988年のNext Cubeとかいう只の黒い箱・1998年のiMac‥等の発表寸前の40分間に数人の身内と同じ言い合…

「スケルトン・ツインズ 幸せな人生のはじめ方(2014)」 サンダンス映画っぽい映画

原題:The Skeleton Twins 監督:クレイグ・ジョンソン 劇場未公開 彼氏と別れたためにゲイの中年男性(ビル・ヘイダー)が手首を切る。別の場所で中年女性(クリステン・ウィグ)も自殺しようとしていたが「あなたの双子の弟が自殺未遂したので来てください…

「エクス・マキナ(2015)」本編や主人公のエヴァよりキョウコが気になって仕方なかった

原題:Ex Machina 監督: アレックス・ガーランド 制作国:イギリス 上映時間:108分 凄く好きな「ジャッジ・ドレッド (2012)」とか「28日後‥」「28週後...」とかを制作したり脚本書いてた人の監督デビュー作。検索エンジンソフトで働く主人公の青年は社内で…

「ザ・ウォーク(2015)」ロバート・ゼメキス/バック・トゥ・ザ・フューチャーを超えたかもしれない傑作。訪問者とクライマックス最高

原題:The Walk ↑このポスターの構図、ビル(俗世)から出発して誰も着いて来れない天に昇って行ってるように見えてこの映画をめちゃくちゃ表現してるよね 1974年(あ、僕が生まれた年)にワールドトレードセンターで綱渡りしてニューヨークの市民を驚かせた…

「ブリッジ・オブ・スパイ(2015)」スティーブン・スピルバーグ/傑作。善悪を見極めたいアメリカンヒーロー俳優は何で皆曖昧な表情になるのか

原題:Bridge of Spies 子供時代が80年代だったので、御多分に漏れずインディ・ジョーンズシリーズを始めとしてスピルバーグが撮ったり彼が制作するスピルバーグ映画で大盛り上がりしていた(どれも家の中にスモークが焚かれてて光り輝く幽霊が出て犬を飼っ…

「レヴェナント:蘇えりし者(2015)」ちょっとした話をまるで崇高な大作であるかのように誇張して見せてる映画

原題:The Revenant 監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ イニャリトゥの映画は大体観てるが、観ていて凄いのか凄くないのかがイマイチ、ピンと来ない大作っぽい映画ばかり撮る人だなぁと思っていたが、前作バードマンと本作はさすがに面白かった。あとどの…

「グランド・マスター(2013)」功夫映画じゃなくてウォン・カーウァイ映画。イップマン映画はもうあるのでチャン・ツィイーだけでよかった

原題:一代宗師 監督:ウォン・カーウァイ 制作:香港 ウォン・カーウァイの映画は90年代に流行ってたので御多分に漏れず「欲望の翼」「恋する惑星」「天使の涙」など喜んで観ていた(それ以降は全然観てなかった)この監督の映画の特徴は、自分が観た範囲だ…

「リアリティのダンス(2013)」アレハンドロ・ホドロフスキー/爽やかな鑑賞後感で次回作が楽しみになった

原題:La danza de la realidad 監督: アレハンドロ・ホドロフスキー 製作:チリ/フランス どういう映画か全然知らんかったが「ホドロフスキーのDUNE」観たら最後に「‥そんなホドロフスキーが数十年ぶりに撮った映画それがリアリティのダンスだ!」て言っ…

「岸辺の旅(2015)」 黒沢清/幽霊が黄泉平坂で宇宙の終りと始まりを語る場面に感動

監督:黒沢清 製作国:日本/フランス 公開から半年くらい経ってやっと観た。黒沢監督は物凄く好きな監督だが本作は去年の秋の公開時に見逃して年末のアップリンクでの上映も逃した。正直、これ観たら何か自分の中の様々な諸問題と直面しなきゃいけなくなる…

「マイ・インターン (2015)」デニーロのハンカチ論とアンハサの作り笑顔。夫婦問題が勝手に解決する点以外は超面白かった

原題:The Intern 監督:ナンシー・マイヤーズ 制作国:アメリカ 上映時間:121分 「どうせ女子が見る様な映画だろ」と思って興味なかったが、異常に評判良いので一応観とくか‥と観たが、めちゃくちゃ面白かった。ファッションサイトを営む自分が立ち上げた…

「マギー(2015)」シュワのゾンビ映画かと思ってたら退屈な難病ものだったので夢の中でもシュワに会えた

原題:Maggie 監督:ヘンリー・ホブソン シュワ氏がゾンビ映画に出た。しかもひっそりとね。復帰後のシュワ氏主演で面白かったのはラストスタンドかな。だがヒットしなかったあとはエクスペンダブルズに出してもらってるのも嬉しいが苦戦中というイメージが…

「オデッセイ(2015)」リドリー・スコット/お土産はないが死ぬほど面白い映画!リドリー・スコット女性キャラの機能美的なエロさ

原題:The Martian 週末、ずっと楽しみにしていたこれを観て来たが面白かった。主人公の宇宙飛行士マーク・ワトニー(マット・デイモン)は有人探査計画アレス3の仲間と共に火星を探査中、火星の大砂嵐に襲われる。一同は火星からの脱出を試みるがマークは砂…

「クリムゾン・ピーク(2015)」 何が悪いというわけでもなかったんだけど乗れなかったです。。

原題:Crimson Peak 監督:ギレルモ・デル・トロ 主演女優のミア・ワシコウスカは過去、クリスティーナ・リッチ、裕木奈江、スカヨハ、麻生久美子、ズーイー・デシャネル、ペ・ドゥナ、エレン・ペイジ‥など、昔は不思議ちゃん女優が好きだった俺の心に僅かに…

「毛皮のヴィーナス(2013)」 ロマン・ポランスキー/自分も勝手な男なのか、ボロクソに説教されて裸で放り出された気分になった

原題:LA VENUS A LA FOURRURE 監督: ロマン・ポランスキー 製作:フランス 年末に観た。「毛皮を着たヴィーナス」を脚色した演出家がオーディションでロクな女優が見つからずイライラしてるところに、ワンダという粗野な女が遅れてやってきて無理にオーデ…

「ゼロの未来(2013)」 テリー・ギリアム/主人公が自分にしか見えなくてヤバさを感じた

原題:The Zero Theorem イギリス+ルーマニア+フランス+アメリカ 映画 テリー・ギリアムといえば中学生の時に観た「バロン」に衝撃を受けて「ホーリー・グレイル」「バンデッドQ」「未来世紀ブラジル」など観て中高生の頃はまっていた中高生の頃、ディックと…

「クリード チャンプを継ぐ男(2015)」フォースの覚醒と似た真っ直ぐな世代交代と”クリードの血”発動

原題:Creed 監督:ライアン・クーグラー 製作国:アメリカ 上映時間:133分 大晦日にピッタリなので観て来た。「ロッキー・ザ・ファイナル」は綺麗に終わってたけど世代交代だけは確かにしてなかったな~と観てて思った。本作を合わせてパズルのピースが揃…

「マジック・イン・ムーンライト(2014)」ウディ・アレン/せっかくのエマ・ストーン主演ウディ・アレンだったが‥

原題: Magic in the Moonlight アメリカ+イギリス映画 主人公はコリン・ファース演じる毒舌家マジシャン、スタンリー。皮肉屋+手品師というウディ・アレン分身キャラ。何故か叔母さんの事が大好きある大富豪の一家を虜にしてる霊能力者ソフィ(エマ・ストー…

「シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014)」 今さら観て面白かった。主人公が明らかにキレすぎた場面の魅力

原題:CHEF 監督:ジョン・ファヴロー 製作国:アメリカ 上映時間:115分 ジャン・ファヴロー演じるシェフが、オーナー(ダスティ・ホフマン)やグルメブロガーとの諍いやTwitterが元でクビになり、元助手だったレグイザモや元妻や息子など色々な人との助け…

「ホーリー・マウンテン(1973)」アレハンドロ・ホドロフスキー/そんなに色々捨てんでも‥と思ってたら爽快なラスト

原題:The Holy Mountainホドロフスキーの映画を全く観てないので(理由はない)観たら面白かった。何が面白いかというと次にどうなるのか何を見せてくれるのか想像つかないから面白かった冒頭の帽子の男と全裸の二人の女のくだりを見て「あっここは昔、青山…

「ジゴロ・イン・ニューヨーク(2013)」 何にも依存しないSEX大好きなソフィア・ベルガラ演じるキャラのカッコ良さだけはガチ

原題:Fading Gigolo 監督主演:ジョン・タトゥーロ 珍しく他人(監督主演のジョン・タトゥーロ)の映画に出たウディ・アレンは脚本にも色々アドバイスしたせいか、ウディ・アレンの映画っぽかった。彼の映画と言われて見せられても信じそう 主人公はフォオ…

「インサイド・ヘッド(2015)吹き替え版」 自分にしては数少ない泣いた映画。これはアカン!

原題:Inside Out 監督:ピーター・ドクター 製作国:アメリカ 上映時間:94分 PIXERの映画はトイストーリー3辺りからあまり観てない。別に嫌いになったわけではないが続編ばかりになったから(PIXERの続編にはあまり魅力を感じない)あと昔ほどパッとしない…

「サンバ(2014)」 ”最強のふたり”の監督&主演黒人タッグ+シャルロットによる新作。ラスト5分前くらいまでは良かったのだが‥

原題:SAMBA ※フランス映画 ただ単に、シャルロット・ゲンズブールが出てるやんと思って借りたら、監督は日本でもヒットしたあの面白い「最強のふたり」のコンビ監督オリヴィエ・ナカシュ&エリック・トレダノ。主演の黒人も「最強のふたり」のアイツ‥最強黒…

「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌(2013)」利己的で要領悪く無駄なプライドで永遠に失敗し続ける主人公が、自分の中の嫌な部分を想起させられて嫌だった

原題:Inside Llewyn Davis 監督:コーエン兄弟 1961年NYが舞台で売れないフォーク歌手ルーウィン・デイヴィスが主人公。モデルになった人物や元ネタがあるらしいが殆ど関係ないのは明白なのでどうでもいい。彼のついてない一週間の話。 ついてないというよ…

「ノア 約束の舟(2014)」 妊娠した娘に『孫なんか要らんし女が産まれたらブチ殺す!』とか言う胸糞の悪い主人公ノアだけはガチ

原題:NOAH 監督:ダーレン・アロノフスキー 旧約聖書の話は興味ないわと長年敬遠しがちだったが、今年リドリー・スコットだから観た「エクソダス 神と王」が面白かったので、ついでに本作も観た。ダーレン・アロノフスキー映画は自分の中で、どれも面白いが…

「マップ・トゥ・ザ・スターズ(2014)」デヴィッド・クローネンバーグ/わかりやすいクズ共が全員わかりやすく再起不能な形で破滅していくのが最高

原題:Maps to the Stars ハリウッドのセレブ一家、ワイス家。長男13歳は超売れっ子の慢心しきった子役スター。父はハリウッドの有名人に適当な事言って儲ける有名セラピスト(ジョン・キューザック)。母は息子のマネージメントをしてるが保身と息子への寄…

「ジャッジ 裁かれる判事(2014)」 トニー・スタークがキルゴア大佐を弁護

原題:The Judge 監督:デヴィッド・ドブキン 全然知らんかったがiTunesの100円特集にあったので借りた。監督はあまり知らないコメディ系の監督。父親と絶縁状態のやり手弁護士(ダウニーJr)。高額なギャラを貰えれば依頼人が悪人でも弁護する。妻とは冷え…

「ニンフォマニアック Vol.2(2013)」監督:ラース・フォン・トリアー/フィボナッチ数列SEXで異性との因果が断ち切られる!

原題:Nymphomaniac: VOLUME.II ※デンマーク映画 ●前回までのあらすじ。&プロローグgock221b.hatenablog.com性欲と好奇心に突き動かされ不特定多数の男とSEXしまくってきたジョーだったが、ついに唯一愛した男ジェロームと結ばれたが、突然不感症になる。。…

「ニンフォマニアック Vol.1(2013)」監督:ラース・フォン・トリアー/フィボナッチ数列SEXで異性との因果が高まる!

原題:Nymphomaniac: VOLUME.I ※デンマーク映画 ●トリアー映画ラース・フォン・トリアー映画は、20代の時は鬱っぽくて説教臭い印象で、あまり好きじゃなかった。だが「アンチクライスト(2009)」に僕の好きなシャルロット・ゲンズブールが主演して観たら面…

「Dearダニー 君へのうた(2015)」 たとえるなら海外ドラマなどで「あるサブキャラが旅に出て一話分出てこなかった。彼はその間、何をしていたのか?」をスピンオフ映画化したかのような薄味

原題: Danny Collins 何の興味もなかったが、何でもいいから映画観たい‥というか映画館に入りたい気持ちだったので出先で観た。カーズとかラプンツェルの脚本書いた人の初監督作で本当の出来事を元にした話。 ●あらすじ70年代に活躍してて今は新曲全く作っ…

「フォックスキャッチャー(2014)」ベネット・ミラー/三人の男が肉体をぶつけあったり嫉妬しあう

原題: Foxcatcher ベネット・ミラーは三作目で、一作目の「カポーティ」は面白かった。そして2作目の「マネーボール」が個人的に物凄く面白くて感動した、異常に好き。そして三作目。またも実在の人物。この監督は、重厚な映像や描写で実在の孤独な変わり者…

「ザ・イースト(2013)」 おとぎ話のように善と悪しかいなければ話は単純なのに。。と思わされるエコテロリズム映画

原題:The East監督はWiki見たところザル・バトマングリというゲイのイラン系フランス人らしい。サンダンス系の映画を二本撮っている。 民間警備会社で働いている元FBIの女性捜査官ジェーンが、身分を偽って環境保護団体「ザ・イースト」に侵入捜査するとい…

「ナイトクローラー(2014)」ダン・ギルロイ/サイコパス無双映画の新しい傑作

原題:Nightcrawler 監督:ダン・ギルロイ 製作国:アメリカ 上映時間:118分 この、ポスターの真顔が凄すぎるジェイク・ギレンホール主演映画が気になってたので観た。 「落下の王国」や「ボーンレガシー」などの脚本、観て爆笑した珍作「リアル・スティー…

「ブルージャスミン(2013)」ウディ・アレン/虚空に話しかけるジャスミン。読者に話しかけるデッドプール。宇宙的真理を知る狂人。幽霊

原題:Blue Jasmine 監督:ウディ・アレン 製作国:アメリカ 上映時間:98分 実のところウディ・アレンは、旧作あまり観てなくて2000年以降の新作しか観てない。そんな にわか状態で言っても説得力ないが、超多作なのに観てつまらなかった事はないというイー…